WORK

社会人の挨拶は必要だが重要ではない【簡単な挨拶でOK】

社会人の挨拶は必要だが重要ではない【簡単な挨拶でOK】

こんにちは、シゲです。

・社会人は挨拶が重要と言われているけど、具体的にどう挨拶すればいいのかな?
・正しい挨拶をして、好感度を上げたい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

  • 1:社会人の挨拶は必要だが重要ではない【理由を解説】
  • 2:社会人に挨拶が必要な理由
  • 3:好感度を上げる方法

本記事を読み実践すれば、挨拶が重要でないことがわかり、好感度も上げることができます。

社会人歴10年以上の私が、ノウハウを共有しますね。

1:社会人の挨拶は必要だが重要ではない【理由を解説】

1:社会人の挨拶は必要だが重要ではない【理由を解説】

まずは、社会人の挨拶が重要でない理由から解説します。

具体的な理由は、下記4つです。

  • しっかり挨拶している人はほぼいない
  • まともに挨拶できない人も多い
  • 無理に頑張って挨拶をしても続かない
  • 挨拶は第一印象にしかならない

しっかり挨拶している人はほぼいない

正直、社会人を数か月経験すればわかりますが、しっかり挨拶している人の方が少ないです。

義務教育などで「挨拶は重要」と教えられるかもですが、実際には大半の大人もできていません。

例えば、街ですれ違うサラリーマンを見ても大半の人が挨拶していませんよね。

学校でも、教師同士が挨拶を交わしているところを見た時ありますか?

私は、見た時がありません。

上記のように、しっかりと挨拶をしていなくても、大半の人は働くことができています。

挨拶自体の重要性は低いため、重視する必要はありません。

まともに挨拶できない人も多い

なぜなら、社会歴10年以上の私が実際に、まともに挨拶ができていない人を多く見てきたからです。

今まで、100人以上の人と一緒に仕事をしてきましたが、自ら挨拶をする人は全体の2割以下でした。

私が以前勤めていた会社では、幹部社員でもまともに挨拶ができていなかったですね。

平社員の私達が挨拶をしても、無視する幹部社員すらいました。

このように、社会人でもまともに挨拶できない人が大勢います。

挨拶が重要というのは、嘘なので信じなくてOKです。

無理に頑張って挨拶をしても続かない

無理に頑張って挨拶をしても、すぐに疲れてしまうからです。

例えば、下記みたいな挨拶なら絶対に続きません。

  • ニコニコ笑顔で挨拶
  • 声を張って挨拶
  • 毎回、相手の目を見えて挨拶

正直、顧客としてしか上記のような挨拶を受けた時がないです。

接客で上記挨拶ができている人でも、全ての人に同じ挨拶ができる人はほぼいないはず。

このように、無理に頑張って挨拶をしても続きません。

挨拶を重要と考えるのは辞めるべきです。

挨拶は第一印象にしかならない

第一印象が良くても、中身がなくれば好かれることはできないからです。

例えば、車を購入するとして接客された時に、下記会話をされたら、車を買う気にならないはず。

  • 接客担当「いらっしゃいませ!!」
  • 自分(内心)「挨拶、元気が良くていいな~」
  • 自分「○○を購入したいと思っているんだけど…」
  • 接客担当「○○ですね。え~と、少々お待ちください」
  • ~10分経過~
  • 接客担当「お待たせしました。○○について分かりやすい資料を持ってきました」
  • 自分「購入して何か月くらい保証してくれるんですか?」
  • 接客担当「え~、確認して来るのでお待ち下さい」
  • ~10分経過~
  • 自分(内心)「全然、わかっていないじゃないか」

このように、挨拶は第一印象だけで、重要なのは中身です。

上記考え方は、人間性だろうがビジネスだろうが変わらない事実になります。

挨拶は第一印象にしかならないため、重要性は低いです。

挨拶は重要ではない!!

ここまで、解説してきた通り、挨拶は重要ではありません。

無理に頑張って挨拶をする必要はないです。

とはいえ、挨拶が全く必要ないわけではありません。

2章では、社会人に挨拶が必要な理由を解説します。

2:社会人に挨拶が必要な理由

2:社会人に挨拶が必要な理由

社会人に挨拶が必要な理由は1つだけで、単純に印象が悪くなるからです。

例えば、学校で、挨拶なくいきなり授業が始まり、授業中もただ教科書を読み上げるだけで、チャイムがなったらすぐに教室を出ていく先生がいたとします。

あなたなら、上記先生にどんなイメージを持ちますか?

私は“人間味がない冷たい人”と感じますね。

このように、挨拶がないだけで印象か悪くなってしまいます。

社会人にとって挨拶の重要性は低いのは確かですが、必要であることに変わりはありません。

挨拶を全くしないのはデメリットになるため、辞めておきましょう。

簡単な挨拶ができればOK

ここまで解説してきた通り、挨拶をしないと印象が悪くなるデメリットがあります。

しかし、安心して下さい。

大半の社会人もしっかりと挨拶ができていないため、下記簡単な挨拶ができれば問題ありません。

  • おはようございます
  • こんにちは
  • こんばんは
  • お疲れ様でした

正直、上記4つの簡単な挨拶ができない社会人も多いですよ。

上記4つができているだけでも、全体の5割以内には入れるはず。

あまり気を引き締めすぎず、上記4つを簡単な挨拶を実施しましょう。

3:好感度を上げる方法

3:好感度を上げる方法

とはいえ、「好感度を上げるにはどうすればいいの?」と疑問に感じる方もいるはず。

そこで、好感度を上げる方法を紹介します。

具体的には、下記3つです。

  • ① 返事をしっかりする
  • ② 仕事で実績を作る
  • ③ 相手のメリットになることを提案する

①返事をしっかりする

返事がしっかりできるだけで、相手にきちんと今の状況を伝えることができるからです。

逆に、返事ができないと会話が成り立たないため、信用されなくなります。

仕事依頼で例えると下記。

  • 上司「○○のやり方は、教えた通りだけど、一人でもできそう?」
  • 【OK】
  • 部下「はい。教えて頂きありがとうございます」
  • 部下「すみません。少し自信がないので、始めの1回だけ見てて貰えませんか?」
  • 【NG】
  • 部下「…」
  • 部下「えっ、あの~…」

このように、返事をしっかりするだけで、相手に自分の状況を把握して貰えるため、好感度が上がります。

仮に、あなたが返事をしない人と会話をしたとしても、「何考えているかわからない」と感じるはずです。

好感度を上げるには、返事をしっかりすることが重要。

②仕事で実績を作る

実績を作れば、周囲の手助けになるからです。

例えば、ある書類作成を自動化できる仕組みを作れば、同じ書類作成をする同僚も作業効率が上がり、仕事が楽になります。

また、空いた時間に、別の仕事を処理すれば、上司も喜びます。

このように、仕事で実績を作れば、好感度を上げることが可能です。

ただし、負担が自分に集中するデメリットもあるため、注意が必要になります。

③相手のメリットを提案する

ここまで解説してきた方法だけでも、十分に好感度を上げることができます。

しかし、もっと好感度を上げ方法もあります。

その方法は、相手のメリットを提案することです。

理由は、メリットを提案してくれる人には、仲間意識を持ちやすくなるから。

アニメで例えると、のび太にしずかちゃんが助言しているとかです。

もし、想像できないなら、好きな漫画・アニメで想像してみて下さい。

初対面同士が仲良くなるきっかけは、初めに相手のメリットを伝えていることはほとんどのはずです。

このように、周囲の好感度を上げたいなら、相手のメリットを提案することが重要。

相手のメリットを提案して、周囲と仲良くなってみて下さい。

ここまでが、好感度を上げる具体的な方法になります。

好感度を上げたい方は、上記3つの方法を試してみて下さい。

4:まとめ 社会人の挨拶は必要!!

本記事の内容をまとめます。

社会人の挨拶は重要ではありません。

理由は下記5つです。

  • しっかり挨拶している人はほぼいない
  • まともに挨拶できない人も多い
  • 無理に頑張って挨拶をしても続かない
  • 挨拶は第一印象にしかならない

とはいえ、印象が悪くならないためにも挨拶自体は必要です。

下記簡単な挨拶は続けましょう。

  • おはようございます
  • こんにちは
  • こんばんは
  • お疲れ様でした

上記4つの挨拶ができない人も多いため、上記だけで大丈夫です。

また、好感度を上げるなら、下記方法がおすすめ。

  • ① 返事をしっかりする
  • ② 仕事で実績を作る
  • ③ 相手のメリットを提案する

周囲と仲良くなるために好感度を上げたいなら、試してみて下さい。

なお、出世狙いで好感度を上げたいなら、おすすめしません。

理由は、出世を狙っても、恩恵が少ないからです。

詳しく知りたい方は、下記記事が参考になります。

出世をしない方が生きやすい【出世狙いは損】

WORK

出世をしない方が生きやすい【出世狙いは損】

2020/3/23  

こんにちは、シゲです。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は、下記になります。 1:出世をしない方が生きやすい【理由を解説】2:今後は、個人で稼げるスキルが重要 本記事を読み実践して頂け ...

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-WORK