LIFE

お礼を言わない人にイライラした時の対処方法【1つだけ】

お礼を言わない人にイライラした時の対処方法【1つだけ】

こんにちは、シゲです。

お礼を言わない人にイライラする。
ストレスにならないためには、どうすればいいの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容

1:お礼を言わない人にイライラした時の対処方法【結論:期待を辞める】
2:お礼を言わない人への期待を辞める方法

本記事を読み実施すれば、お礼を言わない人にイライラすることがなくなります。

なぜなら、お礼を言わない同僚と一緒に仕事をして、イライラしていた私が、本記事で紹介する方法を使い、イライラすることがなくなったからです。

上記背景を持つ私が、ノウハウを共有しますね。

1:お礼を言わない人にイライラした時の対処方法【結論:期待を辞める】

1:お礼を言わない人にイライラした時の対処方法【結論:期待を辞める】

表題通りですが、対処方法を1つだけで、お礼を言わない人に期待するのを辞めることです。

理由は下記3つ。

・イライラするのは、見返りが欲しいから

・見返りが欲しい=自己満足

・お礼をするか決めるのは、他人自身

イライラするのは、見返りが欲しいから

見返りが欲しくないなら、お礼がなくてもイライラしないからです。

例えば、災害のボランティア活動をするとして、現地の人からお礼が欲しいと思いますか?

大半の人は、お礼がなくてもいいと感じるはず。

(ボランティアなので当然かもですが…)

当然、イライラすることもなくなりますよね。

このように、お礼を言わない人にイライラするのは、見返りが欲しいからです。

見返りが欲しい=自己満足

見返りが欲しいという感情は、他人の意思は関係なく、自分だけの願望だからです。

仮に、会社で下記のような上司がいたら、うざくないですか?

① 行きたくもない職場の飲み会をセッティング

② 飲み会は強制参加

③ 「コミュニケーションを取る機会を作ったのだから感謝しろ」と発言

これは、上司が感謝されたいという願望を満たすための行為です。

自己満足のために、他人にお礼をさせようとしても、他人は本心からお礼をしたいと思わないですよね。

お礼をするか決めるのは、他人自身

本当に感謝しているかを決められるのは、他人だけだからです。

例えば、学生が両腕を骨折した状況で、骨折の原因を作った同級生がノートを取ってくれるとします。

骨折した学生は、お礼をするでしょうか?

・骨折させたのだから当然

・本当に反省しているし、ノートを取ってくれるのはありがたい

上記2つどちらの感情になるかは、骨折した学生次第で、お礼するかの対応が変わるはずです。

このように、本当に感謝しているかを決められるのは、他人だけです。

感謝していないのに、お礼を言う人の方が間違っていますよね。

また、「お礼をするのは当然」という常識を押し付けるのも、自己満足ですよ。

自己満足のために、お礼をさせようとするのは、間違った行為です。

お礼ができない人は大勢いる

実際に、お礼ができない人は大勢います。

なぜなら、30年以上生きてきた私が、実際にお礼ができない人を大勢みてきたからです。

私の体験してきた中で、お礼ができなかった人達は下記です。

・40代後半の元同僚のおじさん

・プライドが高い元上司

・わがままな異性の同級生

また、TVとかでも「この人絶対に、ありがとうを言えないだろうな」という芸能人や専門家などいますよね。

このように、世の中お礼ができない人は大勢います。

お礼ができない人を直そうとしても、きりがないため、将来的にお礼が言えるようになると期待するのは辞めましょう。

お礼を言わない人への期待を辞めよう!!

ここまで解説してきた通り、お礼を言わない人にイライラするのは、見返りが欲しいなどの自己満足が原因。

お礼を言わない人が悪いのではなく、悪いのは自分自身です。

「お礼を言えない人もいるんだな」と割り切り、お礼を言わない人に期待を辞めましょう。

とはいえ「どうすれば、期待を辞められるの?」と疑問に感じる方もいるはず。

そこで、お礼を言わない人への期待を辞める方法を紹介していきます。

2:お礼を言わない人への期待を辞める方法

2:お礼を言わない人への期待を辞める方法

お礼を言わない人への期待を辞める方法は、下記4つです。

・お礼が言えない時もあると割り切る

・お礼を言わない人と関わるのを辞める

・時間と労力が無駄と考える

・自分のことを優先する

お礼が言えない時もあると割り切る

完璧にお礼を言える人なんていないからです。

仮に、下記状況でお礼を言えるでしょうか?

・地震で命の危険が掛かっている状況

・徹夜を3日続いている状況

・親が緊急で病院に運ばれた状況

大半の人は、お礼を言えないはずです。

このように、状況によりお礼を言えないことはザラにあります。

私は「お礼が言えないのは、余裕がないからだ」と割り切り、お礼を期待するのは辞めました。

割り切ってからは、お礼が言えない人と関わっても、イライラすることが減りました。

お礼が言えない時もあると割り切ってみて下さい。

お礼を言わない人と関わるのを辞める

お礼を言わない人とは、自分と合わない人だからです。

自分に合わない人と付き合っても、イライラするだけですよね。

私は、11年勤めた会社で、お礼が言えない同僚と仕事をした時に下記を感じていました。

・同僚の進捗が遅いから、仕事を手伝ったのに…

・同僚は自分が楽をしたいだけなんだろうな

・上手く利用されたと感じて、イライラする

最終的には、近くにいるだけでも嫌気がしていましたね。

しかし、退職後一切会わなくなり、その同僚に対する怒りもなくなりました。

人なら、誰でも自分に合わない人がいるため、わざわざお礼を言わない人と仲良くする必要はないですよ。

お礼を言えない人は、自分と合わない人なんだと割り切り、徐々に関りをなくしましょう。

時間と労力が無駄と考える

お礼を言うかを決めるのは、他人自身だからです。

お礼を言う気がない人に、お礼をさせようとしても、お礼を絶対しないため、時間と労力が無駄になりますよね。

仮に、見返りを求めて、同僚の仕事を手伝っても、お礼を言われなかったら、下記が無駄になります。

・同僚の仕事を処理した時間

・プライベートの時間

・同僚との人間関係

それよりも、自分の仕事を先行で処理した後、定時退社をした方がストレスにならないですよね。

また、定時退社後に、副業を始めて収入を増やすこともできます。

全く昇給に関係ない、同僚のヘルプよりも、自分のためになりますね。

お礼を期待しても、時間と労力が無駄になると考え、期待するのを辞めましょう。

自分のことを優先する

他人からお礼を貰っても、一瞬の喜びにしかならないからです。

それよりも、自分のためになる行動をした方が、人生を豊かにできます。

例えば、先生からお礼が欲しくて授業の手伝いをしたら、下記状況になります。

① 先生から「ありがとう」の一言が欲しい

② 先生よりも、早く授業の準備を率先して実施する

③ 先生から「ありがとう」と言われる

④ 嬉しい

⑤ ①に戻る

上記繰り返しになり、終わりがなくなります。

それよりも、友達と関わる時間を増やし、人間関係の難しさを学んだ方が自分のためになりますよね。

お礼に期待するより、自分のためになる行動を優先しましょう。

3:まとめ お礼を言わない人に期待するのは辞めよう!!

本記事の内容をまとめます。

お礼を言わない人にイライラした時の対処方法は、シンプルに1つだけで、期待を辞めることです。

理由は、下記3つ。

・イライラするのは、見返りが欲しいから

・見返りが欲しい=自己満足

・お礼をするか決めるのは、他人自身

自己満足のために、お礼を求めるのは、間違った行為ですよね。

また、状況によりお礼が言えない人は大勢います。

お礼が言えない人を、変えようとしてもきりがないため、期待を辞めましょう。

具体的には、下記4つの方法で期待を辞められます。

・お礼が言えない時もあると割り切る

・お礼を言わない人と関わるのを辞める

・時間と労力が無駄と考える

・自分のことを優先する

1つでもいいので、試してみて下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE