WORK

上司から残業を強要され断れない理由【対処方法も紹介】

上司から残業を強要され断れない理由【対処方法も紹介】

こんにちは、シゲです。

・上司が残業を強要してきて、やりたくないが断れない…
・上司から残業を強要され断れない理由を知りたい。
・上司から残業を強要された時の対処方法を知りたい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記。

  • 1:上司から残業を強要され断れない理由
  • 2:上司から残業を強要された時の対処方法

11年同じ会社に勤めた経験がある私も過去に、上司から残業を強要され、断ることができず、結果的に自分が損をしているだけでした。

私と同じような経験をしてもらいたくないため、今回は「上司から残業を強要され断れない理由」について解説していきます。

記事後半には、対処方法も紹介していきます。

1:上司から残業を強要され断れない理由

上司から残業を強要され断れない理由

上司から残業を強要され断れない理由は、下記3つになります。

  • 上司が率先して残業をしている
  • 低収入
  • 今後の人間関係

では、詳しく解説していきます。

上司が率先して残業をしている

上司から残業を強要され断れない理由は、上司が率先して残業をしているからです。

上司自身が、率先して残業をしていると、「上司や周囲は残業しているのに、私だけ定時で帰るのは申し訳ない」と考えてしまうからです。

しかし、残業が必要になった原因は、上司のマネージメント能力の低さが原因です。

上司の作った原因は、上司が責任を負えばOKなので、一緒に責任を負う必要はありません。

たとえば、同僚の進捗が遅延して納期が近いから、残業でヘルプを頼まれるとしましょう。

これは、上司・同僚の両方に原因があります。

  • 同僚=仕事を遅延させた
  • 上司=同僚の進捗遅延に納期ギリギリまで気づかず、対応が遅れた

上記状況で、上司からヘルプを頼まれたら、仲間意識から断りづらくなり、結果上司からの残業強要を断ることができなくなります。

しかし、結果だけ見てみると、自分だけが損をしています。

  • 上司:人手が増えたから仕事が楽になった
  • 同僚:上記と同じ
  • 自分:仕事時間が増え、会社からの評価も変わらない

上記理由から、上司から残業を強要され断れない理由は、上司が率先して残業をしているからです。

しかし、断らないと自分が損をするだけなので、勇気をもって断りましょう。

具体的な断る方法は、記事後半で紹介します。

低収入

上司から残業を強要され断れない理由は、低収入だからです。

低収入だと、残業で少しでも収入を増やしたいと考えいるため、上司からの残業強要を強く断ることができないからです。

過去の私も同じで、残業代で少しでも収入を増やさないと、生活が厳しかったからです。

しかし、サービス残業も多く、実際に作業した時間で考えてみると、割に合っていない額でしたね。

上記理由から、上司から残業を強要され断れない理由は、低収入だからです。

しかし、時間換算で考えると、圧倒的に残業での収入は少ないため、残業時間を別なことに当てた方が収入を増やすことができます。

今後の人間関係

上司から残業を強要され断れない理由は、今後の人間関係を悪化させたくないと考えているからです。

上司とは、一日の半分近い時間を一緒に過ごしているため、人間関係が悪くなると、日々の生活に支障が出てしまうからです。

しかし、人間関係を悪化させる原因を作ったのは、上司からです。

また、そんな上司と人間関係を良くしようとしても、自分が損をするだけです。

私が、11年勤めていた会社でも、上司との人間関係を気にして、上司から残業を断れず、年間残業700Hを11年続けていました。

しかし、私がストレスなどを理由に、退職希望を伝えた後、一切声を掛けられることもなくなりました。

結果、退職日当日もほぼ会話することもなく、退職後も一切会ったり連絡を取り合うことはなかったです。

つまり、自分だけ上司と人間関係を良くしようと残業をしても、自分が損をしているだけでした。

上記理由から、上司から残業を強要され断れない理由は、今後の人間関係を悪化させたくないと考えているからです。

しかし、「退職後まで、付き合いがあるか?」と考えたら、上司と人間関係を良くしている必要なんてほぼないはずです。

2:上司から残業を強要された時の対処方法

上司から残業を強要された時の対処方法

上司から残業を強要された時の対処方法は、下記3つになります。

  • 断る
  • 副業を始める
  • 環境を変える

では、詳しく解説していきます。

断る

上司から残業を強要された時の対処方法は、断ることです。

当たり前かもしれませんが、断らないと残業を辞めることができないからです。

また、残業を断ることで、メリットが増えます。

  • 疲れにくくなる
  • 仕事時間を減らせる
  • ストレスが溜まりづらい
  • 余計な仕事が回ってこない
  • プライベートの時間が増える
  • 嫌いな上司や同僚に合わなくて済む など

