WORK

無責任な仕事をする人への対応方法【無責任を受け入れよう】

無責任な仕事をする人への対応方法【無責任を受け入れよう】

こんにちは、シゲです。

・無責任な仕事をする人にイライラする
・無責任な仕事をする人を変えるには、どうすればいいの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容


1:無責任な仕事をする人への対応方法
2:人は誰でも無責任な話

あなたも、無責任な仕事をする人にうんざりしていませんか?

私は11年勤めた会社で、無責任な仕事をする人が多く、イライラしていたが、本記事で紹介する方法を使い、無責任な仕事をする人にイライラしなくなりました。

今度こそ、無責任な仕事をする人に巻き込まれたくないという方は、最後まで読んで頂き、是非実践してみて下さい。

1:無責任な仕事をする人への対応方法

1:無責任な仕事をする人への対応方法

無責任な仕事をする人への対応方法は下記。

①期待しない

②自分の担当している仕事に集中する

③協力は絶対にしない

各々、詳しく解説していきますね。

①期待しない

無責任な人に期待しても、裏切られて何度もイライラするからです。

例えば、遅刻常習犯に遅刻をしないように注意しても、また遅刻しますよね。

その度に、「何でわかってくれないの?」とイライラするはず。

しかし、期待しなくなれば「へぇ~」と感じる程度で、イライラしなくなります。

期待しても何度も裏切られてイライラし続けるだけです。

イライラしないためにも、期待を辞めましょう。

②自分の担当している仕事に集中する

とはいえ、「一緒に協力する仕事だしな~」と感じる方もいるはず。

しかし、自分の担当している仕事だけを処理できれば、自分が責められることはないです。

仕事内容が同じでも、無責任な人に仕事を任せたのは上司ですよね。

それなら、仕事が終わらないのは、任命した上司の責任です。

また、仕事をするのは、自分の生活が豊かになるためで、同僚や上司と仲良くするためではないですよ。

協力して終わらせる必要性はないため、自分の担当している仕事に集中して処理しましょう。

③協力は絶対にしない

しかし、上司に「同じ仕事をしているんだし、協力してくれ」と頼まれるはず。

頼まれたとしても、絶対に協力してはいけません。

なぜなら、協力すると上司や無責任に仕事をする人が「危なくなったら、誰かに協力してもらえばいい」と考え、改善しないからです。

協力してしまったら、他人が実施すべき仕事を押し付けられる形になり、自分が損をし続けるだけですよ。

損をするのは自分だし、相手のためにもならないため、非常識と言われようが感情に流されるのは絶対にダメ。

協力は絶対に辞めましょう。

他人はコントロールできないので割り切ろう

また、他人を変えようとしても、本人がその気にならないと変わらないですよね。

どれだけ、他人を変えようとしても、他人を変えることはできません。

無責任な仕事をする人は、ずっと無責任なままです。

改善させれようとしても、ずっと他人に振り回せて損をします。

他人はコントロールできないので、無責任な人は無責任なままと割り切りましょう。

無責任な仕事をする人は無関心が最適

ここまで解説してきた通り、無責任な仕事をする人への対応方法は、無関心になることです。

①期待しない

②自分の担当している仕事に集中する

③協力は絶対にしない

無責任な仕事をする人を気にしても、自分が損し続けるだけです。

それなら、無関心になり自分のために時間と労力を使った方が幸せになれますよ。

他人をコントロールすることは不可能なので、「そういう人なんだな」と割り切りましょう。

2:人は誰でも無責任な話

2:人は誰でも無責任な話

また、人は誰でも無責任ですよ。

理由は下記。

・仕事で責任を取るのはトップだけ

・人は自分以外は興味なし

各々、詳しく解説していきますね。

仕事で責任を取るのはトップだけ

例えば、仕事で不祥事を起こしても最終的に責任を取るのは会社のトップだけです。

仮に、商品の品質を嘘で固めて宣伝していたとして、世間の大きなニュースになるとします。

謝罪会見など、謝るには会見のトップですよね。

実際に、嘘の数値を出した担当者やその直属の上司は全くノーダメージです。

結局、責任を取れる人はほんの一握りしかいません。

責任を持っている人はほぼいないので、基本的に人は無責任です。

人は自分以外は興味なし

それに、人は自分以外に興味がないです。

例えば、友人でも友人の人生が良くなるような手助けをしていますかね?

大半の人は、自分が幸せになるために必死に生きているため、友人の人生を良くするための行動を続けないですよね。

人は、誰でも自分以外は興味がないです。

自分を中心に生きているのは当たり前だし、無責任になるのが自然です。

人は誰でも無責任なことを受け入れよう

ここまで解説してきた通り、人は誰でも無責任です。

これは変えられない事実ですよ。

また、誰でも無責任なんだと考えられるようになれば、他人に期待しなくなるため、無責任な人にイライラしなくなります。

まずは、人は誰でも無責任ということを受け入れましょう。

正直、責任感を押し付けるだけ

仕事で「あの人は無責任」と言っている人も仕事に責任を持っていないからです。

仮に、任せられた仕事を処理できなかったとして、困るのは顧客と会社ですよね。

顧客に賠償請求されたとしても、会社が処理してくれるので、一担当が責任を持つことはありません。

一従業員は、誰でも無責任なので、「あの人は無責任」と押し付けるのは辞めましょう。

誰でも人は無責任

ここまで解説してきた通り、人は誰でも無責任です。

・仕事で責任を取るのはトップだけ

・人は自分以外は興味なし

責任を押し付けるのは、自分のエゴにしかなりませんよ。

人は誰でも無責任と考えるだけで、無責任な人をみてもイライラしなくなります。

人は誰でも無責任なんだと考え、心にゆとりを持ちましょう。

3:無責任な仕事をする人にイライラしても損

本記事の内容をまとめます。

無責任な仕事をする人への対応方法は下記。

①期待しない

②自分の担当している仕事に集中する

③協力は絶対にしない

また、人は誰でも無責任ですよ。

理由は下記。

・仕事で責任を取るのはトップだけ

・人は自分以外は興味なし

無責任な仕事をする人にイライラしなくなるには、無関心になるのが唯一の方法です。

ゆとりがある仕事をしたいなら、無責任な仕事をする人と関わらないのが最適。

半信半疑かもですが、悩んでいても現状維持のままでイライラし損し続けますよ。

損をする働き方をしないためにも、本記事で紹介した方法を今すぐ始めてみて下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-WORK