LIFE

「我慢しすぎて辛い…」←我慢は必要なし【体験談あり】

「我慢しすぎて辛い…」←我慢は必要なし【体験談あり】

こんにちは、シゲです。

我慢を続けて辛く感じる…
我慢を続ければ、将来的に良いことがあるって本当かな?
我慢を辞めて辛さをなくしたい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記になります。

本記事内容

1:「我慢しすぎて辛い…」←我慢は必要なし【理由を解説】
2:他人の「我慢しなさい」は間違い!!
3:我慢を辞める方法

本記事を読み実践すれば、我慢することを辞め、辛い状況から抜け出すことができるようになります。

私は、11年我慢し続け同じ会社に勤めたが、辛さが解消できなかった経験があります。

しかし、我慢を辞めた結果、すぐに辛さがなくなりました。

上記背景を持つ私が、詳しく解説しますね。

1:「我慢しすぎて辛い…」←我慢は必要なし【理由を解説】

1:「我慢しすぎて辛い…」←我慢は必要なし【理由を解説】

まずは、我慢が必要ない理由について解説していきます。

理由は、下記3つです。

①我慢を続けても、不満はなくならない

②我慢は、妥協しているだけ

③我慢は、自分に掛かる負担が大きい

①我慢を続けても、不満はなくならない

見出し通りですが、我慢を続けても、根本原因が解決できなかったら、いつまでも不満はなくならず、辛い状況が続くからです。

例えば、仕事量が増えているけど、給料が上がらないという不満があるとします。

「いつか良い評価をしてもらえるはず」と考え、我慢をして働き続けても、上司が良い評価をしない限り、昇給できませんよね。

また、仕事を断らない限り、仕事量が減ることはありません。

このように、我慢を続けても、不満はなくならないし、辛い状況は続きます。

辛い状況が続いても、ストレスが溜まり自分が損をするので、我慢は辞めましょう。

②我慢は、妥協しているだけ

我慢は、挑戦する前から諦めているからです。

【例】
・収入が上がらない
=本業で評価されるまで我慢 → 個人で稼ぐことに挑戦していない

・親に一人暮らしを反対される
=親が納得するまで我慢 → 自己判断で行動することに挑戦していない

このように、我慢とは、何かに言い訳を作って諦めて妥協しているだけです。

挑戦する前から諦めても、結果が出ないの当然ですよね。

我慢することを辞めて、挑戦しましょう。

③我慢は、自分にかかる負担が大きい

我慢すると下記不満が溜まり続け、ストレスになるからです。

・自分のやりたいことができない

・本心と違う言動をしないといけない

・「我慢しないといけない」と思い込む

例えば、上司に業務改善を提案しても、受け入れて貰えなかったら、下記不満がたまり続けます。

・業務改善をして、少しでも労働を楽したいけどできない

・効率が悪い方法で、仕事をしないといけない

・上司に従わないといけないと感じる

上記のような不満が溜まり続け、自分に負担がかかり、ストレスになります。

自分に負担がかからないためにも、我慢は辞めましょう。

【体験談】辛い状況のまま我慢し続け、11年同じ会社に勤めた結果

ここからは、私の体験談を少しだけ紹介します。

私は、下記不満を我慢し続け、11年同じ会社に勤めた経験があります。

・収入が上がらない(11年間で約2万円)

・仕事量が年々増える(入社3年目に比べて2倍以上)

・同僚のヘルプが多い(月に1回は必ずある)

他にもありますが、大きく分けるとこんな感じです。

11年間我慢を続けましたが、上記不満は解消できませんでした。

結局、ストレスが溜まり続け、耐えられなくなり退職を決断。

退職後、1ヵ月休養をとったら、ストレスが激減しました。

「こんな簡単に、ストレスがなくなるんだ。11年悩んで損した」と感じたことを覚えています。

このように、我慢を続けても、自分のためになりません。

我慢をしても、辛い状況が続くだけです。

我慢を辞めて、自分のために行動しましょう。

2:他人の「我慢しなさい」は間違い!!

