LIFE

偏見を持つ人にならないためには?【結論:新しい行動が重要】

偏見を持つ人にならないためには?【結論:新しい行動が重要】

こんにちは、シゲです。

・偏見を持つ人にはなりたくない…
・偏見を持つ人にならないためには、どうすればいいのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容


1:偏見を持つ人にならないためには?
2:偏見を持つ原因

本記事を読み実施すれば、偏見がなくなりますよ。

11年勤めた会社で、偏見を持った人が多かった私がノウハウを共有しますね。

1:偏見を持つ人にならないためには?

1:偏見を持つ人にならないためには?

偏見を持つ人にならないための方法は、下記3つです。

・新しいことに挑戦する

・あえて価値観が違う人と関わる

・環境を変えてみる

各々、詳しく解説していきますね。

新しいことに挑戦する

新しいことに挑戦すれば、経験値が増えるからです。

サラリーマンの印象で例えると、経験前と経験後ではイメージが全然違うはず。

【経験前】
・皆で協力して働いている

・頑張れば徐々に昇給していく

・徐々にスキルや知識が増える

【経験後】
・一部の人に任せてサボる人が多い

・頑張っても得するのは経営者だけ

・3年目以降はほぼスキルや知識は増えない

このように、経験後考え方が大きく変わります。

新しいことに挑戦すれば、事実がわかり偏見がなくなりますよ。

偏見がある人にならないためにも、新しいことに挑戦しましょう。

あえて価値観が違う人と関わる

自分とは価値観が違う人と関われば、広い視野を持つことができるからです。

例えば、働き方1つでも、サラリーマンの友達しかいなかったら、「正社員が絶対に良い」という固定概念ができるはず。

しかし、フリーランスとして月100万円稼いでいる友達がいれば、「正社員で働く以外もあり」だと考えられますよね。

このように、あえて価値観が違う人と関わってみるのもありですよ。

価値観の違う人と関り、偏見をなくしましょう。

相手を否定しないことが大切

なお、価値観が違う人と関わる時に注意点が2つほどあります。

1つ目は、相手を否定しないことです。

なぜなら、相手の考えを否定してしまうと、人間関係が悪くなるから。

あなたも自分の意見をいきなり全否定されたら、ムカつきますよね。

関係が悪化したら、当たり障りがない会話しかできなくなり、自分では考えつかないような意見を聞けなくなるため損ですよ。

お互い良い関係を保つためにも、相手を否定するのは辞めましょう。

自分も間違えることを認める

2つは、自分も間違えることを認めることです。

「自分の考えが絶対に正しい」と考えてしまうと、相手の意見を受け入れらなくなるからです。

完璧な人間なんていませんよ。

偏見をなくすためにも、自分も間違える時はあるということを忘れないで下さい。

偏見を持つ人と関わらないのも重要

また、偏見を持っている人と関わないことも重要です。

理由は、人は関わる人の影響を大きく受けるから。

例えば、貧乏な人とばかり付き合っていたら、お金を使うのを渋るようになりますよね。

また、お金持ちばかりと付き合っていたら、思っている以上に出費をするはず。

上記と同じように、偏見を持つ人とばかり関わると、偏見を持つようになってしまいますよ。

それに、すべて無意識で行っているため、自分を疑わないのも達が悪いですよね。

偏見を持たないためにも、偏見を持っている人とは関わらないでおきましょう。

環境を変えてみる

環境を変えれば、考え方が大きく変わるからです。

例えば、今から海外に移住したら、生活が全然変わりますよね。

日本では、主食はお米ですが、パンやフルーツなどに一気に変わるはず。

また、自分が外国人として見られる経験を得られるため、今後自分が外国人を見る時の考え方が大きく変わります。

このように、環境を変えると考え方が大きく変わるため、偏見がなくなりますよ。

偏見をどうしても治したいと考えている方は、思い切って環境を変えるのもありです。

偏見を持つと嫌われる

なお、このまま何もせずにいると偏見を持った人になってしまいますよ。

偏見を持つと、周囲は頑固な人と感じ嫌われます。

人間関係を悪化させて、自分だけ浮かないためにも、今すぐ行動を始めましょう。

成長できなくなる

もう一つ、偏見を持つと成長できなくなります。

例えば、会社の上司に従っていればいいと考えていると、新しい知識やスキルは覚えられないし、上司から良い評価を貰うこともなくなりますよ。

偏見を持つと成長できなくなるため、絶対に持たない方が良いです。

偏見を持つ人にならないために努力しよう

ここまで解説してきた通り、下記方法を実施し続ければ、偏見がなくなります。

・新しいことに挑戦する

・あえて価値観が違う人と関わる

・環境を変えてみる

偏見になるのは、現状維持を続けているからですよ。

新しいことをしていれば、思考が柔軟になるので偏見がなくなります。

今から始めない方は、偏見を持てしまい結果的に損をしますよ。

偏見を持たないためにも、今すぐ始めてみて下さい。

2:偏見を持つ原因

2:偏見を持つ原因

ここからは補足になるので、原因を知らなくてもいいという方は読まなくて大丈夫です。

偏見を持つ原因は、下記3つ。

・経験で物事を考えている

・現状維持を続けている

・自分が正しいと考えている

詳しく解説していきます。

経験で物事を考えている

人は、自分の経験から物事を判断しているからです。

例えば、失敗はダメだという考えも、失敗をせずに避けて生きているからですよ。

しかし、結果を出しているスポーツ選手でも、一回も負けずに世界一になれる人なんていないですよね。

失敗して負けた経験があるからこそ、結果を出すことができています。

このように、経験が増えないと考え方が偏りますよ。

現状維持を続けている

現状維持を続けていると、考え方を変える機会がなくなるからです。

例えば、毎日同じ人としか働いていないなら、新たな意見が出ないため仕事のやり方が変わらないですよね。

しかし、一緒に働く人が変われば、働き方が大きく変わります。

現状維持を続けるほど、偏見を持ってしまいますよ。

自分が正しいと考えている

繰り返しになりますが、自分が正しいと考えていると他人から嫌われるからです。

頑固な人を、好きになれない人の方が多いですよね。

自分が正しいと考えると、他人の意見が間違っていると感じるため、偏見を持ってしまいますよ。

3:偏見を持つ人にならないように今すぐ行動しよう!!

本記事の内容をまとめます。

偏見を持つ人にならないためには、下記3つの方法を試してみて下さい。

・新しいことに挑戦する

・あえて価値観が違う人と関わる

・環境を変えてみる

偏見を持ってしまうのは、下記が原因ですよ。

・経験で物事を考えている

・現状維持を続けている

・自分が正しいと考えている

偏見を持たないためにも、本記事で紹介した方法を是非試してみて下さい。

正直、今始められない人は、将来確実に偏見を待った人になります。

偏見を持たないためにも、変化を恐れずに生きていきましょう。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE