LIFE

一人で行動する事は悪い事か?【結論:悪くない】

一人で行動する事は悪い事か?【結論:悪くない】

こんにちは、シゲです。

・一人は、周囲から寂しい奴と思われるだけど、自由で楽そう…
・一人で行動するのって実際はどうなの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:一人で行動する事は悪い事か?【悪くない理由を解説】
2:一人で行動する方法

本記事を読み実施すれば、一人行動のメリットが理解でき、一人で行動できるようになります。

11年勤めた会社を辞めて、現在フリーランス(一人)で働いている私がノウハウを共有しますね。

1:一人で行動する事は悪い事か?【悪くない理由を解説】

1:一人で行動する事は悪い事か?【悪くない理由を解説】

表題通りですが、一人で行動することは悪いことではありません。

むしろ、自分のためになることの方が多いですよ。

具体的な理由は、下記4つ。

・自己判断で行動できるようになる

・行動範囲と速度が速くなる

・他人が気にならなくなる

・めんどくさい人間関係に巻き込まれなくなる

詳しく解説していきますね。

自己判断で行動できるようになる

集団で行動していると、指揮官の判断で行動が決まるからです。

そのため、自己判断で行動することがなくなりますよね。

【例】
・学校
=教師の指示で、体育館に集められ校長の話を聞く

・会社
=上司の指示で、担当外の仕事を実施する

集団行動ばかりだと、徐々に自己判断で行動できなくなります。

悪い言い方をすると、他人の操り人形ですね。

他人の操り人形のまま生きるのは、辛すぎますよね。

自己判断で行動できるようになるためにも、一人行動は必要です。

行動範囲と速度が速くなる

他人に制限されなくなるからです。

例えば、世界一周をしたいと知り合いに伝えたら、下記のような言葉をかけられるはず。

・費用どうするの?

・世界一周は、最低でも3ヵ月は掛かるぞ

・それなら、将来のために貯蓄しておいた方が堅実だよ

こんな感じで、なるべく世界一周をされないような言動をされるはず。

自身でも「確かにリスクが高いし、もう少し考えよう…」と思ってしまい、世界一周に挑戦しなくなりますよね。

しかし、一人なら上記のような他人の言動を気にせず、すぐに世界一周に行けます。

一人行動は、自分の思った通りに行動ができるため、行動範囲と速度の向上に繋がりますよ。

他人が気にならなくなる

集団行動をしていると、常に誰かのことを考えないといけなくなり、ストレスになりますよね。

しかし、一人なら全て自己責任になる代わりに、他人を気にしなくて済みます。

例えば、同僚A・Bと一緒に仕事をしているなら、下記のようなことを考えながら、作業をしているはず。

・会議終わったら、書類作成をやりたいな~

・でも、同僚Aの作業進捗が悪いから、そっちを優先しないと…

・なんで、同僚Aは進捗が遅いんだよ!!

こんな感じで、常に他人のことを気にしてしまい、ストレスになります。

しかし、一人で仕事をしているなら、すぐに書類作成ができ、イライラすることはなくなりますよね。

ストレスの9割は、人間関係の悩みだと言われています。

ストレスを溜めないためにも、一人行動はおすすめですよ。

めんどくさい人間関係に巻き込まれなくなる

一人で行動すれば、他人の問題に首を突っ込むことがなくなるからです。

例えば、学校でもクラス内でいじめがあれば、当事者じゃなくても、連帯責任を理由に教師からの説教を聞かないといけなくなります。

正直、いじめに関与していないのに、説教されるとか意味が分からないですよね。

本音は「いじめに関与した人達だけで解決してくれ」と思うはず。

これが、リモートでの授業参加が認められている学校なら、リモートで授業を受けている生徒は対象外になるはず。

めんどくさい人間関係に巻き込まれなくなるためにも、一人で行動ができるようになった方が良いです。

一人で行動するのは全然あり

ここまで解説してきた通り、下記理由から、一人で行動することは悪いことではありません。

・自己判断で行動ができるようになる

・行動範囲と速度が速くなる

・他人が気にならなくなる

・めんどくさい人間関係に巻き込まれなくなる

「皆と同じようにしないと…」と不安に感じるかもですが、常に皆と居ても自分が成長できないままですよ。

一人でも行動できるようになることが、自分のためになります。

とはいえ、「いきなり一人で行動できるようになれと言われても無理だよ」と感じますよね。

そこで、一人で行動する方法を紹介していきます。

2:一人で行動する方法

2:一人で行動する方法

一人で行動する方法は、下記3ステップです。

①一人の時間を増やす

②自分を最優先に考え行動する

③誰にも言わず、自分のやりたい事を実施してみよう!!

