WORK

仕事で数字に追われ苦痛に感じる時の対処方法【分析の時だけでOK】

仕事で数字に追われ苦痛に感じる時の対処方法【分析の時だけでOK】

こんにちは、シゲです。

・仕事で毎日数字に追われて苦痛に感じる…

・どうすれば、苦痛から抜け出せるの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記。

  • 1:仕事で数字に追われ苦痛に感じる時の対処方法
  • 2:【悲報】数字が正しいとは限らない

毎日数字に追われて、うんざりしていませんか?

正直、数字だけにこだわっても上手くいかず、苦痛に感じるだけです。

今度こそ、辛い状況から抜け出したいという方は、最後まで読み進めてみて下さい。

3分で読めます。

1:仕事で数字に追われ苦痛に感じる時の対処方法

1:仕事で数字に追われ苦痛に感じる時の対処方法

仕事で数字に追われ苦痛に感じる時の対処方法は下記。

  • 仕事を断る
  • 経営者側になる
  • 転職する

各々、詳しく解説していきますね。

仕事を断る

会社は、売上を上げ続けることが目的で、断らないと永遠数字を求めらるからです。

上司や会社の方針に従うのもいいですが、自分が不幸になったら元もこうもありません。

誰でも、自分の生活を豊かにすることを目標に仕事をしています。

数字を追って苦痛な状況は、本来の目的から逸脱してしまいますよ。

会社員だとずっと数字を求められることは変えられない事実です。

自分の裁量をコントロールするためにも、できないことはできないと言うことに重要です。

なお、仕事の断り方が分からないという方は、下記記事を参考にしてみて下さい。

具体的な断り方を紹介しています。

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

WORK

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

2020/1/30  

こんにちは、シゲです。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は下記になります。 1:仕事を断ることが重要な理由2:仕事を上手く断る方法3:【補足】仕事を断らなくてもいい時 本記事を読み実践 ...

経営者側になる

従業員のままだと、経営者に上手く使われてしまうからです。

会社の経営者が、従業員を雇っているのは、自分の代わりに実際の作業をしてもらうためです。

つまり、自分の理想や目標の売上値を達成するために、使われ続けるということになります。

さらに、質が悪いのは、目標の数字を達成しても、すぐに目標値を引き上げられることです。

  • 売上500万円目標→達成→700万円目標→達成→1000万円目標

上記のように、努力をしてもゴールが見えず、疲れてしまいます。

従業員である限り、上記のループは避けられません。

しかし、経営者側になれば、自分が実作業をしなくて済むます。

転職する

三つ目は、転職ですね。

繰り返しますが、会社員の場合、目標の数字(売上)を引き上げ続けるループからは絶対に抜け出せません。

数字にうるさい会社だと、疲弊するだけです。

それなら、転職して自分に合う仕事環境で働いた方が100倍いい生活ができます。

それに、1つの会社に長く勤め続けるのは、現代の働き方に合っていません。

終身雇用が崩壊した今、いつクビになってもおかしくないということを忘れてはいけないです。

理屈抜きに辛すぎるなら、辞めるのも一つの手ですよ。

転職サイトを貼っておきます。

今すぐ、転職をしないにしても、すぐに逃げ出せるように準備はしておいた方が良いです。

今すぐ登録して、自分に合いそうな会社をリサーチしておきましょう。

副業もあり

なお、「すぐに転職はリスクが高い…」という方は、副業から始めるのもありです。

なぜなら、会社に頼らず生きることができるようになるから。

例えば、副業のYouTubeで月30万円稼げたとしたら、会社を辞めても生活をできますよね。

副業で別の収入源を作ることで、退職する不安が一気に減ります。

それに、会社依存をしなくなるため、無理な目標数字の仕事は断れるようになります。

新しい知識やスキルも覚えられるので、是非試してみて下さい。

数字に追われたくないなら他人依存を辞めよう

ここまで解説してきた通り、下記方法を使えば、仕事で数字に追われ苦痛に感じなくなります。

  • 仕事を断る
  • 経営者側になる
  • 転職する

毎日、数字に追われたくないなら、是非試してみて下さい。

【仕事の断り方を知りたい方】

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

WORK

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

2020/1/30  

こんにちは、シゲです。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は下記になります。 1:仕事を断ることが重要な理由 2:仕事を上手く断る方法 3:【補足】仕事を断らなくてもいい時 本記事を読み ...

【転職】

【副業】

また、数字は正しくないことも十分あるので、追い求め続けるのは危険です。

上記を詳しく解説していきますね。

2:【悲報】数字が正しいとは限らない

2:【悲報】数字が正しいとは限らない

数字が正しいとは限らない理由は下記。

  • 理想を数字にしている可能性が高い
  • 数字はいつでも改ざんできる

各々、詳しく解説していきますね。

理想を数字にしている可能性が高い

数字に追われる時は、大半が理想の数字になっています。

  • 1クオーターの売上を守るために…
  • 右肩上がりで計画を立てて、顧客にプレゼンしないと…

こんな感じで、理想の数字を作ってそれを求めすぎている場合が多いんですよね。

理想を求めるのは悪いことではないですが、理想は理想で現実とは違います。

現実で数字を使わないといくら頑張っても、目標は達成できません。

数字はいつでも改ざんできる

数字はいつでも改ざんできます。

例えば、商品紹介してあるうたい文句の「○○でトップになった」とかも、大半の場合“自社調べ“なんですよね。

どんな調べ方をしているかは、想像にお任せしますが、いつでも改ざん可能です。

数字を扱っているのは人で、いつでも改ざんできるので、正しいとは限りません。

基本的に数字は分析の時のだけでOK

繰り返しますが、理想の数字はあくまでも理想でしかありません。

しかし、分析なら、現在や過去に対して行うため、次に繋がりやすいです。

例えば、来年の売上を数字で出すより、過去の売上からどう改善すれば売上を上げられるか考える方が現実味があり、成功に近づきやすくなります。

パン屋なら、来年の全体の売上を数値で出すより、過去5年のパン種類ごとに売上を計算して、何が売れていないか明確になり、売れていないパンの改善・対策をした方が、売上を上がりやすいですよね。

仕事で数字を使う時は、分析だけに特化するのもありです。

数字に追われると消耗するだけ

ここまで解説してきた通り、下記理由から数字は正しいとは限りません。

  • 理想を数字にしている可能性が高い
  • 数字はいつでも改ざんできる

数字を追い求め続けると痛い目に合う確率も高いです。

数字を追い求めるなら、分析に限定した方が消耗しにくいですよ。

数字は正しいとは限らないので、無理に追い求めるのは辞めましょう。

3:数字にこだわるのは辞めよう

本記事の内容をまとめます。

仕事で数字に追われ苦痛に感じる時の対処方法は下記。

  • 仕事を断る
  • 経営者側になる
  • 転職する

数字が正しいとは限らない理由は下記。

  • 理想を数字にしている可能性が高い
  • 数字はいつでも改ざんできる

断言しますが、数字に追われ続けても、人生が良い方向になることはないです。

仕事で数字に追われる時は、ほぼ他人の意思のため続けても損をしますよ。

自分で数字に追われる状況を作るなら納得できるので、他人依存している状況を抜け出しましょう。

【仕事の断り方を知りたい方】

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

WORK

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

2020/1/30  

こんにちは、シゲです。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は下記になります。 1:仕事を断ることが重要な理由 2:仕事を上手く断る方法 3:【補足】仕事を断らなくてもいい時 本記事を読み ...

【転職】

【副業】

-WORK