2:他人の「我慢しなさい」は間違い!!

他人がエゴを押し付けている時に、使う言葉だからです。

私が11年勤めていた会社で、上司から「我慢しなさい」と言われた体験で例えます。

上司「○○の仕事が遅延しすぎているから、週に2回徹夜をしてくれ」

自分「急すぎないですか?」

上司「管理職が決定したことだから、従うしかない」

自分「…」

上記やりとりの後、結局私を含む数名は徹夜をしました。

しかし、上司や管理職は一切徹夜をしていませんでしたね。

たぶん、上司は「実作業はやりたくない」というエゴを、私達部下に押し付けた結果です。

このように、他人の「我慢しなさい」は、エゴを押し付けている時に、使う言葉です。

他人のエゴを叶えるために、自分が損をする必要がないため、他人の「我慢しなさい」を信じるのは辞めましょう。

3:我慢を辞める方法

3:我慢を辞める方法

とはいえ、「どうすれば、我慢を辞められるの?」と疑問に感じる人もいるはずです。

そこで、我慢を辞める方法を紹介します。

具体的な方法は、“他人よりも自分を優先する“ことのみです。

理由は、自分を優先すれば、自分のやりたいことを実施できるため、我慢を減らせるからです。

例えば、上司に残業を強要されたら、下記みたいに断るとかです。

上司「今日、残業をお願いする」

同僚A「2時間だけなら…」

同僚B「…わかりました」

自分「私は家族との時間を最優先にしているので、すみません」

このように、他人より自分を優先することで、自分のやりたいことを実施することができ、我慢を続けなくて済みます。

自分を優先して、我慢を辞め辛い現状から抜け出しましょう。

なお、「自分を優先すると嫌われるのでは?」と不安になる方もいるはずです。

確かに、我がままな奴と思われて嫌われる可能性もあります。

しかし、他人はいざという時に助けてくれません。

助けてくれない人に気を使っても、自分が損をするだけです。

それに、自分に余裕がない状態で、他人を助けてもお互いのためになりません。

例えば、生活費がギリギリの状況で、友達に「お金を貸して欲しい」と言われ、お金を貸しても、下記状況になりお互い損をします。

自分 →生活費が足りなくて、1ヵ月もやし生活

友達 →自分で稼ぐことを覚えられず、借金が増え続け、知り合いから嫌われる

このように、自分に余裕がない状態で他人を助けても、お互いのためになりません。

まずは、他人よりも自分を優先しましょう。

自分を優先して、余裕ができたら、他人の助けるのもありです。

ただし、将来の自己投資になるなら、我慢を続けるのもあり

将来自分のためになるなら、我慢し続ける価値があるからです。

例えば、上司から「プログラミングを覚えろ」と言われ、毎日2時間勉強を我慢して続けるとかです。

平日の仕事終わりに、給料も貰えないのに、勉強をするのは辛いですよね。

しかし、6ヵ月我慢して、プログラミングスキルが身に付けば、作業効率が劇的に上がり、作業時間を減らすことができます。

毎日余裕を持った会社生活を過ごせるようになるはずです。

このように、将来の自己投資になるなら、我慢を続けるのもありです。

4:まとめ 我慢を辞めて、自分のためになる行動を優先しよう!!

ここまで解説してきた通り、我慢をしても不満はなくならないし、辛い状況が続くだけです。

また、他人の「我慢しなさい」は、他人のための言葉で、自分のためにはなりません。

自分を優先して、我慢することを減らし、辛い状況から抜け出しましょう。

どうしても、自分より他人を優先してしまう…という方は、下記記事を参考にしてみて下さい。

自分軸を作る方法【結論:理想像・目標を作ることが重要】

LIFE

自分軸を作る方法【結論:理想像・目標を作ることが重要】

2019/11/18  

約30年ほど他人軸で生きてきた経験があるシゲです。 他人に合わせたり、振り回されることが多い。ふっと考えた時に、自分が何をしたいのかわからなくなる…そんな自分を変えたいから、自分軸を作りたい。 という ...

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog