LIFE

自分に自信がない原因【対処方法も紹介】

自分に自信がない原因【対処方法も紹介】

こんにちは、シゲです。

・自分に自信がない…
・自信がないのは、なんでなんだろう?
・また、自信を付けるにはどうすればいいの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容


1:自分に自信がない原因
2:無理に自分に自信を付ける必要はない

本記事を読み実施すれば、自分に自信がないと悩まなくなります。

自分に自信がないまま生きている私がノウハウを共有しますね。

1:自分に自信がない原因

1:自分に自信がない原因

自分に自信がない原因は、下記4つです。

・他人と比較している

・他人の価値を優先して生きている

・結果を出す努力をしていない

・失敗を恐れている

各々、詳しく解説していきますね。

他人と比較している

他人と比較していると、自分のできないことを実感してしまうからです。

例えば、ブログでも自分より1年後から始めた人の方が稼げていたなら、落ち込みますよね。

「自分にはセンスがない」と感じ、自信がなくなるはず。

他人と比較をすると、自分に自信がなくなりますよ。

他人の価値を優先して生きている

他人の価値を優先していると、自分の本心に合う行動ができないからです。

サラリーマンで例えるなら、収入を増やしたいことが本心ですよね。

しかし、実際は上司や会社のための行動を優先している方が多いはず。

次第に、「昇給できない仕事を頑張っているなんて馬鹿みたい」と感じます。

最終的には、「自分に実力がないから…」と自信がなくなりますよ。

自信をなくさないためにも、他人の価値観を優先するのは辞めましょう。

結果を出す努力をしていない

当たり前ですが、結果を出す努力をしないと現状維持のままだからです。

例えば、ダイエットを友達3名と始めたとして、自分だけ食事制限や運動などをしなかったら、痩せないですよね。

しかし、自分以外の友達は痩せているため、自信がなくなります。

結果を出す努力をせず、待っているだけでは、現状維持のままなので、自信をなくすには当然ですよ。

失敗を恐れている

失敗を恐れているなら、挑戦をしなくなるからです。

フラれるのが怖くて、一目惚れした人を見ているだけでは、付き合えないですよね。

声を掛ける勇気が出ない自分に自信がなくなります。

このように、挑戦できない自分を情けないと感じ、自分に自信がなくなりますよ。

失敗を恐れると自分に自信がなくなることを覚えておきましょう。

2:無理に自分に自信を付ける必要はない

2:無理に自分に自信を付ける必要はない

「自分に自信がない…」と悩んでいる方に、朗報です。

無理に自分に自信を付ける必要はありませんよ。

理由は、下記3つ。

・現状維持になり成長できない

・周囲から嫌われる

・不満があるから挑戦に価値が生まれる

各々、詳しく解説していきますね。

現状維持になり成長できない

自分に自信ができると、成長しようとしなくなるからです。

スポーツ選手でも、今の自分が一番良いと感じているとこれ以上スキルを上げる努力はしなくなりますよね。

結果的に、努力をしている人にすぐに追い越されて、結果が出せなくなります。

このように自信を付けると、成長できなくなりますよ。>

成長し続けるためにも、自分に自信は必要ありません。

周囲から嫌われる

自信満々な人ほど、自分のやる事は間違っていないと考えているからです。

「自分のやる事は間違っていない」という思いが強いと、周囲から我が強い人と思われてしまいますよ。

周囲から嫌われないためにも、自分に自信がない方が良いです。

不満があるから挑戦に価値が生まれる

今の自分に不満があるからこそ、不満を解消しようとするからです。

自分がパーフェクトと考えていたら、自分のダメなところを解消しようとはしませんよね。

上記状態で、新しいことに挑戦しようとしても、熱意や意力がないため、大きな成果は出せません。

不満があるからこそ挑戦に価値が生まれますよ。

挑戦に価値を作るためにも、自分に自信がなくてもOKです。

【結論】自分に自信がなくても大丈夫

ここまで解説してきた通り、下記理由から無理に自分に自信をつけなくても大丈夫ですよ。

・現状維持になり成長できない

・周囲から嫌われる

・不満があるから挑戦に価値が生まれる

自信がないと感じても、悩み続けないでOKです。

むしろ、今後を考えたら自信がない方が絶対に得をします。

自分に自信がない状況を受け入れて、徐々に成長しながら生きていきましょう。

ただし、自分を責めるのは辞めよう

自分を責めても現状は変わらないし、落ち込むだけだからです。

例えば、自分に自信がなくて下記のように自分を責めても、不満はなくならないですよね。

・行動できない自分が嫌になる

・自信がない臆病な自分が許せない

・何もできない自分がダサい

上記のように、自分を責めても気持ちが落ち込むだけで何も変わっていません。

自分を責めると確実に損するため、自分を責めるのは絶対に辞めましょう。

自分を責めなくれば、人生は変わる

自分を責めなくなれば、後は成長するための努力に集中できるからです。

不満を解消できれば、人生は良いものに変わりますよ。

人生を良いものに変えるためにも、自分を責めるの辞めることから始めてみて下さい。

3:自分を責めなくればOK

本記事の内容をまとめます。

自分に自信がない原因は、下記4つです。

・他人と比較している

・他人の価値を優先して生きている

・結果を出す努力をしていない

・失敗を恐れている

なお、下記理由から無理に自分に自信をつけようとしなくて大丈夫ですよ。

・現状維持になり成長できない

・周囲から嫌われる

・不満があるから挑戦に価値が生まれる

自分に自信が合っても、人生が良いものに変わることはないです。

むしろ、自信がないからこそ、人生を良いものに変えられますよ。

自分を責めるのは辞めつつ、不満を解消する努力をしてみて下さい。

3ヵ月本気で努力をしたら、自分に自信がないことを気にならなくなりますよ。

ということで、以上になります。
最後まで読んできただき、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog