LIFE

幸が薄いことは悪くない【幸が薄いまま生きよう!!】

幸が薄いことは悪くない【幸が薄いまま生きよう!!】

こんにちは、シゲです。

・自分は幸が薄いから、忘れられることが多い。
・幸が薄い状況を変えるにはどうすればいいの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容


1:幸が薄いことは悪くない【理由を解説】
2:幸が薄いことが嫌になる原因

本記事を読めば、幸が薄くても気にならなくなります。

幸が薄いまま生きている私がノウハウを共有しますね。

1:幸が薄いことは悪くない【理由を解説】

1:幸が薄いことは悪くない【理由を解説】

幸が薄いことは悪くない理由は、下記4つ。

・余計な人と関りが減る

・他人から期待がなくなる

・自分に使える時間が増える

・他人に覚えられても損

各々、詳しく解説していきますね。

余計な人と関りが減る

幸が薄かったら、他人から積極的に関わろうとしなくなるからです。

愚痴ばかりを話す飲み会などにも、誘われなくなるので、自分とってプラスになります。

トラブルやめんどくさい人間関係に関わらなくて済むため、幸が薄いことは悪いことではないですよ。

他人から期待がなくなる

幸が薄いと言うことは、他人は自分に興味をもっていないからです。

例えば、会社でも期待されている人に仕事が集中しますよね。

しかし、期待されていない人には、最低限の仕事しか回ってきません。

他人に期待された方が損することが増えますよ。

幸が薄いことは、他人から期待されなくなるため、結果的に得しています。

自分に使える時間が増える

幸が薄くれば、無駄な関りがなくなるからです。

学校生活で例えるなら、休み時間にクラスメートから声を掛けられないため、10~15分ほど自分のために時間を使えます。

それに、環境が変われば、大半の人とは関わらなくなりますよ。

無駄な時間を過ごさないためにも、幸が薄い方が絶対に良いです。

他人に覚えられても損

他人に自分のことを覚えられても、関わることが増えるからです。

学生なら、先生に目を付けられるとかめんどくさいですよね。

また、社会人なら、上司に気に入られたら仕事量が増えるため、損をしています。

他人に覚えられても損することが多いため、幸が薄くても問題ありません。

幸が薄いことを受け入れよう

ここまで解説してきた通り、下記理由から幸が薄くても問題ありません。

・余計な人と関りが減る

・他人から期待がなくなる

・自分に使える時間が増える

・他人に覚えられても損

むしろ、幸が薄い方が自分らしく生きていけますよ。

他人からの期待は、損をすることの方が多いです。

理想の生活をするためにも、幸が薄い自分を受け入れましょう。

2:幸が薄いことが嫌になる原因

2:幸が薄いことが嫌になる原因

なお、「幸が薄いことが嫌になるのはなんでだろう?」と疑問に感じる方もいますよね。

嫌になる原因は、1つだけで“他人に認められたいという欲求が強い”からです。

学校なら、先生や異性に認められたいという欲求ですね。

認められるように、先生や異性の気を引こうとする行動をしますよね。

幸が薄いのが嫌になるのは、他人に認められたいと思っているからです。

しかし、他人に認められても、自分のためにならないですよ。

認められても一瞬の喜びにしかならない

感情は、すぐに変わるからです。

例えば、昇給できた瞬間は、「上司からも認められた」と感じ、嬉しくなりますよね。

しかし、3日も経てば、嬉しさはほぼなくなっているはず。

また上司に認めて欲しい欲求が出てきますよ。

認められたい欲求はなくならないため、幸の薄さを直しても根本な問題は解決できません。

認められるよう努力することは無駄が多いため、幸が薄い方がいいですよ。

自分のやりたい事を優先した方が得

ここまで解説してきた通り、幸の薄さを直しても自分のためになりません。

幸の薄さを直しても、自分に合わない人と関わる機会が増えて損をします。

無駄な時間を過ごさないためにも、自分のやりたい事を優先した方が絶対に得ですよ。

幸が薄いことを受け入れつつ、自分のやりたい事を優先して行動してみて下さい。

幸の薄さを直そうとしなくてOK

ここまで解説してきた通り、幸の薄さを直しても、自分のためになるとは限りません。

むしろ、損することの方が増えますよ。

無理に幸の薄さを直そうとしなくて大丈夫です。

逆に幸の薄さを利用して、自分のために時間を使えば、理想の人生に近づけますよ。

幸の薄さは武器になるので、無理に治す必要はないです。

3:幸が薄いことは悪くない

本記事の内容をまとめます。

幸が薄いことは悪くない理由は、下記4つ。

・余計な人と関りが減る

・他人から期待がなくなる

・自分に使える時間が増える

・他人に覚えられても損

幸が薄い方は自分のために時間と労力を使えるため、得ですよ。

なお、幸が薄いことが嫌になる原因は、1つだけで“他人に認められたいという欲求が強い”からです。

しかし、他人に認められたいという欲求は、幸の薄さが直っても、解消されません。

むしろ、幸の薄さを直しても、損することの方が増えますよ。

過ごしやすい生活をするためにも、幸が薄い自分を受け入れつつ、生きていきましょう。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE