LIFE

嫌味を言い返す必要はない【自分が損をします】

嫌味を言い返す必要はない【自分が損をします】

こんにちは、シゲです。

・嫌味を言われると、気分が悪くなる…
・どうにかして言い返したい!!

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:嫌味を言い返す必要はない【理由を解説】
2:嫌味を言われた時の対処方法

本記事を読み実施すれば、嫌味の苦痛から抜け出すことができるようになります。

なぜなら、11年勤めた会社で、同僚の先輩から嫌味を言われ続けていた私が、本記事で紹介する方法を使い、嫌味の苦痛から抜け出せたからです。

上記背景を持つ私がノウハウを共通しますね。

1:嫌味を言い返す必要はない【理由を解説】

1:嫌味を言い返す必要はない【理由を解説】

まずは、嫌味を言い返す必要がない理由について紹介していきます。

具体的な理由は、下記3つ。

・言い返しても喧嘩が増えるだけ

・相手にしても時間が無駄になる

・真っ向から対応しても、自分が損をする

各々、詳しく解説していきますね。

言い返しても喧嘩が増えるだけ

嫌味を言い返しても、相手の反感を買うだけだからです。

例えば、下記みたいな感じですね。

相手「上司に気に入られているからって、調子に乗んな!!」

自分「乗っていませんよ」

相手「そういうところが、ムカつくんだよ」

相手「それに、周囲から嫌われているの気づいていないの?」

自分「あなたもね」


こんな感じに言い返しても、もっと大きな嫌味を言われ、喧嘩が増えるだけです。

それに、喧嘩は多くの労力を使うため、疲れます。

嫌味の対応で疲弊するのは、バカバカしく感じますよね。

疲弊しないためにも、嫌味を言い返すのは辞めるべきです。

相手にしても時間が無駄になる

嫌味を言い返して、喧嘩をしている間は、現状維持のままだからです。

例えば、会社で同僚に嫌味を言われ、言い返すとします。

しかし、その間仕事は止まっているため、成果を出せていませんよね。

むしろ、喧嘩が続くと残業や休日出勤することになり、損をしますよ。

自分の人生を、自分のために使わないのは勿体なくないですか?

時間は有限なので、待ってくれませんよ。

嫌味の言い返している暇があるなら、自分の人生を豊かにする行動を実施しましょう。

真っ向から対応しても、自分が損をする

嫌味に真っ向から対応しても、得られるものはないからです。

嫌味を言い返した状況は下記。

・疲労感が増す

・言い返している間、時間がなくなる

・嫌味を言われることが増え、気持ちが萎える

得する事なんてないですよね。

嫌味を言い返しても、多くの時間と労力を消費するため、損をします。

自分が損をしないためにも、嫌味を言い返すのは辞めましょう。

嫌味を言い返すのを辞めよう

ここまで解説してきた通り、下記理由から嫌味を言い返すのを辞めるべきです。

・言い返しても喧嘩が増えるだけ

・相手にしても時間が無駄になる

・真っ向から対応しても、自分が損をする

言い返しても、人生において無駄な時間と労力がさかれ、自分が損をしますよ。

言い返したくなる気持ちもわかりますが、自分のためにも、嫌味を言い返すのは辞めましょう。

とはいえ、「それじゃあ、嫌味を一方的に言われ続けるだけだよ!!」と感じる方もいるはず。

そこで、言い返す以外の対処方法を紹介していきますね。

2:嫌味を言われた時の対処方法

2:嫌味を言われた時の対処方法

嫌味を言われた時の対処方法は、下記2つです。

・無視し続ける

・なるべく関わらない

「当たり前じゃん」と感じるかもですが、意外とできていない人が多いですよ。

では、詳しく解説していきますね。

無視し続ける

無視していると、次第に相手も直接関わろうとしなくなるからです。

イメージでいうと、壁に話しかけているような状態です。

壁に話しかけても返事を貰えないため、話しかけるのを辞めますよね。

私も11年勤めた会社で同僚の先輩に嫌味を言われた時、無視し続けました。

結果的に、半年後には直接嫌味を言われることはなくなりましたし、ほぼ会話もしなくなりましたね。

まぁ、陰で悪口とかは言われていましたが、直接言われるより、全然気持ちが楽でしたよ。

無視し続けることで、相手が勝手に直接関わるのを辞めてくれます。

なるべく関わらない

関わらなくなれば、嫌味を言われることはなくなるし、嫌味を言う人を思い出すこともなくなるからです。

私も、以前の会社を退職してから、嫌味言っていた同僚の先輩に会わなくなったし、日々の生活の中で思い出すこともなくなりました。

このように、全く会わなくなる状態を作ることが理想ですね。

とはいえ、何らかの理由で環境を変えるのは難しいという方もいるはず。

確かに、嫌味を言う人が会社に居るなら、お金を稼ぐ必要があるため、転職するのは難しいですよね。

しかし、嫌味を言う人と関わっていても、苦痛さはなくならないし、自分が損し続けるだけですよ。

嫌味の苦痛から抜け出すためにも、嫌味を言う人と全く会わなくなる状態を目指しましょう。

私は、嫌味を言う同僚の先輩がいた会社を辞めて、1ヵ月ほどでストレスが激減でき、今でも退職して良かったなと感じられています。

嫌味を言われるのは、魅力があるから

魅力がなかったら、嫌われることはないからです。

例えば、街で歩いている人に「この人嫌いだ」という感情を抱かないですよね。

関わる人の中で、自分と比較して「自分にはできないことをやっている」「羨ましい」という気持ちがあるから、嫌味が生まれます。

嫌味を言われるのは、“他人ができないことを自分ができている”からです。

つまり、嫌味を言われるのは、羨ましいという感情だけなので、気にしなくてOK。

【結論】スルーして、関わらなくなろう!!

ここまで解説してきた通り、下記2つが嫌味を言われた時の対処方法になります。

・無視し続ける

・なるべく関わらない

嫌味を言う人と関わっても、自分が損をするだけなので、関わらなくなることが最適ですよ。

正直、本気で辛いなら、環境を変えてもいいくらいですね。

私は、嫌味を言う同僚の先輩がいる会社を辞めて、1ヵ月ほどでストレスが激減しました。

無理に我慢する必要はありませんよ。

本気で苦痛に感じるなら、環境を変えるのもありです。

3:嫌味を言い返すのは辞めよう!!

本記事の内容をまとめます。

嫌味を言い返す必要はありません。

理由は下記3つ。

・言い返しても喧嘩が増えるだけ

・相手にしても時間が無駄になる

・真っ向から対応しても、自分が損をする

嫌味を言い返しても、疲労感が増すし、時間が無駄になり、損をします。

損をしないためにも、嫌味を言い返すのは辞めましょう。

なお、嫌味を言われた時の対処方法は、下記です。

・無視し続ける

・なるべく関わらない

嫌味を言う人は、あなたの人生にとって必要がない人のため、関わらなくなることが一番です。

嫌味を言う人と関わっても、自分が損をするだけなので、会わない状況にすることがベストになります。

嫌味を言われている人とは、無視し続けなるべく関わらないようにしてみて下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog