LIFE

人生の方向性は決めなくてOK【不満解決に全力になろう】

人生の方向性は決めなくてOK【不満解決に全力になろう】

こんにちは、シゲです。

・今まで生きてきたけど、人生の方向性が間違っていた気がする。
・将来のためにも、人生の方向性をしっかりしておきたい。

という悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:人生の方向性は決めなくてOK【理由を解説】
2:「人生の方向性を違っていた」と後悔した時の対処方法

本記事を読めば、人生の方向性を決めなくていい理由がわかり、後悔を辞められます。

なぜなら、11年同じ会社に勤め続け、人生の方向性が違っていたと後悔した経験がある私が、本記事で紹介する考え方に変えてから、後悔を辞められたからです。

上記背景を持つ私がノウハウを共有しますね。

1:人生の方向性は決めなくてOK【理由を解説】

1:人生の方向性は決めなくてOK【理由を解説】

表題通りですが、人生の方向性は決めなくてもOKです。

理由は、下記3つ。

・10年以上先の未来は、誰にもわからない

・方向性を決めても、必ず外れる

・1度の決断で方向性が決まったら、人生つまらない

10年以上先の未来は、誰にもわからない

技術の進歩や新しいサービスなど時代の変化が必ずあるからです。

例えば、30年前に下記商品やサービスがここまで流行ると予想できて人はいないはずです。

・ウーバーイーツ(運送サービス)

・スマートフォン

・オンライン飲み会

他にもありますが、この辺にしておきます。

このように、10年以上先の未来は、誰にもわかりません。

10年以上先の人生を決めろと言われても、無理があるので、人生の方向性を無理に決めなくて大丈夫です。

方向性を決めても、必ず外れる

1度の決断で、人生の方向性が決められる人はほぼいないからです。

例えば、小学生の時に決めた夢を叶えている人の方が多いと思いますか?

ほぼ、叶えられていないはずです。

また、夢を叶えた人でも100%自分の思った通りになることはありえません。

あのイチローさんでも、最低50歳までは現役と公言していましたが、実際は45歳で引退しています。

人生の方向性を決めても、必ず外れます。

人生の方向性を決めることにこだわっても、損をするので、人生の方向性は決めなくて大丈夫ですよ。

1度の決断で方向性が決まったら、人生つまらない

仮に、1度の決断で方向性が決まったら、人生つまらなくないですか?

例えば、大企業に勤めて安定した生活をすると決断し、実際に大企業勤めたとしても、坦々と言われた仕事を処理する毎日が続きます。

正直、つまらないですよね。

また、スポーツ選手でも、コーチや監督に転身する人も多いです。

ほとんどの人は、試行錯誤しながら、人生の方向性を変えて生きていますよ。

1度の決断で人生の方向性を決まっても、つまらない人生になるため、無理やり方向性を決めなくてOKです。

人生の方向性は決まらなくても問題なし

ここまで解説してきた通り、人生の方向性が決まらなくても問題ありません。

10年以上先の未来を予測して、的中させられる人はいないし、方向性を決めても必ず外れます。

また、1度の決断で方向性が決まったら、人生つまらないですよね。

人生の方向性を決める必要はないため、無理やり決めようとするのは辞めましょう。

とはいえ「今までの人生の方向性が違っていた…」と後悔している方もいるはず。

そこで、「人生の方向性を違っていた」と後悔した時の対処方法を紹介します。

後悔して落ち込んでいる方は、是非試してみて下さい。

2:「人生の方向性を違っていた」と後悔した時の対処方法

2:「人生の方向性を違っていた」と後悔した時の対処方法

対処方法は1つだけで、現状維持を辞めることです。

なぜなら「人生の方向性を違っていた」と後悔するのは、現状維持を続けて不満を解決できない状況が続いたから。

私の場合だと、下記不満を持ったまま、11年同じ会社に勤め続けてしまい、後悔しました。

・労働環境が悪い

・仕事内容と比べ、給料が低い

・新しいスキル、知識が身に付かない など

実際に退職した後、「11年無駄にした…」と後悔しましたね。

しかし、本業の仕事量を減らしたり、副業をせずに現状維持を続けた私の責任ですよね。

このように、人生の方向性を間違えて後悔するのは、現状維持を続けたからです。

後悔をしない人生をおくりたいなら、現状維持を辞めましょう。

後悔しても、過去は変えられない

見出し通りですが、今までの生き方を後悔しても、過去のことなので、変えることができないからです。

私は、今までの人生の中で、下記を後悔しています。

・中学生の時いじめられていた

・11年同じ会社に勤め続けた

・20代を、仕事に費やしてしまった

しかし、全部過去のことのため、変えることはできません。

人生の方向性が間違っていたのが、事実だとしても、過去の出来事のため変えることはできませんよね。

後悔しても、人生を豊かにすることはできませんよ。

人生を豊かにするためにも、現状維持を辞めましょう。

現状の不満を解消するために行動しよう

現状の不満を解消していけば、後から人生の方向性が間違っていたと後悔することがなくなるからです。

仮に、学生で友達ができないと不満があるなら、学生の内に友達を作り、学生生活を楽しめば、学校卒業後に後悔することはなくなりますよね。

もし、友達ができないまま卒業したら、学校生活そのものがつまらなかった過去になり、卒業後も後悔します。

人生の方向性を後悔しないためにも、現状の不満を解消することを最優先で実施してみて下さい。

大半の不満は、お金で解消する

お金は、人生の選択肢を広げられるからです。

例えば、個人で月30万円稼げているなら、下記を実施するハードルは低くなります。

・退職、転職

・余計な仕事を断る

・会社で嫌いな人と関わらない

しかし、収入源が本業しかないと生活費を稼ぐことが最優先になるため、上記は我慢するはず。

また、プライベートでも、欲しい物を購入したりなど遊ぶ回数が増やせますよね。

お金が全てではないですが、人生の選択肢を広げられるためお金は必要ですよ。

人生の選択肢を広げるためにも、個人で稼げるようになりましょう。

なお、今から個人で稼ぎ出すなら、クラウドソーシングが便利です。

クラウドソーシングとは、仕事を受注したい個人と仕事を依頼したい企業などをマッチングしてくれるサービス。

PCやスマホがあれば、仕事を処理できるので、場所・時間を問わず実施できます。

人生の選択肢を増やすためにも、利用してみて下さい。

クラウドワークス

※無料で利用可能
※会員登録者数100万人以上
※自宅ワーク可
※246種の仕事あり

3:人生の方向性より、現状の不満解決に全力になろう!!

本記事の内容をまとめます。

人生の方向性は決めなくてOKです。

理由は、下記3つ。

・10年以上先の未来は、誰にもわからない

・方向性を決めても、必ず外れる

・1度の決断で方向性が決まったら、人生つまらない

ほとんどの人が、人生の方向性を途中で変えて生きています。

将来のことは、誰にもわからないため、無理に方向性を決めようとするのは辞めましょう。

無理に方向性を決めても、必ず外れるため、自分のためになりませんよ。

なお、「人生の方向性を違っていた」と後悔するのは、現状維持を続けていたからです。

現状の不満を解消する行動を続けていれば、後から後悔することはなくなります。

後で後悔をしないためにも、現状の不満解決に全力で取り組んでみて下さい。

また、大半の不満はお金で解決できます。

人生の選択肢を増やすためにも、個人で稼ぐことに挑戦してみましょう。

クラウドワークス

※無料で利用可能
※会員登録者数100万人以上
※自宅ワーク可
※246種の仕事あり

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog