LIFE

「失敗が恥ずかしい」←改善できます【結論:失敗=前進】

「失敗が恥ずかしい」←改善できます【結論:失敗=前進】

こんにちは、シゲです。

・やりたいことはあるけど、失敗したらバカにさせるし、恥ずかしい…

・やっぱり挑戦しない方が安心できるけど、このままで本当にいいのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記。

  • 1:「失敗が恥ずかしい」←改善できます【改善する方法】
  • 2:失敗を避けると不幸になる

正直、失敗したら恥ずかしいと考えたままだと、将来的に崖っぷちに立っている状況になってしまいます。

それに、失敗=前進なので、恥ずかしいことではありませんよ。

今度こそ、自分を変えたいという方は、最後まで読み進めてみて下さい。

3分で読めます。

1:「失敗が恥ずかしい」←改善できます【改善する方法】

1:「失敗が恥ずかしい」←改善できます【改善する方法】

失敗が恥ずかしいを改善する方法は、失敗=ダメというイメージを変えるだけです。

事実として失敗をすると、下記状況になります。

  • 失敗は親近感が湧く
  • みんなが注目する
  • 成長できる
  • 自分のストーリーが作れる

各々、詳しく解説していきますね。

失敗は親近感が湧く

失敗すると人間味を感じるからです。

例えば、ドジだけど一生懸命頑張る人と何でもできるけど冷たい人どっちの方が近づきやすいですか?

圧倒的にドジだけど一生懸命頑張る人ですよね。

人は都合のいいもので、弱みがある方が安心します。

失敗をバカにしつつ、何か親近感を感じると思ってくれて、結果的に人間関係が良好になりやすいです。

みんなが注目する

失敗をすることで、皆が注目してくれます。

何の取柄もない人がどんな努力をしても皆の注目を集められなかったのに、失敗することで一気にみんなが注目してくれます。

売れ立てのお笑い芸人が、失敗談を話すのは“失敗=注目を集められる“と知っているからです。

誰でも皆の注目を集められるので、失敗は凄い価値があります。

失敗は、理屈抜きに注目を集める画期的な方法ですよ。

成長できる

また、失敗をすることで成長することができます。

成功者と言われている人達も、失敗を繰り返してきたから、大きな成果を出せています。

スポーツ選手なら、全て全勝でオリンピックで金メダルを取っている人はいません。

必ず、負けを経験しているし、負けることで自分のダメなところを見つめ直して成長しているから、金メダルを手に入れられました。

失敗を繰り返す。たったこれだけで成長でき、将来的に人として魅力が生まれます。

自分のストーリーが作れる

また、失敗をすることで達成した時に、挫折から復活したというストーリーが出来上がり、美談とされます。

漫画の主人公とかも同じです。

強敵にやられて挫折しかけたところから復活して、強敵を倒すという王道ストーリーですが、皆から好まれて愛される作品になりやすいですよね。

何の苦戦もなく、敵をなぎ倒す主人公のストーリーに魅力は感じません。

失敗から復活すれば、一歩先に進めたとアピールすることも可能です。

大半の人は関わらなくなる

それに、失敗をバカにしてくる人達は、将来的に関わらなくなります。

学校の同級生も、卒業後9割以上は会わなくなっていますよね。

結局、関わり続けるのは、自分と価値観が合う人だけです。

何度バカにされても、将来的に会わなくなると考えると気持ちが楽になれます。

失敗をバカにされても、「将来関わらないし」と考え、受け流しましょう。

バカにされたくないなら、個人で挑戦すればOK

それでも、バカにされたくないなら、個人で挑戦しましょう。

個人で挑戦すれば、周囲にバレることはないし、失敗しても責められることはありません。

重要なのは、失敗を経験することなので、隠しながらでも問題ないですよ。

人をバカにして喜んでいる非常識な人と関わらないためにも、個人で挑戦するのもありです。

失敗にはメリットが多い

ここまで解説してきた通り、下記理由から失敗にはメリットの方が圧倒的に多いです。

  • 失敗は親近感が湧く
  • みんなが注目する
  • 成長できる
  • 自分のストーリーが作れる

失敗は恥ずかしいものではないし、自分のためになることの方が多いですよ。

それに、バカにしてくる人とは将来的に関わらなくなります。

どうせ関わらなくなるのなら、笑われても問題ありません。

目先の利益より、長期的利益を取った方が、将来ゆとりある理想の生活に近づけます。

失敗は気にせず、どんどん挑戦しましょう。

2:失敗を避けると不幸になる

2:失敗を避けると不幸になる

なお、このまま失敗から逃げ続けると不幸になりますよ。

不幸になる理由は下記。

  • 現状維持が続き最終的に衰退する
  • 他人依存する
  • 人として魅力がない
  • 何もできない大人になる

各々、詳しく解説していきます。

現状維持が続き最終的に衰退する

失敗を避ける=挑戦しないことだからです。

挑戦をしないと現状維持が続きますが、周囲は挑戦しているので自分だけおいて行かれます。

会社でも、年齢だけ高いだけで何もできない社員がいますよね。

失敗を避けて現状維持をし続けた結果です。

現状維持はリスクがないように感じるかもですが、実は大きなリスクを持っていますよ。

他人依存する

それに、失敗を避けるということは、他人の考えに従って生きると同義です。

仕事でも、失敗が怖くて上司の指示に何でも従う人がいます。

結果的に、上司がいないと仕事が進められない人になりますよね。

失敗を受けれるかで3年後に、自立できているか決まると言っても過言ではないです。

人として魅力がない

それに、失敗を避けて生きている人に魅力は感じません。

何も挑戦しない大人に、魅力を感じなくて「将来こんな大人になりたくないな~」と感じたことがあるはず。

失敗を避けていても、人としての魅力を感じません。

何もできない大人になる

失敗を避けていると、何もできない人になるからです。

年だけ取った何もできないサラリーマンと同じになるだけですよ。

失敗を避けていても、確実に損をします。

【事実】現状維持=衰退、失敗=前進

ここまで解説してきた通り、このまま失敗から逃げ続けると不幸になります。

  • 現状維持が続き最終的に衰退する
  • 他人依存する
  • 人として魅力がない
  • 何もできない大人になる

自分が満足して生きるためにも、失敗から逃げ続けるのは辞めましょう。

それよりも、失敗を多く経験した方が、理想の人生に近づけますよ。

3:失敗は恥ずかしいのではなく前進できます

本記事の内容をまとめます。

失敗が恥ずかしいを改善する方法は、失敗=ダメというイメージを変えることです。

  • 失敗は親近感が湧く
  • みんなが注目する
  • 成長できる
  • 自分のストーリーが作れる

このまま失敗から逃げ続けると不幸になりますよ。

理由は下記。

  • 現状維持が続き最終的に衰退する
  • 他人依存する
  • 人として魅力がない
  • 何もできない大人になる

失敗は恥ずかしいと思って生きていると幸せになれません。

挑戦しないより失敗した方が、絶対に得です。

失敗しない人はいないし、待っていても誰でも助けてくれません。

失敗をしてもいいので、今すぐ本当にやりたいことに挑戦しましょう。

-LIFE