LIFE

リスク洗い出し方法【考えすぎはNG】

リスク洗い出し方法【考えすぎはNG】

こんにちは、シゲです。

・事前にリスクを洗い出して、失敗を避けたい。
・リスクを洗い出す具体的な方法を教えて。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:リスク洗い出し方法【やるべきことは3つだけ】
2:全てのリスクを洗い出すのは不可能

本記事を読み実施すれば、リスクを洗い出し失敗を避けることができるようになります。

11年勤めていた会社で、商品の品質を保証する部署に勤め、計画を頻繁に実施していた経験がある私がノウハウを共有しますね。

1:リスク洗い出し方法【やるべきことは3つだけ】

1:リスク洗い出し方法【やるべきことは3つだけ】

リスクの洗い出し方法は、下記3ステップのみです。

①予想し続ける

②紙に書き出す

③許容範囲を決める

①予想し続ける

リスクを避けたいと考えるのは、全て将来のことだからです。

将来のことは、予想するしかないですよね。

例えば、料理未経験の彼女が、初めて手料理に挑戦するなら、下記リスクを予測するとかですね。

・気合を入れ過ぎて、めちゃくちゃめんどくさい料理を選ぶ
=こちらから料理の種類を指定する(カレーなど簡単なものにする)

・料理中に、オリジナリティを出そうと変なアレンジをする
=クックパッドを勧める。一緒に料理をする。

・不味い料理を作ってしまった
=彼女にも食べさせて外食をする。1度で成功するほうが凄いと言い食べる。

こんな感じで、予測し続けることでリスクを洗い出すことができます。

予測を続けて、失敗するパターンを洗い出してみて下さい。

過去の実績を参考にすると失敗しにくくなる

予測する時に、過去の実績を参考にする方法もありです。

過去の実績を参考にすれば、成功確率が上がるからです。

私が過去に勤めていた会社でも、過去の実績から見積もりを出したりしていましたね。

実際に作業していても、見積もり通り(売上は除く)の実績になることが大半でした。

予想することに煮詰まったら、過去の実績を参考にするのもありですよ。

②紙に書き出す

頭だけだと、記録しきれないからです。

紙に書き出すと言いましたが、電子データでもOKですよ。

私はリスクを洗い出したり、何か計画する時は、必ず電子データに書き出しています。

リスクを洗い出す時は、箇条書きで書きますね。

頭だけだと、リスクを洗い出すことはできません。

予測して思いつくリスクを、可視化出来る状況にするためにも書き出しましょう。

③許容範囲を決める

何事でも、リスク0で成功させることは不可能だからです。

例えば、プログラミングで稼げるようになりたいとしても、下記初期費用は必ずかかります。

・プログラミングを学習するための費用(本やコンサル料など)

・PC代金

・コードを覚える時間

このように、全くノーリスクで成功させることはできません。

予測が全て終わったら、ここまでなら許せるという許容範囲を決めましょう。

リスクを洗い出し失敗を避けよう!!

ここまで解説してきた下記3つの方法で、リスクを洗い出すことができます。

①予想し続ける

②紙に書き出す

③許容範囲を決める

上記を試してリスクを洗い出し、失敗を回避してみて下さい。

とはいえ、全てのリスクを洗い出すのは不可能です。

「ここまで解説しておいて、ふざけんな!!」と感じるかもですが、事実になります。

すみません…

しかし、未来のことを全て予想して的中されるのって無理じゃないですか?

リスクを洗い出せる人は、全世界探してもいませんよ。

2章からは、“全てのリスクを洗い出すのが不可能な理由”“リスクを洗い出せなくても失敗しない方法”を解説していきます。

失敗を避けたい方は、最後まで読んでみて下さい。

2:全てのリスクを洗い出すのは不可能

2:全てのリスクを洗い出すのは不可能

まずは、全てのリスクを洗い出すのが不可能な理由から解説していきます。

理由は、下記2つ。

・将来のことは誰にもわからない

・いくらリスクを検討しても、実行したら差異ができる

将来のことは誰にもわからない

繰り返しになりますが、将来のことは誰にもわからないし、予測するにも限界があるからです。

例えば、20年前に下記状況を予測できた人はいないはずです。

・コロナの影響で不況が続く

・AIの発展で、職が脅かされる

・終身雇用が崩壊し、リストラされる

このように、将来のことは誰にもわかりません。

予測をしてリスクを洗い出しても、予想外のことは必ずあります。

全てのリスクを洗い出すのは不可能であることは、覚えておいて下さい。

いくらリスクを検討しても、実行したら差異ができる

世の中、曖昧なことばかりだからです。

例えば、不具合が発生させてしまい、顧客に謝罪と対応策の案を提案しに行くとします。

「リスクも洗い出したし、この対応策で大丈夫だ」と考えていても、対応した顧客が気に入らない方法だったら、断られますよね。

また、こちらから顧客の人員を選定するのは不可能です。

このように、世の中には、曖昧な事が多いため、いくらリスクを検討しても、失敗する時は失敗します。

リスクを検討している時は、現状維持のまま変われない

検討している際は、行動をしていないため、事実がわからないままからです。

例えば、会社の上層部が会議ばかりなのは、リスク0で売り上げを上げる方法を検討しているためです。

しかし、実際にリスク0で売り上げを上げられる方法が見つからないため、下記を繰り返します。

① 会議を開く

② 協議するが結論が決まらない

③ 会議を中断する

④ ①にもどる

上記を繰り返していても、売り上げは上げられないですよね。

リスクを検討している時は、現状維持のままです。

失敗が怖いのはわかりますが、現状維持を続けても、望んだ結果を出すことはできませんよ。

ある程度、リスクの洗い出しができたら、思い切って行動を始めましょう。

実行しながら問題を解消して、許容範囲以内に収めることが重要

ここまでの解説で、全てのリスクを洗い出すのが不可能なことがわかったと思います。

とはいえ、「失敗を避けるのは無理ってこと?」と疑問に感じる方もいるはず。

しかし、失敗を避ける方法は、リスクの洗い出しだけではありません。

その方法は、実行しながら問題を解消して、許容範囲以内に収めることです。

実行しながら、問題を解決していけば、最終的に失敗にならないからです。

例えば、自転車に乗れなくて、1ヵ月以内(許容範囲)に自転車に乗れるようになろうとします。

始めの方は、自転車に乗るコツが分からず、何度も転ぶはずです。

しかし、1ヵ月後に自転車に乗れていれば、失敗にはならないですよね。

このように、失敗を避けるには、実行しながら問題を解消して、許容範囲以内に収めることが重要になります。

リスクを洗い出すには、限界があるため、行動しながら問題を解消していくやり方も覚えておいて下さい。

失敗しても問題なし

仮に失敗しても、得られることはあるため、全てが無駄になることはないからです。

例えば、ブログで収益化を狙い、入念に計画を立ても稼げなかったとします。

しかし、下記知識とスキルが身に付けられますよ。

・コーディング技術(サイトデザイン)

・読者に分かりやすい文章の書き方

・執筆スピード

実際に稼げていなくても、ブログを始める前に比べて、成長することができています。

リスクの洗い出しに時間をかけていても、現状維持が続き時間が無駄になるだけですよ。

実行しながら問題を解消して、許容範囲以内に収めることを目指しましょう。

3:リスクの洗い出しはほどほどにしよう!!

本記事の内容をまとめます。

リスクの洗い出し方法は、下記3ステップです。

①予想し続ける

②紙に書き出す

③許容範囲を決める

失敗する確率を下げるためにも、試してみて下さい。

とはいえ、全てのリスクを洗い出すのは不可能です。

理由は、下記2つ。

・将来のことは誰にもわからない

・いくらリスクを検討しても、実行したら差異ができる

いくらリスクを洗い出しても、失敗するときは失敗します。

また、リスクの洗い出しを続けても、時間が無駄になるだけです。

失敗を避けるためには、実行しながら問題を解消して、許容範囲以内に収めることが重要になります。

仮に、失敗しても、得られることが必ずあるため、損はしませんよ。

リスクの洗い出しはほどほどにして、まずは挑戦してみましょう。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog