LIFE

周囲から見下されてむかつくの時の対処方法【結論:無視して自分に注力する】

周囲から見下されてむかつくの時の対処方法【結論:無視して自分に注力する】

こんにちは、シゲです。

・周囲から見下されることが多い。

・正直、不快だしムカつく、どうすればいいの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記。

  • 1:周囲から見下されてむかつくの時の対処方法
  • 2:【悲報】見下す人は見下し続ける理由

正直、他人から見下されるのは良い気持ちではないですよね。

そこで、本記事では他人に見下された時の対処方法を詳しく解説していきます。

正直、完全に見下されなくなるのは無理ですが、自分で苦痛に感じないくらいの状況には持っていけるようになります。

今度こそ、見下されてイライラしたくないという方は、最後まで読んでみてください。

3分で読めます。

1:周囲から見下されてむかつくの時の対処方法

1:周囲から見下されてむかつくの時の対処方法

周囲から見下されてむかつく時の対処方法は、1つだけで“無視して自分のためになることに注力する”これだけです。

詳しい理由は下記。

  • 見下す人はいつまでも見下す
  • 対応しても他人に時間と労力を使い損
  • 実績を作れば見下されなくなる
  • 誰でも自分のために生きている

各々、詳しく解説していきますね。

見下す人はいつまでも見下す

見下す人は、見下すことで自身を守っているからです。

例えば、会社で人を見下す上司も、部下に舐められる上司は嫌だと思いが強いのが原因で、部下を見下し続けてしまいます。

残念ですが、どんな対応をしても、ずっと見下す人の本質は変わりません。

対応しても他人に時間と労力を使い損

仮に、見下す人に対抗しても、必ず言い争いになりますよね。

しかし、駅で知らない人同士は喧嘩を見て、「無駄なことやっているな~」と感じるはず。

見下す人に対応しても、他人に時間と労力を使っている状況になるので損ですよ。

無理に相手の都合に合わせる必要はありません。

実績を作れば見下されなくなる

また、見下す人と対応する時間と労力を自分のために使えば、何かしらの実績を作れることができます。

実績を作れば見下されることもなくなりますよ。

仮に、YouTuberになるといって周囲から見下されるとします。

しかし、月30万円以上稼げるようになったら、すぐに手のひらを返して「教えて欲しい」と懇願してくるはずです。

見下す人の相手をするよりも、自分の好きなことなどで実績を作ることに注力した方が10倍幸せになれますよ。

誰でも自分のために生きている

それに、誰でも自分のために生きているため、自分のことを見下す人に気を使う必要はありません。

自分の親とか見ていればわかりますが、年々関わる人が減っているはずです。

見下す人とは、将来的に絶対に関りがなくなるはず。

見下す人とは、生きている世界が違うと思ってみると少し気楽になりますよ。

最悪逃げるのもあり

それでも、見下されるのが辛いなら、思い切って会わない環境に変えてみるのもありです。

私も、11年勤めた会社で、上司から見下され続け苦痛でしたが、退職後3ヵ月後にはストレスが激減していました。

逃げることは非常識ではないです。

どうしても辛いなら、見下す人がいない環境に逃げ込みましょう。

周囲に合わせる必要なし

ここまで解説してきた通り、下記理由から見下されてむかつく時の対処方法は、“無視して自分のためになることに注力する”これだけです。

  • 見下す人はいつまでも見下す
  • 対応しても他人に時間と労力を使い損
  • 実績を作れば見下されなくなる
  • 誰でも自分のために生きている

見下すかの決定権は必ず相手にあるため、自分ではどうしようもありません。

見下される時は見下されるので、対応しても損しかしませんよ。

それなら、無視して自分のために時間と労力を使った方が有意義な生活が送れます。

それに、自分のために生きて何かしらの実績を作れば、見下してきた人達も徐々に見下さなくなります。

見下す人に合わせるのは辞めて、無視して自分のためになることに注力して生きていきましょう。

2:【悲報】見下す人は見下し続ける理由

2:【悲報】見下す人は見下し続ける理由

なお、見下す人は見下し続ける理由は下記。

  • 自身を守りたいため
  • 比較でしか判断できない
  • プライドが高い
  • ターゲットが変わるだけ

各々、詳しく解説していきますね。

自身を守りたいため

他人を見下すのは、自身の保身のためです。

保身ができると思っていることを辞めるのは難しいですよね。

例えば、日本人が保険に入りまくっているのは、自身にケガなどがあっても対応できる安心感が欲しいからです。

しかし、安心感を得るために保険に依存しているので、保険から抜けるのは難しいです。

残念ですが、見下す人は全てを包み込んでくれる器が大きな人間ではありません。

比較でしか判断できない

また、人は必ず比較をして判断しようとします。

例えば、ランキングなども比較しやすいように表現したいい例ですよね。

比較することが根付いている人が、“人を比較する”のも当たり前になり、常識になっています。

個人の常識を変えるのは、ほぼできないので、見下す人はいつまでも見下し続けます。

プライドが高い

また、人を見下す人は、基本的にプライドが高いです。

プライドが高い人は、他人よりも自分を優先する癖があります。

他人よりも自分という思いが言動にも出てくるので、見下し続けます。

ターゲットが変わるだけ

仮に、自分が実績を作って見下されなくなったとしても、別の誰かを見下します。

自分が見下さなくなっても、誰かを見下す人と関わっていたら風評被害などで損をしますよ。

ターゲットを変えるだけで、その人の本質は変わりません。

見下す人はいつまでも見下します

ここまで解説してきた通り、下記理由から見下す人はいつまでも見下し続けて生きています。

  • 自身が守りたいため
  • 比較でしか判断できない
  • プライドが高い
  • ターゲットが変わるだけ

見下す人と合わせるのは、デメリットしか生まれないので、必ず回避しましょう。

3:見下す人は無視して自分のことに注力しましょう

本記事の内容をまとめます。

周囲から見下されてむかつく時の対処方法は、1つだけで“無視して自分のためになることに注力する”これだけです。

詳しい理由は下記。

  • 見下す人はいつまでも見下す
  • 対応しても他人に時間と労力を使い損
  • 実績を作れば見下されなくなる
  • 誰でも自分のために生きている

なお、見下す人は見下し続ける理由は下記。

  • 自身を守りたいため
  • 比較でしか判断できない
  • プライドが高い
  • ターゲットが変わるだけ

見下す人に正面からぶつかっても、確実に損をします。

周囲から見下されても、無視して自分のことに注力しましょう。

結果を出すようになったら、徐々に見下されることもなくなります。

-LIFE