WORK

うざい上司と関わるとストレスが溜まる理由【対処方法も紹介】

うざい上司と関わるとストレスが溜まる理由【対処方法も紹介】

11年同じ会社に勤めて経験があるシゲです。

私も過去に、うざい上司と関わってしまい、ストレスを抱えていました。

今回は、私の体験も含め「うざい上司と関わるとストレスが溜まる理由」について解説していきます。

・うざい上司と関わっていると、ストレスが溜まる。
・うざい上司と関わるとストレスが溜まる理由を知りたい。
・うざい上司の対処方法を知りたい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事を見れば、うざい上司からのストレスを無くすことができます。

では、詳しく解説していきますね。

目次

  1. うざい上司と関わるとストレスが溜まる理由
  2. うざい上司の対処方法

1:うざい上司と関わるとストレスが溜まる理由

うざい上司と関わるとストレスが溜まる理由

うざい上司と関わるとストレスが溜まる理由は、下記4つになります。

・上司の性格が悪い

・上司が仕事をしていない

・上司が変わることを期待している

・自ら行動を起こしていない

では、詳しく解説していきます。

上司の性格が悪い

上司の性格が悪いと、うざいと感じストレスが溜まる原因になります。

上司の性格が悪いと、自分に合っていないと感じるからです。

自分と合っていない人と、長時間同じ空間で過ごしたら、ストレスが溜まるのは当然ですね。

下記のような、性格の上司がうざいと思われることが多いです。

・上司自身の利益しか考えていない

・細かいことを永遠と気にしている

・必ず上から目線

・一言の嫌味を言ってくる

上記のような性格の人は、誰でも“この人として関わりたくない”と感じますよね。

つまり、性格が合わない上司と時間を共有していることが、ストレスが溜まる原因になっています。

上司が仕事をしていない

上司が仕事をしていないと、上司をうざいと感じ、ストレスが溜まる原因になります。

上司がきちんと仕事のしているなら、性格が合わなくてもある程度許すことができます。

しかし、上司が仕事をしていないと、「上司はやっていないのに、自分だけ…」と感じ、多くのストレスが溜まるからです。

仕事をしない上司の特徴は下記になります。

・指示が丸投げ

・無駄な話が長いし多い

・プライベートまで関わろうとする

つまりは、「この上司いらなくない?」と感じながらも、会社の立場的に従わないといけないからです。

誰でも、やってない人に言われても、信用できないですよね。

上記理由から、上司が仕事をしていないと、上司がうざいと感じ、ストレスが溜まる原因になります。

上司が変わることを期待している

上司が変わることを期待していると、ストレスが溜まる原因になります。

下記のように、うざい上司や環境の変化に期待していても、他人の性格や行動は変えることができないからです。

・うざい上司の性格が変わってくれる

・上司が転勤などしてくれないかな

そのため、“他人”や“環境の変化”に期待していても、自分の不満は解決できず、長時間ストレスが溜まっていくだけです。

私は、過去に11年同じ会社に勤めていた時に、上司が3回ほど変わりましたが、全員“部下に仕事を丸投げ”する上司でした。

つまり、人が変わっても環境が同じなら、対応は変わらないということです。

また、“環境の変化”に期待しても、現環境を好む人もいるため、11年間で大きな環境の変化はありませんでした。

結果的に、期待をしていても、うざい上司と関わることは必要で、ストレスが減ることはなかったです。

上記理由から、上司が変わることを期待していると、ストレスが溜まる原因になります。

自ら行動を起こしていない

自ら行動を起こしていないと、うざい上司によるストレスが溜まる原因になります。

先ほども説明しましたが、“他人”や“環境”に期待していても不満を解決できません。

ストレスの原因になっている不満を解消するには、自ら行動を起こさないと解決できないからです。

※記事後半で、具体的な行動方法を紹介していますので参考にして下さい。

私は、自ら行動して、11年勤めた会社を退職しました。

辞めるまでは、「10年以上勤めてきた会社だし、愛着もある」「でも、ストレスが溜まり、胃が痛い」と相当悩みました。

しかし、「行動しないと、不満は解決できない」と決断し、退職を選びました。

結果、1ヵ月ほどで、ストレスが軽減され、胃が痛くなくなりました。

私は、一気に気持ちが楽になり、「長期間悩んで苦痛だったことが、自分から行動するだけで、こんなに簡単に解決できるんだ」と感じました。

上記理由から、自ら行動を起こしていないと、うざい上司によるストレスが溜まる原因になります。

2:うざい上司の対処方法

うざい上司の対処方法

基本的には、上司の性格や行動は変えられないため、うざい上司と関わる時間を減らすことが重要です。

具体的なうざい上司の対処方法は、下記2つになります。

・上司より良い実績を作る

・環境を変える

では、詳しく解説していきます。

上司より良い実績を作る

上司より良い実績を作ることで、うざい上司からのストレスを減らすことができます。

上司より良い実績作れるということは、上司の指示が必要なく、仕事を処理できるということです。

つまり、うざい上司と関わる時間を減らせるため、うざい上司からのストレスを軽減させることができるからです。

具体的に例えると下記になります。

営業職 = うざい上司より契約数を1.5倍にする

コールセンター = 1日の電話対応数をうざい上司の2倍にする

WEBライター = 1日の記事数をうざい上司の1.7倍にする

ちなみに、今回は私が適当に倍率を決めましたが、うざい上司との差が少ないと効果は薄くなります。

差が小さいと周囲は「たまたまでしょ」と認めてくれない可能性があり、結果的に現状維持になってしまいます。

そのため、最低でも目標を“1.5倍”に設定しましょう。

ちょっと冷たい言い方をすると、「無理だよ」と感じるかもですが、それくらいやらないと、不満を解決することはできません。

上記理由から、上司より良い実績を作ることで、うざい上司からのストレスを減らすことができます。

環境を変える

環境を変えることで、うざい上司からのストレスを無くすことができます。

うざい上司でストレスを抱えているなら、うざい上司と関わらなくれば、問題を解決できるからです。

具体的な環境を変える方法は下記です。

・退職する = 疲れ切っている方向け

・転職する = 収入を安定させたい方向け

まずは、退職から説明しますね。

仕事のストレスで、「疲れ切っていて何もやる気が出ない」「次のことを考える余裕がない」という人は、一度退職して英気を養う必要があります。

やる気がないまま、次に進んでも良い結果は出ません。

私も、仕事のストレスで疲れ切っていたため、退職して1か月ほど英気を養っていました。

結果1ヵ月でやる気を取り戻すことができたので、人生って休むことも大切なんだなと実感できました。

いきなり退職するのが、怖い人は、Twitterとか見ればわかりますが、結構ニートとか多いので、仲間がいっぱいいますよ。

上記理由から、疲れ切っている人は、一度退職して英気を養うのもありです。

次に、転職について説明します。

家庭を持っている人などは、家族を養うために転職を望む方が多いはずです。

まずは、現在の会社に在籍中に転職活動を始めましょう。

転職活動をするなら、転職エージェントを利用するのもありです。

転職エージェントとは、企業と個人の仲介役になってくれて、転職に関することを支援してくれるサービスです。

たとえば、個人では調整しづらい、給料面などを個人の代わりに、企業と調整してくれるなどです。

代表的な転職エージェントを貼っておきます。

全て無料で利用できるため、損しませんよ。

doda 転職エージェント

リクルート 転職エージェント

退職・転職自分に合った方を選んでください。

自分の不満に思っていることは、他人じゃ解決できないため、自分で行動してこそ解消することができます。

私も、フリーランスとして稼ぐのに、自分で行動を続けています。(ブログ毎日更新など)

私も頑張るので、一緒に頑張りましょう。

ということで、以上になります。
最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

-WORK

© 2021 shigeblog