正直、一人で行動ができるようになるかは、慣れで決まります。

上記ステップ毎に実施すれば、徐々に一人行動に慣れてきますよ。

では、詳しく解説していきますね。

①一人の時間を増やす

まずは、一人でいることに慣れる必要があるからです。

一人暮らしを始めると、一人が寂しく感じるという方も一定数いますよね。

しかし、一人でもやることがあれば、寂しさはほぼなくなりますよ。

例えば、一人で映画を見るとして、映画を見ている最中は一人の寂しさを感じないですよね。

むしろ、映画に集中しているため、「おもしろい」「楽しい」と感じているはず。

「誰かと一緒に居ないと寂しい…」という思いを軽減できれば、一人で行動できるようになります。

まずは、一人の時間を増やしてみて下さい。

②自分を最優先に考え行動する

一人で行動できる人は、自分を最優先に考えているからです。

【例】
・イチローさん
=自分の野球向上を一番に考え練習している

・起業した人
=会社の利益を最優先に、従業員に指示を出している

こんな感じで、一人で行動できる人は自分を最優先に考え行動しています。

人生は1度しかないため、自分を最優先に考え行動しましょう。

時間は、無限ではありません。

とはいえ、「我がままな人に見られない?」と不安に感じる方もいるはず。

確かに、周囲から見たら我がままに見えるかもですね。

しかし、周囲の人と一生付き合い続けるでしょうか?

たぶん、「一生付き合うことはないだろうな~」と感じているはず。

一番付き合い続けるのは、自分自身です。

一番そばにいる自分自身を大切にできない人が、他人を大切にできるはずがありませんよね。

一人で行動できるようになるためにも、自分を最優先に考え行動しましょう。

③誰にも言わず、自分のやりたい事を実施してみよう!!

とはいえ、「初めての一人行動は、怖いし不安だな~」と感じるはず。

そこで、おすすめなのが、“誰にも言わず自分のやりたい事を実施”してみることです。

なぜなら、誰にも言わずコッソリやれば、バカにされることはないから。

例えば、下記を周囲の人にやると宣言したら、「辞めておけ(笑)」とバカにされるはず。

・YouTuberになり、月50万円稼ぐ

・服の個人ブランドを作る

・ブログを本業にする

しかし、誰にも言わず挑戦して、仮に失敗したとしても、周囲にバレないため、バカにされることはありません。

一人行動のハードルを下げるためにも、“誰にも言わず“自分のやりたい事をやってみて下さい。

【注意】定期的に誰かと関わることは必要

ここまで、一人行動のメリットと方法をお伝えしてきましたが、1点注意点があります。

それは、定期的に誰かと関わること。

なぜなら、全て一人で生活するには限界があるからです。

例えば、全て一人で生活しようとすると、引きこもりになり、コミュニケーションが取れなくなりますよね。

買い物をする時でも、「袋はどうしますか?」など会話をする必要があるため、最低限のコミュニケーションは必要です。

私も基本、自宅に引きこもって生活していますが、2週に1回ほど友人と会って会話をするようにしています。

私は、基本一人行動、たまに他人と関わるくらいが、ストレスなく生活しやすいですね。

どれくらいの割合が良いかは、個人により異なるため、自分で試しながら調整してみて下さい。

3:一人で行動できるようになろう!!

本記事の内容を、まとめます。

一人で行動することは悪いことではありません。

理由は下記4つ。

・自己判断で行動ができるようになる

・行動範囲と速度が速くなる

・他人が気にならなくなる

・めんどくさい人間関係に巻き込まれなくなる

自己成長とストレスを抱えないためにも、一人で行動できるようになっておいて方が良いです。

なお、一人で行動する方法は、下記3ステップです。

①一人の時間を増やす

②自分を最優先に考え行動する

③誰にも言わず、自分のやりたい事を実施してみよう!!

正直、慣れるしかありません。

一人の時間を増やし、自分を最優先に考え、行動してみて下さい。

初めて一人で行動する時は、誰にも言わず行動すると、周囲からバカにされないため、おすすめですよ。

一人で行動できるようになるためにも、是非試してみて下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog