LIFE

「買うか迷う…」購入すべき?【購入の判断基準も紹介】

「買うか迷う…」購入すべき?【購入の判断基準も紹介】

こんにちは、シゲです。

・購入するか迷うことが多い…
・迷っている自分が嫌だし、迷った時に対処方法を教えて欲しいな~

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容をまとめます。

本記事内容


1:「買うか迷う…」購入すべき?【基本的に買うべき】
2:購入の判断基準

本記事を読み実施すれば、購入を迷う回数を減らせますよ。

買うか迷ったら、基本的に購入するようにしている私がノウハウ共有しますね。

1:「買うか迷う…」購入すべき?【基本的に買うべき】

1:「買うか迷う…」購入すべき?【基本的に買うべき】

買うか迷ったら、基本的に購入した方良いです。

理由は下記5つ。

・迷っている時間を減らせる

・買ってみないと現状維持のまま

・行動力が強くなる

・失敗談にできる

・見聞きに強くなる

各々、詳しく解説していきますね。

迷っている時間を減らせる

当たり前ですが、購入すれば迷うことがなくなるからです。

仮に、2時間携帯ショップの前でスマホを新しくするか迷ったら、時間がもったいないです。

それよりも、すぐに購入して残りの2時間を別のことに使った方が自分のためになります。

迷うことは、何も自分のためになっていないため、絶対に辞めるべきです。

迷っているなら絶対に購入した方が得ですよ。

買ってみないと現状維持のまま

購入しない選択をしてしまうと、行動が変わることがないからです。

ランニングでダイエットをするか迷い、ランニングシューズを購入しなかったら、ランニングに挑戦しませんよね。

体重も減ることはないです。

現状維持から抜け出すためにも、迷ったら購入してみて下さい。

行動力が強くなる

購入したら「これだけ投資したのだから、結果を出さないと…」と考えるようになるからです。

例えば、プログラミングを覚えたくて、プログラミングスクールに投資したら、「覚えられなかったら勿体ない」と感じ、本気でプログラミングを覚えようとしますよね。

仮に、プログラミングスクールに申し込んでいなかったら「プログラミングを学ぶか迷うな~」と考え、行動できていないはず。

このように、購入した方が行動力が上がりますよ。

行動が早い人の方が、経験が増えるため成長できます。

迷ったら購入して行動力を上げましょう。

失敗談にできる

仮に、購入後「これ失敗したな」と感じても、失敗談にできるため自分のためになります。

失敗談は、恥ずかしいと感じるかもですが、失敗談は他人の信頼を得やすいです。

お笑い芸人さんの話でも、過去の失敗談とかがほとんどですよね。

なぜなら、失敗談は笑いになり、親しみやすく感じるからです。

失敗談を話すだけでも、他人からの信頼を得られますよ。

私の場合は、失敗をブログのネタにしていますね。

購入後失敗しても「話のネタになったな~」と考え利用すれば、最終的に自分のためになりますよ。

見聞きに強くなる

購入を増やすことで、良い商品かを見聞きする技術が向上するからです。

ヨガマットで例えるなら、ポリ塩化ビニールよりもゴムの方がいいとかですね。

上記は、私が実際に購入し使ってみた結果で、最終的にゴムの方がいいと判断しました。

このように、購入することで、見聞きが強くなり良い商品を選べるようになります。

見聞きを強くして、良い商品をすぐに手に入れるようになるためにも、迷ったら購入すべきですね。

【結論】基本的に購入しよう!!

ここまで解説してきた通り、下記5つの理由から購入に迷ったら基本的に購入すべきです。

・迷っている時間を減らせる

・買ってみないと現状維持のまま

・行動力が強くなる

・失敗談にできる

・見聞きに強くなる

自分も成長できるし、迷っている時間がもったいないですよ。

前進するためにも、迷っているなら購入する決断をしてみて下さい。

2:購入の判断基準

2:購入の判断基準

とはいえ「なるべく損はしなくないな~」と考えている方もいるはず。

そこで、購入の判断基準を紹介します。

これから紹介する判断基準に合わせて、購入するか決めれば、良い商品を見つけられますよ。

下記判断基準に合わせて、購入するか決めてみて下さい。

・使用頻度

・時短できるか

・長期使用可能か

・将来の投資になるか

各々、詳しく解説してきますね。

使用頻度

購入後に使用頻度が多くれば、費用対効果が高くなるからです。

例えば、ロボット掃除機は高価で、購入を躊躇する人が多いはず。

しかし、掃除自体は週に2回はしますよね。

年間だと96回使うことになります。

96回掃除が楽になるなら、投資する価値もありますよね。

それに、2年3年と使い続ければ、より掃除が楽になるため、費用対効果も高くなります。

購入するか迷ったら、使用頻度を考えてみて下さい。

時短できるか

時短できれば、自分で使える時間を増やせるからです。

乾燥機付き洗濯機なら、服を干す手間が減らせますよね。

仮に1回20分間掛かるとしたら、下記の時間を節約できることになります。

週:40分
月:160分
年:1,920分(32時間)

32時間自分のために使えると考えたら、投資すべきですよね。

それに、時給が2,000円なら、2年で元が取れますよ。

購入するか迷ったら、時短できるかで判断してみて下さい。

長期使用可能か

長期使用できれば、出費をなるべく抑えられるからです。

財布でも、1万円で1年しか使えない物よりも、5万円の出費で10年使い続けられ方がコスパが良いですよね。

コスパを高めるためにも、長期使用できるかで購入を判断しましょう。

将来の投資になるか

将来の投資になれば、自分のためになるからです。

同じ5,000円でも、飲み会と本を2冊購入しインプットする方、どっちが自分のためになっていると思いますか?

明らかに、本ですよね。

購入に迷ったら、将来の投資になっているかを考えて決めてみて下さい。

3:迷ったら購入しよう!!

本記事の内容をまとめます。

買うか迷ったら、基本的に購入した方良いです。

理由は下記5つ。

・迷っている時間を減らせる

・買ってみないと現状維持のまま

・行動力が強くなる

・失敗談にできる

・見聞きに強くなる

仮に、失敗しても自分の成長に繋がるし、話のネタになります。

購入した方が前進できるので、迷ったら購入してみて下さい。

一番大切なのは、迷う時間を減らすことです。

なお「それでも損したくない…」と思っているなら、下記基準で購入するか判断してみて下さい。

・使用頻度

・時短できるか

・長期使用可能か

・将来の投資になるか

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog