WORK

厳しい上司への対応方法【自分のためになるかが重要】

厳しい上司への対応方法【自分のためになるかが重要】

社会人3年目まで、厳しい上司と仕事をしていた経験があるシゲです。

上司が厳しく、説教されることが多い。
説教させると嫌な気持ちになるし、ストレスになる。
どうにか厳しい上司の説教から逃れる方法を知りたい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記になります。

本記事内容

1:厳しい上司への対応方法【結論】
2:自分のためになる時の対処方法
3:自分のためになっていない時の対処方法

本記事を読み実践すれば、ストレスを解消でき、厳しい上司から説教されることも無くなります。

1: 厳しい上司への対応方法【結論】

厳しい上司への対応方法【結論】

結論から言うと、自分のためになるかだけが重要です。

上司が厳しい言動をする理由が、“部下を期待しているから“だとしても、部下自身が損しているなら、上司のエゴを部下に押し付けているだけだからです。

【例】
・毎日、根性論や理想だけで説教される
→ストレスが溜まり、仕事のやる気がなくなる

・書類作成で何度もダメ出しをされる
→残業・休日出勤になり、家族と過ごす時間がなくなる

・自分だけが、厳しくされる
→劣等感が強くなり、人と話すことが憂鬱になる

このように、上司のエゴに従っても、必ず自分のためになるとは限りません。

上司の言動が“部下を期待しているから“だとしても、感情だけで流されないようにしましょう。

上司に従うかの判断基準は、“自分のためになるか“だけです。

2: 自分のためになる時の対処方法

自分のためになる時の対処方法

ここからは、“自分のためになる”と判断した方向けに対処方法を紹介します。

※“自分のためになっていない”と判断した方は、対処方法を3章『自分が損している時の対処方法』まで読み飛ばして下さい。

具体的には、下記3つになります。

・上司に従い努力する

・上司の期待値まで、仕事を処理できるようになる

・一人で仕事が出来るようになる

上司に従い努力する

将来自分のためになると信じ、厳しい上司に従い努力していれば、仕事で成長できるからです。

私は入社3年目まで、厳しい上司に従い努力を続けた結果、一人でも下記ができるようになりました。

・スケジュール管理

・顧客対応

・自分で考え行動 など

上記のように、厳しい上司に従い努力すれば、仕事でできることが増え、成長できます。

ただ、厳しい上司に従っていた時期は感情論も多く、ストレスが溜まっていたのも事実です。

私は「将来自分のためになる」と思い我慢できましたが、どうしてもストレスに押しつぶされそうなら、厳しい上司に従うのを辞めるのもありです。

ストレスで病気になっても、上司は助けてくれないですよ。

上記理由から、厳しい上司に従い努力してみましょう。

ただし、自分を傷つけるまで我慢する必要はないことは覚えていて下さい。

上司の期待値まで、仕事を処理できるようになる

上司の期待値まで、仕事ができるようになれば、厳しい言葉で説教されることがなくなるからです。

私は、厳しい上司と5年間一緒に仕事をしました。

本当に厳しく感じたのは最初の3年間だけで、残りの2年間はほぼ説教されることはなくなっていました。

飲みの席で、上司に理由を聞いてみた所と、「ほぼミスもなく、期待通りの仕事ができるようになったから」と言われと、嬉しかったことを今でも覚えています。

上記理由から、上司の期待値まで、仕事を処理できるようになりましょう。

一人で仕事が出来るようになる

一人で仕事が処理できるようになれば、上司の指示はいらなくなるからです。

例えば、厳しい上司から会議の資料を作ってくれと頼まれたとします。

資料を作って、上司に確認して貰う時、厳しい意見を言われ修正が必要になるはずです。

しかし、下記内容の仕事を全て自分一人でできれば、上司の指示は必要なくなります。

・アポを取る

・会議場所を抑える

・会議の開催通知を出す

・資料を作成

・会議でプレゼンする

・議事録を参加者に配布

上記のように、一人で仕事が出来るようになれば、厳しい上司に従う必要はなくなるため、説教のストレスから解消できます。

3:自分のためになっていない時の対処方法

自分のためになっていない時の対処方法

ここからは、“自分のためになっていない”と判断した方向けに対処方法を紹介します。

具体的には、下記3つになります。

・素直に自分の意見を言う

・辛いなら、仕事を断る

・環境を変える

素直に自分の意見を言う

厳しい上司に、自分の状況や気持ちを理解して貰う必要があるからです。

厳しい上司は、自分の理想を部下に伝える事に必死になっているため、部下の状況や気持ちを考えられなくなっています。

素直に自分の意見を言って、上司に自分の状況や気持ちを知らせましょう。

【例】
上司「○○の資料、もっとわかりやすくできるだろ!!」

上司「初めから作り直せ」

部下「資料は作り直します。でも、具体的にどこがダメか教えて下さい」

部下「何度もダメ出しされて、ストレスでダメになりそうです」

部下「また、私は家族の時間を第一に考えているため、毎日残業する日々は耐えられそうにありません」

部下「具体的にどこがダメか教えて下さい」

こんな感じです。

本当に部下を期待しているなら、部下をつぶそうとはしないため、対応を変えてくれるはずです。

上記理由から、素直に自分の意見を言って、厳しい上司に自分の状況や気持ちを理解して貰いましょう。

辛いなら、仕事を断る

自分のためになっていない状況が続くのは、辛くてしんどいだけだからです。

仕事を断ることで、上司の期待は裏切ることになるかもですが、代わりに自分を守ることができます。

他人より自分を守ることを優先することは当たり前の事なので、気にする必要はありません。

また、部下に期待しているのではなく、単純に厳しいだけの上司への対策にもなるので、どうしても辛いなら、仕事を断りましょう。

具体的な仕事の断る方を知りたい方は、下記記事を読み参考にしてみて下さい。

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

WORK

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

2020/1/30  

11年勤めた会社で、仕事が断れなくて損していた経験があるシゲです。 仕事を断りたいけど、断る勇気が出ない。 上手い断り方があれば教えて欲しいな~。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は下 ...

環境を変える

最終手段ですが、環境を変えれば、厳しい上司と付き合わなくて済むからです。

具体的には、下記方法があります。

・部署異動

・転職

いずれにしても、ストレスが限界になる前に、すぐに環境を変えられる準備は整えておく必要があります。

転職エージェントを利用すれば、自分の希望した条件に合った求人を探してくれるので、自分で求人を探す手間が省けます。

仮に、転職しないにしても、情報収集として使えるため損はしません。

手軽に始めてみて下さい。

リクルート 転職エージェント※無料で利用できます

DODA 転職エージェント※無料で利用できます

4:まとめ

本記事の内容をまとめます。

1.厳しい上司に従うかの判断基準は、“自分のためになるか“だけ

2.自分のためになる時の対処方法
・上司に従い努力する

・上司の期待値で、仕事を処理できるようになる

・一人で仕事が出来るようになる

3.自分のためになっていない時の対処方法
・素直に自分の意見を言う

・辛いなら、仕事を断る

・環境を変える

厳しい上司に従うかは、“自分のためになるか“で判断しましょう。

自分のためになると感じるなら、上司に従い自分を成長させればいいだけです。

自分のためになっていないなら、正直に自分の状況・気持ちを上司に伝えましょう。

本当にあなたの事を思っている上司なら、対応の仕方を変えてくれるはずです。

それでも、対応を変えないなら、仕事を断ったり環境を変えて自分を守りましょう。

ということで、以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-WORK

© 2021 shigeblog