デメリットは、下記になります。

  • 収入が減る =微々たるものなので、別の収入源を見つける
  • 会社の評価が低い =そもそも、評価されているのは一部のエリートだけ
  • 人間関係が悪化 =仕事以外で関わることがないので問題なし

断らない理由がないですね。

では、具体的な断り方を紹介していきます。

断り方のポイントは下記2つです。

  • プライベートの理由で断る
  • 正直に断る

プライベートの理由で断ることで、上司は介入できない領域になるため、反論されにくくなります。

たとえば、主婦が、「子供の世話がある」などの理由で残業を断ることができているのは、プライベートの理由で断っているからです。

多少の嘘をついてもいいですが、全く違う嘘を言うのは辞めましょう。

バレた時に信頼を失うからです。

割合的には、7:3(事実:嘘)くらいが良いと思います。

次に、正直に断ることですが、これは、残業を作った原因が自分ではないと主張すれば、OKです。

論理的に説明すれば、断ることができますし、次から残業を強要してくることもなくなるため、おすすめです。

上記理由から、上司から残業を強要された時の対処方法は、断ることです。

副業を始める

上司から残業を強要された時の対処方法は、副業を始めることです。

低収入の方は、生活を理由に残業をしている場合が多いですよね。

しかし、そもそも収入を増やせれば、方法なんてなんでも良いはずです。

そのため、副業をして収入を増やすことができれば、残業自体が必要なくなるからです。

たとえば、WEBライターで、1文字単価2円で、毎日3,000文字作成し続ければ、1日6,000円の収入になり、1ヵ月続ければ、18万円ですね。

私は、毎日3,000~3,500文字ほどの記事を量産しているため、やる気になれば、月18万円は稼ぐことができます。

WEBライターなら、文字を書くことさえできれば、誰でも実施できるので、おすすめです。

副業を始めるなら、クラウドソーシングを利用すると便利です。

クラウドソーシングとは、ネットで簡単に、仕事を受注できるサービスです。

仕事内容も誰でもできるアンケート回答から、単価が高いシステム開発まで、様々な仕事があります。

代表的なクラウドソーシングを貼っておきます。

無料で利用することができるので、登録だけでもしておきましょう。

上記理由から、上司から残業を強要された時の対処方法は、副業を始めることです。

環境を変える

上司から残業を強要された時の対処方法は、環境を変えることです。

いくら断っても、パワハラ発言で残業を強制する上司はいます。

パワハラ上司の場合は、感情だけで言動を変えるため、環境を変えることしか不満を解消できないからです。

環境を変える方法を下記2つです。

  • 退職する =気持ちに余裕がない方向け
  • 転職する =気持ちに余裕がある方向け

まずは、退職から説明します。

現職場で、ストレスや疲れ切っていると、次の事を考える余裕がなくなります。

そのような人は、退職をして、英気を養うのもありです。

余裕がないまま、転職活動をしても、良い結果を出すことができないからです。

私も退職後1ヵ月くらい休養をとり、精神が安定して、やる気を回復することができました。

上記から、気持ちに余裕がない方は、まず退職をして英気を養うのもありです。

次に転職ですが、転職は、収入を上げるチャンスでもあるので、上手く活用しましょう。

転職活動をするなら、転職エージェントを利用すると便利です。

転職エージェントとは、企業と個人の仲介役になってくれて、転職の不安をサポートしてくれるサービスです。

たとえば、給料面だと、個人の代わりに企業と調整してくれたりもしてくれます。

代表的な転職エージェントを貼っておきますね。

無料で利用できるので、損はしませんよ。

ということで、以上になります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-WORK