LIFE

悪口を言わない人が信用できない理由とは?【悪口は辞めよう】

悪口を言わない人が信用できない理由とは?【悪口は辞めよう】

こんにちは、シゲです。

・悪口を言わない人は信用できない…
・悪口を言っている方が自分のためになってない?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容


1:悪口を言わない人が信用できない理由とは?
2:本当に悪口を言わない方がいいの?【結論:言わない方が良い】

本記事を読めば、悪口を言わない人が信用できない理由がわかります。

悪口を言わなくなってから考え方が180度変わった私がノウハウを共有しますね。

1:悪口を言わない人が信用できない理由とは?

1:悪口を言わない人が信用できない理由とは?

悪口を言わない人が信用できない理由は、1つだけで“人間味を感じられない”からです。

例えば、友達になるとしたらどっちが良いですか?

・自分の失敗談を話す人

・自分の失敗を隠して完璧を見せようとする人

明らかに前者ですよね。

失敗する方が人間らしさがあるからです。

悪口を言わない人は、弱みを出さない人と判断され、人間味を感じなくなります。

人間味を感じなくなることが、悪口を言わない人が信用できない最大の理由です。

自分に合わない人は必ずいると考えている

また、“人は絶対に自分に合わない人がいる“という概念があると、悪口を言わない人が信用できなくなります。

そのため、「嫌いな人がいるのに、我慢するなよ」「俺達と一緒に、悪口言おうぜ」という思いが強くなるからです。

このように、“自分に合わない人は必ずいる“と考えてしまうと、悪口を言わない人が信用できなくなりますよ。

誰でも嫌いな人はいる

なお、事実として誰でも嫌いな人は必ずいます。

なぜなら、人それぞれ価値観が異なるからです。

サラリーマンとして働きたいと考えている人に、フリーランスを勧めてくる人とは仲良くできないですよね。

むしろ、フリーランスを押し付けてくる人を嫌いになるはず。

このように、誰でも嫌いな人は必ずいますよ。

じゃあ、「何で悪口を言わないの?」と疑問に感じるはず。

その答えは、シンプルに嫌いな人と本気で関わりたくないからです。

とはいえ、嫌いな人と関わりたくないと思うのは当然

誰でも嫌いな人がいるのは事実ですが、嫌いな人と関わりたくないと考えているのも事実です。

誰でも自分の嫌いな人と関わりたくないですよね。

しかし、悪口を言っている間は、嫌いな人のことを考えているため、結果的に関わっているのと同じになります。

悪口を言えば、その瞬間はスッキリするかもですが、長期的にみたら損していますよ。

悪口を言わないのは、嫌いな人と本気で関わりたくないからです。

誰でも、嫌いな人と関わりたくないと考えているため、時間も無駄にしないためにも、悪口を言わない選択は間違いではないですよ。

結局は、悪口を言うか言わないかは個人の自由

それに、最終的には、悪口を言うか言わないかは個人の自由ですよ。

独裁国家とかではないため、「悪口を絶対」ということはないですよね。

悪口を言わない選択をした人を責めることはできませんよ。

悪口を言わないからと言って相手を評価するの辞めよう

ここまで解説してきた通り、悪口を言わない人が信用できないのは、人間味を感じにくいからです。

しかし、悪口を言うと嫌いな人に使う時間が増えるため、結果的に損をします。

悪口を言わない人は、損をしたくないから、悪口を辞めているだけです。

それに、嫌いな人と関わりたくないと思うのは誰でも同じですよね。

悪口を言う言わない選択は、個人の自由ですよ。

「信用して下さい」とまでは言いませんが、「信用できない!!」と決めつけるのも良くないと思います。

「この人は、悪口を言わない人なんだな~」と考え、客観的にみてみて下さい。

2:本当に悪口を言わない方がいいの?【結論:言わない方が良い】

2:本当に悪口を言わない方がいいの?【結論:言わない方が良い】

なお、悪口は絶対に言わない方が良いですよ。

その理由は、下記3つ。

・悪口を言う時間と労力が無駄

・人から嫌われにくくなる

・ストレスが減る

各々、詳しく解説していきますね。

悪口を言う時間と労力が無駄

繰り返しになりますが、悪口を言うことは、時間と労力を無駄になります。

例えば、会社の上司が嫌いで下記悪口を言っているとします。

・上司は理想論しか言わないしな~

・あいつ、むちゃぶりするくせにすぐ帰るんだよ

・上司がまともだったらな~

しかし、上記悪口を言っても、上司は変わらないし、関わり続けますよ。

それに、仕事が進まないため、帰る時間も遅くなります。

悪口を言っている時間が無駄になりますよね。

悪口は時間と労力が無駄になるため、絶対に辞めた方が良いです。

人から嫌われにくくなる

悪口を言っている人は、他人から嫌われやすいからです。

私が11年勤めた会社でも、仕事をまともにせず悪口ばかり言っている人がいましたが、嫌われていましたね。

それに、悪口は聞けば聞くほど嫌な気分になりますよね。

人間関係を良好にするためにも、悪口は辞めるべきです。

ストレスが減る

悪口を言っている間は、嫌いな人のことを考えているため、結果的にもっと嫌いになりストレスになるからです。

悪口→嫌いな人を考える→もっと嫌いになる

上記繰り返しになり、結果的にストレスが溜まりますよ。

ストレスを減らすためにも、悪口を辞めて嫌いな人に無関心になった方が良いです。

人生を良いものに変えるためにも、悪口は辞めよう

ここまで解説してきた通り、下記理由から悪口は辞めた方が良いですよ。

・悪口を言う時間と労力が無駄

・人から嫌われにくくなる

・ストレスが減る

悪口を言っても、現状維持のままです。

良い人生に変えるためにも、悪口は辞めましょう。

3:他人の事より自分のこと考えよう!!

本記事の内容をまとめます。

悪口を言わない人が信用できない理由は、1つだけで“人間味を感じられない”からです。

しかし、悪口を言わないのは、嫌いな人と関わりたくないと感じているからです。

嫌いな人と関わりたくないと感じるのは誰でも一緒ですよね。

悪口を言わないから信用できないと考えるのは、考えが浅すぎます。

「この人は悪口を言わない人なんだな~」と考えて、接してみて下さい。

なお、下記理由から悪口は辞めた方が良いですよ。

・悪口を言う時間と労力が無駄

・人から嫌われにくくなる

・ストレスが減る

悪口を言っても、損をするだけです。

人生を良いものに変えるためにも、悪口は辞めましょう。

ということで、以上になります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog