LIFE

自分を隠すと損をします【隠す必要はありません】

自分を隠すと損をします【隠す必要はありません】

こんにちは、シゲです。

・他人にバカにされるのが怖くて、自分を隠してしまう…
・自分を隠すことは、悪いことなのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:自分を隠すと損をします【理由を解説】
2:他人を気にして自分を隠す必要がない理由

本記事を読めば、自分を隠すことが自分のためになっていないことがわかります。

20代まで自分を隠して損をしてきた私がノウハウを共有しますね。

1:自分を隠すと損をします【理由を解説】

1:自分を隠すと損をします【理由を解説】

自分を隠すと損をする理由は、下記3つです。

・他人から信用されなくなる

・自分のやりたいことができず、ストレスになる

・生きる理由がわからなくなる

他人から信用されなくなる

自分のことを何も話さない人は、信用できないからです。

例えば、下記2名の内どちらを信用したくなりますか?

・気さくに話しかけてくれて、嫌なことは嫌と言える人

・自分の事は全く話さないし、全て肯定する人

圧倒的に前者ですよね。

他人に嫌われたくないために、自分を隠したのに、他人から信用されないなんて本末転倒ですよ。

自分を隠しても、他人から信用されなくなるため、確実に損をします。

自分のやりたいことができず、ストレスになる

自分を隠すと、他人に本音が言えないため、他人に合わせて行動することになるからです。

会社で例えるなら、自分の意見が言えず、上司や同僚が決めたことに肯定して従い続けるとかです。

しかし、本音を偽り続けるのは、精神的ダメージが多く、ストレスになりますよね。

このように、自分を隠すと自分のやりたい事ができず、ストレスになります。

自分を隠しても、自分自身を追い込んでしまうため、損ですよ。

生きる意味がわからなくなる

全てを他人に合わせているため、「他人のために生きているんじゃないか」と思ってしまうからです。

【例】
・会社 =上司や同僚に100%従う

・自宅 =パートナーに100%従う

正直、上記生活を毎日しても楽しくないはず。

自分を隠すと、他人のために生きている気がして、自分自身が嫌いになりますよ。

生涯一番寄り添う自分自身を大切にしないとか、もったいですよね。

自分を隠すと生きる意味がわからなくなるため、損をします。

自分を隠すと確実に損

ここまで解説してきた通り、自分を隠しても、確実に損をします。

他人にバカにされるのは、誰でも嫌ですよね。

しかし、自分を隠して自分が損をする方がもっと嫌じゃないですか?

私は、自分を隠して自分が損をする方が嫌なので、自分を隠すのを辞めました。

それに、他人を気にして自分を隠す必要はないですよ。

上記を詳しく解説していきますね。

2:他人を気にして自分を隠す必要がない理由

2:他人を気にして自分を隠す必要がない理由

他人を気にして自分を隠す必要がない理由は、下記3つです。

・全ての人に好かれることは無理

・ダメなところがあるから、好かれる

・大半な人は、他人に興味がない

全ての人に好かれることは無理

人それぞれ、違った価値観を持っているからです。

例えば、貧乏で生まれた人とお金持ちで生まれた人だと育ちが違うため、金銭感覚に大きなずれがありますよね。

一緒に買い物に行ったり、食事をするだけでも、全く価値観が合わず、お互いに気を使って疲れてしまいます。

そして、徐々に距離を開け関わらなくなるはず。

このように、全ての人に好かれるのは不可能です。

自分を嫌う人も必ずいると認識しておけば、自分を隠す必要性もなくなりますよ。

全ての人に好かれることは無理なので、自分を隠すのを辞めましょう。

ダメなところがあるから、好かれる

ダメなところがあるからこそ、人間味を感じられるからです。

学生の体育で例えると、下記2人どっちの方が親しみやすいですか?

・運動神経は悪いが、一生懸命運動する人

・体育の授業を見学する人

明らかに、前者ですよね。

ダメなところがあり人間味を感じるから、他人から信用されます。

他人から嫌われたくないと考え、自分を隠しても、実は隠した方が信用されなくなり、本末転倒ですよ。

ダメなところを見せた方が他人から信用されるため、自分を隠す必要はありません。

大半な人は、他人に興味がない

自分が関わらない人には、基本的に無関心になるからです。

例えば、下記の人達は一瞬不快に感じますが、2日後には忘れているはずです。

・成人式で騒ぎ出す若者

・駅で奇声を上げる人

・駅で喧嘩をするカップル

このように、大半の人は他人に興味がないし、興味を持っても関りがなくれば、すぐに忘れます。

自分の本心をバカにされてとしても、バカにした人はほぼ覚えていません。

他人からバカにされても一時的なものなので、気にせず本心からやりたいことをやりましょう。

自分と合わない人とは、距離を開ければOK

性格上、価値観が合わない人と一緒にいても、お互いのためにならないからです。

私は、高校の部活動で副部長を務めていましたが、部長とは考えが合わず、お互いイライラしていました。

次第に私が本音を言うのをやめ、ストレスになっていましたね。

しかし、高校を卒業後に会わなくなり、当時の部長がムカつくという気持ちは薄れました。

また、関わらなくなってからも、普通に生活することはできています。

このように、生きていれば、必ず自分と価値観が合わない人がいます。

大半の人と関わならくても、生きていけるので問題なしですよ。

全ての人に好かれるのは不可能なので、割り切って自分と合わない人とは、距離を開けましょう。

自分の本心を出して、人生を楽しもう!!

ここまで解説してきた通り、他人を気にして自分を隠す必要はありません。

仮に他人からバカにされても、一瞬のできごとのため、数日経てば大半の人が忘れています。

それに、本心を言って人間味を出した方が、他人から信用されやすくなりますよ。

他人を気にしても、自分の人生を豊かになりません。

自分を隠すメリットはないため、自分の本心で生きていきましょう。

私は、自分の本心を出してから、気持ちが楽になり、人生が楽しくなりました。

3:自分を隠すのは辞めよう!!

本記事の内容をまとめます。

自分を隠すと損をする理由は、下記3つです。

・他人から信用されなくなる

・自分のやりたいことができず、ストレスになる

・生きる理由がわからなくなる

自分を隠すと、自分を追い込んでいることになり、確実に損をしますよ。

人生を楽しむためにも、自分を隠すことは不要です。

それに、他人を気にして自分を隠す必要はありませんよ。

理由は、下記3つ。

・全ての人に好かれることは無理

・ダメなところがあるから、好かれる

・大半な人は、他人に興味ない

そもそも価値観が同じ人はいないため、全ての人に好かれるのは無理です。

また、ダメなところがあるから、人現実を感じられ、他人から好かれますよ。

他人をバカにする人の大半は、バカにしたことすら忘れています。

他人を気にする必要はないため、自分を隠すのを辞め、本心で生きてみて下さい。

本心で生きると、気持ちが楽になり、日々の生活が楽しくなります。

本心で生活してみて下さい。

ということで以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE