WORK

仕事の拘束時間とは?【拘束時間を短くする方法も紹介】

仕事の拘束時間とは?【拘束時間が長いと損をします】

こんにちは、シゲです。

・仕事の拘束時間が長くて、苦痛に感じる。
・仕事の拘束時間を短くするにはどうすればいいの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

目次

  1. 仕事の拘束時間とは?
  2. 仕事の拘束時間が長くなる原因
  3. 拘束時間が長いと損する理由
  4. 仕事の拘束時間を短くする方法

本記事を読めば、仕事の拘束時間を短くすることができ、仕事の辛さを軽減できますよ。

本記事で紹介する方法を使い、仕事の拘束時間を短くした私が、ノウハウを共有しますね。

1:仕事の拘束時間とは?

仕事の拘束時間とは?

仕事の拘束時間とは、「実作業」+「休憩」+「通勤」を合計した時間です。

拘束時間とは、労働時間(実作業)と違い、仕事に必ず掛かる固定時間と考えて頂ければ分かりやすいと思います。

例えば、下記の割合なら、11時間が仕事の拘束時間ですね。

実作業 =8時間

休憩  =1時間

通勤  =2時間

仕事に、1日の半分近い時間を使っていることになります。

文字だけだとイメージしずらいという方は、下記画像を参考にしてみて下さい。

拘束時間 基本

仕事の拘束時間は、「実作業」+「休憩」+「通勤」を合計した時間と覚えておきましょう。

2:仕事の拘束時間が長くなる原因

仕事の拘束時間が長くなる原因

仕事の拘束時間が長くなる原因は、下記2つ。

・残業、休日出勤が多い

・通勤時間が長い

各々、解説していきますね。

残業、休日出勤が多い

当たり前ですが、残業や休日出勤をすれば、「実作業」の時間が増えるからです。

定時退社する同僚Aと2時間残業する同僚Bを比べた結果は下記。

【同僚A】
実作業 =8時間
休憩  =1時間
通勤  =2時間
合計  =11時間

【同僚A】
実作業 =10時間
休憩  =1時間
通勤  =2時間
合計  =13時間

同僚Bは、1日2時間、1週間で10時間、仕事のために余計に時間を使ったことなりますよね。

このように、仕事の拘束時間が増えるのは、残業、休日出勤が多いからです。

通勤時間が長い

拘束時間が長くなるもう一つの原因は、通勤時間が長くなることです。

意外かもですが、通勤時間を改善するだけでも、人生の祝福度は上がります。

例えば、片道”1時間””15分”の人で、通勤にどれくらい時間を使っているか比べてみます。

【片道1時間】
1日  =2時間
1週間 =10時間
1ヵ月 =40時間
1年  =480時間

【片道15分】
1日  =30分
1週間 =2時間30分
1ヵ月 =10時間
1年  =120時間

年間で360時間=約8.6日分の差が出てきます。

正直、8日あれば海外旅行もできるくらいの日数ですよ。その分通勤しているとか人生無駄にしていますよね。

通勤時間が長くなることは、仕事の拘束時間が増える原因になります。

3:拘束時間が長いと損する理由

拘束時間が長いと損する理由

拘束時間が長いと損する理由は、下記3つ。

・プライベートの時間がなくなる

・給料が上がらない

・ストレスが溜まる

では、詳しく解説していきますね。

プライベートの時間がなくなる

仕事の拘束時間が長くなると、プライベートの時間が削られるため、損をしています。

定時で仕事を終わらせたとしても、1日で使えるプライベートの時間は、約5時間ほどしか確保することができません。

残業を2時間しただけでも、1日で使えるプライベート時間は、約3時間です。

※イメージ画像を貼っておきます。

拘束時間 残業

また、夕食を食べたり、お風呂に入ったりすることを考えたら、自分で使える時間は限りなく少ないですよね。

私も以前勤めていた会社で、残業続きだった時は、平日は”寝るためにだけ帰宅する”毎日でした。

このように、仕事の拘束時間が長くなると、プライベート時間がなくなります。

「でも、睡眠時間を削れば、もっと自由に使える時間を増やせる」と考えている方もいるはず。

確かに、睡眠時間を削れば、プライベートの時間は増やせます。

しかし、睡眠時間を削っても、昼間のコンディションが最悪になり、余計に仕事の拘束時間が増えますよ。

それに、睡眠不足は、将来病気になる可能性が高いです。

リスクが高すぎるため、睡眠時間を削ろうとするのは、辞めましょう。

仕事の拘束時間が長くなると、プライベートの時間が削られるため、損をしますよ。

給料が上がらない

給料が上がるかは、会社の経営状態が大きく影響するからです。

例えば、あなたが経営者だとして、赤字続きなのに従業員を昇給させますか?

私を含む大半の人は、昇給させないはず。

このように、どれだけ頑張って労働しても、給料が上がる可能性が低いです。

むしろ、会社のために時間を使うことになるため、損をしますよ。

仕事の拘束時間と、給料は無関係だということを忘れないで下さい。

「でも、残業代は稼げるよ」と考えている方もいると思います。

しかし、残業代は時給換算のため、労働時間を減らすことはできませんよね。

定時でも、プライベート時間が少ないのに残業したら、ほぼプライベート時間はないと考えて下さい。

仕事が好きなら残業もいいかもですが、プライベート時間をできるだけ増やすためにも、辞めるべきです。

ストレスが溜まる

本音で話せない人達と、自分のためにならない事をする時間が増えるからです。

好きじゃないことに、1日の半分以上の時間を使っていたら、ストレスが溜まるのは当然ですよね。

また、プライベートの時間が削られるため、ストレスを発散させることもできなくなります。

私は、11年勤めていた会社で、残業や休日出勤が多く、ストレスが溜まっていました。

在籍中は常にイライラしていて、体調が優れない日が多く、誰かを怒鳴りたいとも考えてしまうほどの精神状態でしたね。

退職後は、ストレスが軽減されて体調も良くなり、意味もなくイライラすることもなくなりました。

仕事の拘束時間が長くなると、ストレスが溜まるので注意が必要です。

4:仕事の拘束時間を短くする方法

仕事の拘束時間を短くする方法

仕事の拘束時間を短くする方法は、下記4つ。

・定時退社をする

・会社の近くに引っ越す

・転職する

・フリーランスになる

では、詳しく解説していきますね。

定時退社をする

常に定時退社をすることで、仕事の拘束時間を短くすることができます。

正直、拘束時間が長くなる原因の大半は、残業や休日出勤です。

当たり前のことを言っていますが、意外と実行できない人が多いですよ。

「残業や休日出勤はやりたくないけど、生活ができない」「会社の関係との関係が悪化する」などの不安があるからでしょう。

しかし、働く理由は、人生を楽しむためにお金を稼ぐだけですよね。

極端な事を言うと、職場仲良くする必要はないです。

それに、先ほどの繰り返しになりますが、残業や休日出勤をしても昇給はできません。

仕事を断り、定時で退社する生活を手に入れましょう。

なお、「仕事を断れない…」という方は、下記記事にコツを紹介しているので、試してみて下さい。

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

WORK

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

2020/1/30  

11年勤めた会社で、仕事が断れなくて損していた経験があるシゲです。 仕事を断りたいけど、断る勇気が出ない。 上手い断り方があれば教えて欲しいな~。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は下 ...

会社の近くに引っ越す

会社の近くに引っ越すことで、通勤時間を短くできるからです。

私も通勤時間を、片道1時間から15分に変えてから、ストレスが激減しました。

「たかが、通勤時間でしょう」と思うかもしれませんが、1ヵ月1年と長くなるにつれバカにできない時間になりますよ。

プライベート時間を増やすためにも、会社の近くに引っ越してみて下さい。

それに、睡眠時間も増やせるため、健康的にもいいですよ。

転職する

現在勤めている会社で、半強制的に残業や休日出勤をやらされている方は、転職もありです。

環境を変えれば、残業や休日出勤をしないで済むため、仕事の拘束時間を短くすることができます。

それに、人間関係もリセットできるため、残業や休日出勤を強要してくる上司や同僚とも会わなくて済み、気持ちが楽になりますよ。

仕事の拘束時間を短くするためにも、転職はありですよ。

なお、転職の不安が強いという方は、転職エージェントを使うのもありです。

無料で、転職に関するサポート・アドバイスをしてくれるため、不安な事を相談できます。

それに、給料が貰えている在籍中に、転職活動を始めれば、ほぼリスク0で転職できますよ。

転職の不安がある方は、不安を解消するためにも、まずは相談してみて下さい。

フリーランスになる

ハードルは高いですが、フリーランスになれば、自分で労働時間を決められるからです。

フリーランスは、全て自己責任になりますが、会社員と比べられないくらい自由ですよ。

私は、フリーランスになってから、ストレスフリーの生活ができています。

会社員だと、最低でも10時間は仕事に拘束されますが、フリーランスで稼げるなら、6時間でも3時時間以下でも問題ありません。

本気で、仕事の拘束時間を減らしたいなら、フリーランスの一択ですね。

とはいえ、「いきなりフリーランスになるのは、リスクが高すぎる」と感じる方もいるはず。

そこで、おすすめなのが副業で稼いでみることです。

副業で月20万円稼げるようになれば、会社に頼らなくても生活できるようになります。

リスクを回避するために、副業で月20万円稼げるようになってから、フリーランスになるのもありです。

仮に、月20万円稼げなかったとしても、お小遣いにはなるため、損することはありません。

将来的に、拘束時間を減らしたいなら、まずは副業を初めて、個人で稼ぐ感覚を身に付けましょう。

CrowdWorks(クラウドワークス)

※無料で利用可能
※会員登録者数100万人以上
※自宅ワーク可
※246種の仕事あり

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

-WORK

© 2021 shigeblog