LIFE

人に笑われるのが嫌いでも、挑戦は辞めるな!!【価値が生まれる】

人に笑われるのが嫌いでも、挑戦は辞めるな!!【価値が生まれる】

こんにちは、シゲです。

・自分の思った行動をして、人から笑われると嫌な気分になる。
・人から笑われ続けると辛いし、他人に合わせて行動した方がいいのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:人に笑われるのが嫌いでも、挑戦は辞めるな!!【理由を解説】
2:人に笑われるのが辛すぎる時の対処方法

本記事の内容を読み実践すれば、人に笑われるのが嫌いでも挑戦し続けることができます。

また、人に笑われて辛すぎる時の対処方法も紹介しているので、精神的辛さを減らすこともできますよ。

知り合いに、ブログで収益化を狙っていると伝え、笑われた経験がある私がノウハウを共有しますね。

1:人に笑われるのが嫌いでも、挑戦は辞めるな!!【理由を解説】

1:人に笑われるのが嫌いでも、挑戦は辞めるな!!【理由を解説】

表題通りですが、人に笑われるのが嫌いでも、挑戦は辞めないで下さい。

理由は下記3つ。

・結果を出せば、笑われることがなくなる

・自分だけの価値ができる

・他人に合わせて生きても、自分のためにならない

結果を出せば、笑われることがなくなる

笑っている人の予想を上回ることができるからです。

サッカーで例えるなら下記。

・サッカーのプロ選手になりたい
=ハッハッハ、無理でしょう

・サッカーの全国大会に出場
=もしかして、本当になれるかも…

・Jリーグのチームにスカウト
=前々から、やる奴だと思ったんだよ

こんな感じで、結局は結果次第で笑われなくなるんですよね。

笑われるのは、笑う人の予想の範囲を超えていないからです。

予想を上回れば、笑われることはなくなるため、挑戦を続け結果を出しましょう。

自分だけの価値ができる

人から笑われるということは、他人にはできないと思ったことに挑戦しているからです。

できるようになれば、他人にはない価値が作れますよ。

【例】
・ブログで10万円稼ぐ
=文章で商品を売る技術が身に付く

・プロの歌手になる
=歌で人を感動させるスキルが身に付く

・通販番組の商品紹介で、月1,000万円売り上げる
=視聴者の行動意力を高めるスキルが身に付く

このように、人に笑われることを追求していけば、他人にはない自分だけの価値を作ることができます。

生涯一番付き合い続けるのは、自分自身ですよね。

いつまで付き合うか分からない他人よりも、自分を大切にしましょう。

自分の価値を高めるために、人に笑われても気にせず、挑戦し続けてみて下さい。

他人に合わせて生きても、自分のためにならない

他人に合わせても、利用されてしまうからです。

会社で例えるなら、上司の言うことに従っているだけでは、下記状況になるだけですよ。

・昇給できない

・残業や休日出勤が増える

・新しいスキル、知識を覚えられない

・周囲からは、ゴマすり野郎と思われ、嫌われる

自分が損をしていますよね。

他人に合わせても、自分のためになりません。

笑われるのが嫌で、他人に合わせても、自分が損をするだけですよ。

自分のために、人から笑われても気にせず、挑戦し続けましょう。

大半の人は関わらなくて問題ない

見出し通りですが、大半の人は関わらなくても問題なく生きていけます。

理由は、たまたま同じ環境で過ごしているだけだからです。

私は、過去に11年同じ会社に勤めていた経験があります。

在籍中に関わっていた人は、100名以上いましたが、退職後に会っているのは2~3名程度です。

あなたも、学生の時に関わっていた同級生や先生の大半は、今会っていないはず。

このように、大半の人は関わらなくても生きていけます。

笑われても、「将来関わらなくなる人だから」と考えれば、気持ちが楽になるはずですよ。

将来関わらなくなる人に合わせて行動を変えても、自分が損をするだけなので、挑戦を続けましょう。

人に笑われても、挑戦し続けよう!!

