LIFE 一人暮らし

一人暮らしで貧乏になる原因とは?【解決方法も紹介】

一人暮らしで貧乏になる原因とは【解決方法も紹介】

こんにちは、シゲです。

・一人暮らしを始めてから貧乏になってしまった…
・生活するだけでギリギリで気持ちに余裕が持てない。
・一人暮らしの貧乏を解消する方法を知りたい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

  • 1:一人暮らしで貧乏になる原因とは?
  • 2:一人暮らしで貧乏を解消する方法

本記事を読み実施すれば、一人暮らしの貧乏生活を辞めることができます。

なぜなら、一人暮らしを初めた当初、貧乏になっていた私が、本記事で紹介する方法を使い、貧乏生活から抜け出せたからです。

上記背景を持つ私が、ノウハウを共有しますね。

1:一人暮らしで貧乏になる原因とは?

一人暮らしで貧乏になる原因とは?

まずは、一人暮らしで貧乏になる原因から解説します。

原因は、下記2つ。

  • 収入に対して固定費が高すぎる
  • そもそも収入が低い

では、詳しく解説していきますね。

収入に対して固定費が高すぎる

自分の収入に対して固定費の比率が3割以上になってしまうと、負担が大きくなり、残りの7割以下で”貯金・遊び代・食費など”を補う必要があるからです。

例えば、収入が月15万円だとして、固定費の割合が3割以上と3割以下で比較してみましょう。

内訳は下記。

  • 固定費 =家賃、光熱費、保険料
  • その他 =携帯代、食費、交通費、遊び代、貯金
割合(固定費:その他)金額
7:3固定費:105,000円
その他:45,000円
5:5固定費:75,000円
その他:75,000円
2:8固定費:30,000円
その他:120,000円

割合が7:3(固定費:その他)なら、45,000円で”携帯代、食費、交通費、遊び代、貯金”をやりくりしないといけません。

正直、かなり辛いですね。

たぶん、貯金や遊び代に使うことができず、ストレスや不安に感じるはず。

固定費が3割以上になると、気持ちに余裕がなくなり、貧乏に感じてしまいます。

そもそも収入が低い

固定費を3割以下にしたとしても、そもそも収入が低いと給料の3割以内に固定費を抑えるのが難しいからです。

例えば、収入が月20万円の場合の3割は、6万円です。

都内だと、家賃だけで6万円以上にはなりますよね。

他にも固定費はあり、光熱費や保険料などを払わらないといけません。

正直、生活費がかなり厳しいですよね。

私も過去に収入が少ない状態で、一人暮らしをした経験があります。

当時は、ほぼ赤字で親から米や野菜などを仕送りして貰って何とか生活をしていました。

しかし、気持ち的に「自立するために、一人暮らしを始めたのに、結局親に頼ってしまってる…」「友達は美味しい食べ物とか食べているのに、自分は貧乏飯しか食べられていない」など、かなり気持ちが萎えていましたね。

結果的に、一度実家に戻って気持ちを安定させて、一時時に貧乏を回避しました。

一人暮らしは思っている以上に、出費が増えます。

収入が低いと感じるなら、私のように一度一人暮らしを辞めるのもあり。

2:一人暮らしで貧乏を解消する方法

一人暮らしで貧乏を解消する方法

ここからは、一人暮らしの貧乏を解消する方法を紹介します。

具体的には、下記4つの方法ですね。

  • 固定費を安くする
  • 副業を始める
  • 実家に戻る
  • 節約する

では、詳しく解説していきますね。

固定費を安くする

正直、貧乏になっている原因の7割は、固定費が高いからです。

固定費を下げることで、一人暮らしの貧乏生活から抜け出せますよ。

手っ取り早く、固定費を下げる方法は、家賃を下げることです。

私が初めて一人暮らしで借りた部屋の家賃は、月7万円でした。

給料が20万円以下の私には、かなり辛い出費でしたね。

結果的に、一度実家に戻り、気持ちとお金に余裕ができた後、もう一度一人暮らしに挑戦しました。

2回目の借りた部屋の家賃は、月5万円で、遊び代や貯金に回すこともできるようになり、日々の生活がかなり楽しく、「一人暮らしってこんなに楽しいんだ」と感じた事を覚えています。

このように、一人暮らしの貧乏生活から抜け出したいなら、家賃(固定費)を下げましょう。

なお、具体的な方法を知りたいという方は、下記記事を参考にしてみて下さい。

下記記事で紹介している方法を使い、私は年間50万円以上貯金できました。

一人暮らしの生活費はいくらにするべきか【結論:人により違います】

LIFE 一人暮らし

一人暮らしの生活費はいくら掛かる?【生活費の決め方も紹介】

2019/6/10  

こんにちは、シゲです。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は、下記です。 1:一人暮らしの生活費はいくら掛かる?【結論:約15万円】2:生活費の決め方 本記事を読めば、どのくらいの生活費 ...

一人暮らしの貧乏を解決するためにも、固定費を下げましょう。

副業を始める

収入が増えれば、使えるお金が増えるからです。

もちろん、本業で昇進を狙っても問題ありません。

しかし、本業の昇進は、上司が独断と偏見で決めるため、いつ収入が上げられるかわからないですよね。

他人任せだと、いつまでも貧乏で苦しい生活から抜け出せません。

とはいえ、副業は難しく感じるかもです。

しかし、実際はそうでもないですよ。

確かに一気に何十万と稼ぐのは難しいですが、月2万円とかなら頑張れば誰でも稼げます。

月2万円でも、遊び代の代わりになるため、十分じゃないですか?

主婦なども利用しているクラウドソーシングを使えば、自宅でも稼げますよ。

※クラウドソーシングとは、仕事を受注したい個人と仕事を依頼したい企業などをマッチングしてくれるサービス。

仕事自体も1ヵ月続ければ、慣れます。

仮に、仕事が合わないと感じたら、本業とは違いすぐに辞めれれるため、問題ありません。

リスクはないため、試してみて下さい。

実家に戻る

実家に戻ることで、家賃などを出費を増やさなくて済むからです。

正直、一人暮らしで得られる下記知識やスキルは、1度経験すれば身に付きます。

  • 金銭管理能力
  • 家事

上記2つは、一度覚えたら忘れることはないため、一人暮らしを辞めて実家に戻っても問題ありません。

また、実家に戻った方が、出費を抑えられるため、自分のために使う費用を増やせますよ。

親に毎月3万円ほど渡しておけば、食費+光熱費くらいは足りるはず。

私は一人暮らし歴7年以上ですが、一人暮らしを始めて1年以内で覚えたことしか使っていません。

私は、一人でいることが好きなので、一人暮らしを続けていますが、家賃など無断な出費は多いとは感じていますね。

実家に戻った方が、自分で使える費用を増やせるため、実家に戻るのもありです。

貧乏生活が辛ないなら、実家に戻る選択肢も考えてみて下さい。

節約する

節約をすることで、出費を抑えられるからです。

具体的な方法は、下記記事で紹介しています。

一人暮らしで節約するには?【具体的な方法も紹介】

LIFE 一人暮らし

一人暮らしで節約する方法【誰でも簡単にできます】

2019/6/6  

こんにちは、シゲです。 というお悩みにお答えしていきます。本記事の内容は、下記です。 1:一人暮らしで節約する方法 本記事を読み実施すれば、一人暮らしで節約ができるようになります。 なぜなら、一人暮ら ...

ということで、以上になります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-LIFE, 一人暮らし