LIFE

結果を出す人と出せない人の違い【結果を出す方法】

結果を出す人と出せない人の違い【結果を出す方法】

こんにちは、シゲです。

・結果を出せないで悩んでいる…

・結果を出す人と出せない人の違いを知りたい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記。

  • 1:結果を出す人と出せない人の違い
  • 2:結果を出す方法

結果を出せずに落ち込んでいませんか?

正直、結果を出す人にはある法則があります。

本記事を読めば、結果を出すために必要なことがわかります。

今度こそ、結果を出したいという方は、最後まで読んでみて下さい。

3分で読めます。

1:結果を出す人と出せない人の違い

1:結果を出す人と出せない人の違い

結果を出す人と出せない人の違いは下記。

  • 行動力
  • 周囲の評価
  • 失敗を受け入れる
  • 地味に積み上げる

各々、詳しく解説していきますね。

行動力

結果を出す人は、即行動をしますが、結果を出さない人はなかなか行動しません。

ダイエットでも、始めない人はいつまでも痩せませんが、勢いで色んなことに挑戦している人の方が、早く痩せられますよね。

結果を出す人は行動力が高いです。

周囲の評価

結果を出す人は、挑戦する時は周囲の評価を気にしていないため、何を言われようとも挑戦することを辞めません。

しかし、結果が出せない人は、挑戦する前から周囲の評価を気にしてしまい、挑戦をしなくなります。

YouTubeに挑戦したくても、友達の「YouTubeで稼げるはずない」の一言で諦めてしまうとかですね。

周囲の評価を気にしているとすぐに挫折しやすく、結果を出せません。

失敗を受け入れる

結果を出す人は、失敗を受け入れられて、何度も挑戦できる強靭な精神を持っています。

逆に、失敗を受け入れられない人は、失敗を避けようとして挑戦すらしなくなるので、結果を出せません。

会社でも、挑戦せず現状維持を推薦する上司は仕事ができない人が多いですよね。

失敗を受け入れられるかで、結果が出せるか決まると言っても過言ではないです。

地味に積み上げる

結果を出す人は、地味な努力を積み上げています。

しかし、結果を出せていない人は、地味な努力ができません。

イチローさんも、自宅などで地味なトレーニングを続けていたからこそ、あれだけの成果を出せました。

結果を出すには、めんどうかもですが、地味な積み上げが必要不可欠です。

小さい差でしかない

ここまで解説してきた通り、結果を出す人と出せない人との差は下記。

  • 行動力
  • 周囲の評価
  • 失敗を受け入れる
  • 地味に積み上げる

めんどくさいなどの言い訳を作って、続けられない人が多いのも事実です。

正直、小さな差でしかないです。

しかし、この小さな差が結果に繋がるかの違いになります。

とはいえ、「具体的な方法が分からないから行動が始められない…」と疑問に感じている方もいるはず。

そこで、結果を出す方法を紹介しますね。

2:結果を出す方法

2:結果を出す方法

結果を出す方法は下記。

  • ①目標を作る
  • ②行動する
  • ③調べるのは行動後でOK
  • ④たまに分析
  • ⑤改善

各々、詳しく解説していきますね。

①目標を作る

目標を作ることで、やるべきことが明確になるからです。

仮に、ブログで5万円稼ぐという目標を作れば、下記方法を実施することが明確になります。

  • 記事を作成
  • セールスライティングを勉強
  • SNSで宣伝 など

やることを明確にするためにも、初めに目標を作ることを忘れずに実施しましょう。

②行動する

目標を作ったら、後は行動を始めることが重要です。

正直、計画を立てたり調べたりしても現状維持が続くだけです。

それなら、思い切ってやってみた方が10倍マシだし、結果を出せる可能性も高まります。

見切り発車でいいので、行動をしましょう。

③調べるのは行動後でOK

また、調べるのは行動後悩んだ時で大丈夫です。

正直、調べてもすぐに忘れてしまうので、本気で悩んだ時にこそ記憶に残り、覚えられます。

行動を優先して、悩んでいることができたら、調べて修正していきましょう。

④たまに分析

そして、たまに分析することも忘れてはいけません。

分析することで、俯瞰から自分をみることができて方向性を修正することができます。

行動しているとそれが正しいと感じてしまい、間違ったことでも続けてしまうのが人です。

間違ったことを続けても、結果を出ません。

方向性が合っているか確かめるためにも、たまに分析しましょう。

月1回くらい分析する日が合ってもいいくらいですね。

⑤改善

後は、間違った行動や結果が出ないことを改善して、また挑戦を繰り返すだけです。

正直、ここができずに成果が出ない人も多いです。

失敗を繰り返しながら、少しずつ改善していくことで大きな成果を出せるようになります。

初めから結果を出せる人はいませんよ。

少しずつ改善しながら、前に進んでいきましょう。

シンプルこそ最強

ここまでの説明で、「本当にこれだけでいいの?」と疑問に感じている方もいるはず。

しかし、シンプルな方が明確でわかりやすいですよね。

それに、複雑なほどやる事が多くてよくわからなくなり、諦めてしまいがちです。

シンプルだからこそ、やりやすく効果的です。

効果が絶大なので、是非試してみてください。

周囲は気にしなくてOK

繰り返しますが、周囲の評価を気にしても、挫折に繋がりやすくなるだけですよ。

それに、結果を出せば周囲からバカにされることもなくなります。

むしろ、教えてくれと言われるくらい賛同されます。

周囲は気にせず自分なりに行動しましょう。

やってみよう

ここまで解説してきた通り、下記方法を繰り返すことで、結果を出すことができます。

  • ①目標を作る
  • ②行動する
  • ③調べるのは行動後でOK
  • ④たまに分析
  • ⑤改善

正直、めんどくさいですが、めんどくさいからこそ価値が生まれて結果を出す意味があります。

結果を出せないと悩んでいる方は、上記を試して結果を出してみて下さい。

3:結果を出せる人は自分を信じている

本記事の内容は下記。

結果を出す人と出せない人の違いは下記。

  • 行動力
  • 周囲の評価
  • 失敗を受け入れる
  • 地味に積み上げる

結果を出す方法は下記。

  • ①目標を作る
  • ②行動する
  • ③調べるのは行動後でOK
  • ④たまに分析
  • ⑤改善

結果を出す人と出さない人は、実はそこまで大きい差はありません。

正直、地味でめんどくさいことをどれだけ早くできるかで決まると言っても過言ではありません。

今回紹介した方法を使い、結果を出しましょう。

-LIFE