Road bike

お尻が痛くないロードバイク用サドル3選【選び方のコツも紹介】

お尻が痛くないロードバイク用サドル3選【選び方のコツも紹介】

こんにちは、シゲです。

・ロードバイクに乗っているとお尻が痛くなる。
・お尻が痛くならないサドルを知りたい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容


1:お尻が痛くないロードバイク用サドル3選
2:サドル選びのコツ

本記事を読めば、お尻が痛くならないロードバイク用サドルを見つけられますよ。

ロードバイク歴5年以上で、5回ほどサドルを変えた私がノウハウを共有しますね。

1:お尻が痛くないロードバイク用サドル3選

1:お尻が痛くないロードバイク用サドル3選

お尻が痛くないロードバイク用サドルは、下記3つ。

・セラ サンマルコSHORTFIT Open-Fit Dynamic 277MW401

・プロ(PRO)サドル

・SGODDE サドル

各々、詳しく解説していきますね。

セラ サンマルコSHORTFIT Open-Fit Dynamic 277MW401

私の友達も使っており、フィット感も心地よく半日程度のライドならお尻が痛くならないと言っていましたね。

私も、1時間ほど乗らせてもらいましたが、ペダルも漕ぎやすくお尻も痛くならなかったです。

デザインもスポーティでカッコいいため、選ぶ価値あり。


プロ(PRO)サドル

プロ(PRO)というメーカーは聞き馴染みがないかもですが、シマノの子会社でめちゃくちゃ信頼できますよ。

サドルメーカーは海外製の物が多く、外国人の体に合うように設計されていることが大半です。

しかし、プロ(PRO)は日本メーカーのため、日本人の体にも合うように設計されていますよ。

いち早く自分に合ったサドルを見つけたい方なら、プロ(PRO)サドルを試してみましょう。


SGODDE サドル

SGODDE サドルは、厚さがめちゃくちゃあり、幅も広く作られています。

デザインが少しカッコ悪いですが、どうしてもお尻の痛さを軽減したいなら、これを選ぶのもあり。

価格も約2,000円と手ごろに購入できますよ。


2:サドル選びのコツ

2:サドル選びのコツ

ここからは、お尻が痛くならないサドルの選び方のコツを紹介していきます。

具体的には、下記3つ。

・パットの厚さ
・サドルの広さ
・穴あき付きか

各々、詳しく解説していきますね。

パットの厚さ

当たり前ですが、パットの厚さにより、お尻への負荷を軽減できるからです。

例えば、同じ自転車でも、ママチャリとロードバイクでは、お尻の痛さが異なりますよね。

それは、ママチャリの方がパットが厚いサドルを使っているからです。

お尻が痛くて悩んでいるなら、パットが厚めのサドルを選びましょう。

サドルの広さ

サドルの大きさにより、お尻の当たる場所が異なるからです。

サドルが広いほど、負荷が分散されてお尻の痛さが軽減できますが、正直お尻の形は人それぞれなので、実際に試しながら自分に合ったサドルの広さを見つけるのが良いと思います。

穴あき付きか

男性だと、尿道に負荷を掛けないために、穴あきを選ぶ人も多いですね。

穴が開いていれば、軽量化にも繋がるので、穴あきのサドルを選ぶと良いでしょう。

色んなサドルを試すのが一番

ここまで、お尻の痛さを軽減できるサドル選びのコツを紹介していきましたが、1番大切なのは、色んなサドルを試してみることです。

理由は、お尻の形は人それぞれ違うから。

私も今使っているサドルは、5回ほどサドル買い替えて見つけられました。

1度で自分に合ったサドルを見つけるのは難しいので、色んなサドルを使ってみて自分にあうサドルを探し出してみて下さい。

3:【補足】サドル交換で痛さを軽減できるが完全になくなることはない

見出し通りですが、サドル交換で痛さを軽減できるが痛さが完全になくなることはないです。

理由は、人は同じ体勢のままだと、しびれや痛みを感じるからです。

どんなに高級なベットでも、1日中寝ていろと言われたら、苦痛だし体が痛くなりますよね。

ロードバイクも同じで、長時間乗り続けていれば、誰でもお尻が痛くなります。

サドルはあくまでも、お尻の痛さを軽減できるだけということを覚えておいて下さい。

ロードバイクのお尻の痛さを解消する方法

サドル交換以外の方法でお尻の痛さを解消したいという方は、下記記事を参考にしてみて下さい。

ロードバイクでお尻が痛くなる原因【解決方法も紹介】

Road bike

ロードバイクのお尻の痛さを解消する方法【6つ紹介】

2019/8/22  

ロードバイク歴5年以上のシゲです。 ・ロードバイクを乗ると毎回お尻が痛くなる… お尻の痛さを解消する方法を教えて欲しい。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事を読めば、ロードバイクのお尻の痛さを ...

サドル交換以外の方法で、お尻の痛さを解消できますよ。

4:お尻の痛さと付き合いながら、ロードバイクを楽しもう

本記事の内容をまとめます。

お尻が痛くならないサドル選びのコツは、下記3つ。

・パットの厚さ
・サドルの広さ
・穴あき付きか

上記を意識しながら、実際に色んなサドルを試乗して自分に合ったサドルを見つけてみて下さい。

セラ サンマルコSHORTFIT Open-Fit Dynamic 277MW401
※デザインがカッコイイ
※快適に走行できる

プロ(PRO) サドル
※日本メーカーで安心できる
※日本人に合う構造

SGODDE サドル
※デザインはカッコ悪いがお尻が痛くなりにくい構造
※価格が約2,000円と安い

なお、サドルを交換すれば軽減はできるけど、完全にお尻の痛さがなくなることはないです。

サドル交換以外の方法でお尻の痛さを解消したいという方は、下記記事を参考にしてみて下さい。

ロードバイクでお尻が痛くなる原因【解決方法も紹介】

Road bike

ロードバイクのお尻の痛さを解消する方法【6つ紹介】

2019/8/22  

ロードバイク歴5年以上のシゲです。 ・ロードバイクを乗ると毎回お尻が痛くなる… お尻の痛さを解消する方法を教えて欲しい。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事を読めば、ロードバイクのお尻の痛さを ...

ということ、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-Road bike

© 2021 shigeblog