LIFE 一人暮らし

一人暮らしの生活費はいくら掛かる?【生活費の決め方も紹介】

一人暮らしの生活費はいくらにするべきか【結論:人により違います】

こんにちは、シゲです。

・一人暮らしを始める予定だが、生活費がいくら必要なのかな?
・また、貧乏にならないために、生活費の目安を知りたい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

目次

  1. 一人暮らしの生活費はいくら掛かる?【結論:約15万円】
  2. 生活費の決め方

本記事を読めば、どのくらいの生活費に設定すればいいか分かります。

一人暮らし歴7年以上の私が、本記事で紹介している方法を使い、年間50万円ほど貯金できているため、信憑性は高いはず。

3分ほどで全部読めるので、一人暮らしで貧乏生活をしないためにも、読んでみて下さい。

1:一人暮らしの生活費はいくら掛かる?【結論:約15万円】

結論から言うと、約15万円ほどは掛かります。

内訳は下記です。

・家賃  =50,000円

・食費  =45,000円

・光熱費 =10,000円

・ネット =10,000円

・趣味、娯楽 =30,000円

・その他(日用品など) =5,000円

かなり大雑把に書きましたが、こんな感じです。

正直、家賃は住んでいる地域などにより異なるし、趣味・娯楽などは人により出費が異なるため、3万円ほどは前後する可能性があると思って下さい。

正直、結構大きな出費ですよね。

また、「どうすれば、自分にあった生活費を決められるの?」と疑問に感じる方もいるはず。

そこで、読者に合った生活費の決め方を紹介します。

誰でも使える方法なので、是非試してみて下さい。

私も実際に使っています。

2:生活費の決め方

生活費の決め方

具合的な方法は、収入を下記割合に設定することです。

・家賃/光熱費/保険料等 =30%

・食費/交通費等 =30%

・遊び代/自己投資等 =20%

・貯金 =20%

初めて一人暮らしをするという方は、上記割合に合わせて生活費を決めれば、貧乏にならなくて済みますよ。

また、上記は基本系なので慣れてきたら、あなたなりの割合に変えてもOKです。

ちなみに、私はこの方法で、年間50万貯金できましたし、友人とも月2~3回ほど、遊ぶことができています。

では、各項目ごとに詳しく解説していきますね。

家賃/光熱費/保険料等 =30%

家賃/光熱費/保険料等は、収入の30%以内に抑えましょう。

なぜなら、家賃は固定されているため、必ず出費するからです。

後から家賃を抑えたくても、引っ越しするしかなくなりますよね。

例えば、月収20万で、家賃が収入の30%の人と40%の人を比べてみます。

・収入の30%の人 =60,000円
・収入の40%の人 =80,000円

毎月2万円の差がありますよね。

年間に換算してみると、24万円の差が生まれます。

24万円あれば、海外旅行もできてしまう額ですよ。

このように、最初の家賃設定をミスをしてしまうと、後から痛い目に遭います。

光熱費なども考えたら、家賃は収入の20~25%で考えるといいでしょう。

家賃/光熱費/保険料等は、収入の30%以内に設定してみて下さい。

食費/交通費等 =30%

食費は、生きていくには必ず必要だからです。

自炊がめんどくさく感じ、外食ばかりだと出費が高くなりますよ。

例えば、1回の外食で掛かる額の平均が1,000円だとしたら、下記費用が掛かります。

・1日  =3,000円

・1週間 =21,000円

・1ヵ月 =84,000円

正直、かなり高いですよね。

飲み会なども含めたら、もっと出費が増えますよ。

このように、外食に頼り切るのは、難しいのが現状です。

生きるために食費は必ず掛かるため、食費/交通費等を収入の30%以内に抑えてみて下さい。

食費を抑える方法などを知りたい方は、下記記事をどうぞ。

一人暮らしの食費は、どれくらいにすべきか

LIFE 一人暮らし

一人暮らしの食費の目安は?【結論:収入の20%以内】

2019/5/30  

こんにちは、シゲです。 ・一人暮らしを始める予定だけど、食費はいくらに設定するのがベストなのかな? ・あと、食費を減らす方法があれば、教えて欲しい。 というお悩みにお答えします。 本記事の内容は下記で ...

遊び代/自己投資等 =20%

遊び代を確保しないと、せっかくの一人暮らしを楽しめなくなるからです。

友人と遊んだり、買い物することは、ストレス発散などにも必要ですよね。

また、自己成長のため、本やセミナーなどに使う費用も必要です。

私は、毎月本を1冊以上購入し、読むんでインプットするようにしています。

本1冊で2,000円以内に抑えることができるため、そこまで出費は大きくありません。

ただし、使いすぎると貧乏な生活になり、辛いため、収入の2割以内に抑えましょう。

貯金 =20%

将来、今の20~30代は、年金を貰えるかわからないし、70歳以上まで働くのが普通になるからです。

そう考えると、将来のために、貯金は必要不可欠ですよね。

貯金は、少額でも毎月の積み重ねが大切です。

例えば、毎月2万円だけでも、貯金したとします。

年間24万円です。これを10年続ければ、240万になります。

あなたも、将来のため、貯金を始めて下さい。

将来の不安を減らすためにも、貯金を収入の20%以内に抑えて実施しましょう。

3:【まとめ】自分に合った生活費を設定しよう!!

本記事の内容をまとめます。

一人暮らしの生活費は約15万円ほどになります。

ただし、住んでいる地域などの違いにより前後3万円ほどはブレます。

また、自分に合った生活費の決め方は、下記割合に設定することです。

・家賃/光熱費/保険料等 =30%

・食費/交通費等 =30%

・遊び代/自己投資等 =20%

・貯金 =20%

貧乏生活になり、苦しまないためにも、上記割合に生活費を分けましょう。

なお、節約して生活費を抑えたいという方、下記記事を参考にしてみて下さい。

一人暮らしで節約するには?【具体的な方法も紹介】

LIFE 一人暮らし

一人暮らしで節約する方法【誰でも簡単にできます】

2019/6/6  

こんにちは、シゲです。 ・出費が多いため、貯金や遊び代が足りない… ・一人暮らしの節約方法を教えて欲しい。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は、下記です。 目次 一人暮らしで節約する方 ...

一人暮らしにインターネットは必要か?【必要あり】

LIFE 一人暮らし

一人暮らしにインターネットは必要か?【必要あり】

2020/8/12  

こんにちは、シゲです。 ・一人暮らしを始める予定で、インターネットが必要あるか知りたい。 ・必要があるなら、安くて安定した回線が繋がる方法を教えて欲しいな~ というお悩みにお答えしていきます。 本記事 ...

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE, 一人暮らし

© 2021 shigeblog