ここまで解説してきた通り、人に笑われても挑戦し続ければ、自分のためになります。

人に笑われるのは嫌いと感じるかもですが、大半の人はたまたま環境が同じになっただけで、本来関わらなくても問題ない人達です。

生涯一番付き合い続ける自分のために、挑戦を続けてみて下さい。

とはいえ、「人に笑われると嫌な気分になるし、精神的に辛い…」と感じる方もいるはず。

確かに、辛い状況が続くとモチベーションも低下するし、上手く結果が出せない可能性が高くなります。

そこで、人に笑われるのが辛すぎる時の対処方法を紹介しますね。

人に笑われるのがどうしても耐えられないという方は、ぜひ試してみて下さい。

2:人に笑われるのが辛すぎる時の対処方法

2:人に笑われるのが辛すぎる時の対処方法

人に笑われるのが辛すぎる時の対処方法は、下記3つです。

・一旦挑戦を辞める

・挑戦することを他人に伝えない

・環境を変えて関わらない

一旦挑戦を辞める

一旦挑戦を辞めれば、笑われることがなくなり、嫌な気分にならずに済むからです。

例えば、上司のパワハラを我慢し続けてうつ病になったら、社会復帰まで相当な時間と労力がかかりますよね。

自分の心身が壊れてしまったら、元も子もないですよ。

1番大切にするべきことは、自分の心身です。

辛い状況が続き、結果が出る前に自分がダメになりそうなら、一旦挑戦を辞めましょう。

挑戦することを他人に伝えない

一旦、挑戦を辞めて、気持ちに余裕ができたら、挑戦を再開しましょう。

ただし、今度は挑戦することを他人に伝えずに挑戦すべきです。

他人に伝えずに挑戦すれば、笑われることはなくなりますよ。

私もブログを始める前に、知り合いに「ブログで収益化を狙っている」と話したら、笑われました。

数日後に「いくら稼げたの?」と聞かれ、「5円ほど」と答えた時も笑われましたね。

正直、めちゃくちゃ嫌な気分になりました。

その後に、その知り合いとブログの話をすることは辞め、ブログのことを聞かれても、「辞めた」の一言だけ返事を返していましたね。

しかし、実際は今でもブログ記事を毎日更新しています。

笑われることもなくなり、嫌な気分にならないまま、ブログを続けられていますよ。

笑われるのが嫌いなら、挑戦することを他人に伝えない方法もありです。

環境を変えて関わらない

環境を変えれば、挑戦を応援してくれる人達と関われるからです。

私が、ブログで収益化を狙っている話をリアルの知り合いにしたら、大半の人に笑われ反対されました。

しかし、SNSで私と同じくブログで収益化を狙っている人達と絡むと、必ず応援してくれましたね。

このように、笑われるか応援してくれるかは、環境により大きく左右されます。

笑われるのはどうしても耐えられないなら、応援してくれる環境に変えるのもありですよ。

全て考えが一致する人はいないため、目的に合わせて付き合う人を変えましょう。

3:つまらない人にならないためにも、挑戦し続けましょう!!

本記事の内容をまとめます。

人に笑われるのが嫌いでも、挑戦を続けましょう。

理由は、下記3つ。

・結果を出せば、笑われることがなくなる

・自分だけの価値ができる

・他人に合わせて生きても、自分のためにならない

人に笑われても結果を出せば、笑われなくなりますよ。

また、他人に合わせていも、利用させて自分が損をするだけです。

自分の価値を高めるためにも、挑戦し続けましょう。

ただし、笑われることがどうしても耐えられないなら、下記を実施してみて下さい。

・一旦挑戦を辞める

・挑戦することを他人に伝えない

・環境を変えて関わらない

嫌な気分にならずに、挑戦し続けることができますよ。

人は誰でも自分のために生きています。

他人の評価など気にせず、自分のために挑戦し続けてみて下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog