LIFE

心配性の親に従う必要はない【理由・対処方法を紹介】

心配性の親に従う必要はない【理由・対処方法を紹介】

心配性の親を持ったシゲです。

心配性の親にやりたいことを否定される。
親の反対を押し切りたいけど、親との仲は悪くなりたくないし、どうすればいいの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記になります。

本記事内容

1:心配性の親に従う必要はない【理由を解説】
2:心配性の親に従わない方法

1:心配性の親の従う必要はない【理由を解説】

心配性の親に従う必要はない【理由を解説】

タイトル通り、心配性の親に従う必要はないです。

具体的な理由は、下記4つで解説していきます。

・親のエゴだから
・自己成長できない
・親に認められていない
・親が言うことが、必ず正しいとは限らない

親のエゴだから

本来、親の役目は子供を一人前に育てることで、子供を守ることではないからです。

親が心配して子供の行動を制限するのは、親自身「自分の子供には失敗して欲しくない」という欲求を満たいだけのエゴになります。

【例】
子供「一人暮らし始めたいんだけど」

親「一人暮らしなんてダメよ。ストーカーにでも合ったらどうするの?」

子供「実家でも同じじゃん」

親「毎日、私が送り迎えすれば安心だよ」

子供「…」

こんな感じで、親は自身のエゴを満たすために、何度も反論を繰り返します。

つまり、親のわがままを子供に押し付けているだけということです。

また、子供自身が、親のエゴを満たすだけの存在になる必要はないはずですよね。

上記理由から、心配性の親が言うことは親のエゴのため、親に従う必要はありません。

自己成長できない

心配性の親に従っても、やれることが制限されるので、新しい事に挑戦できなくなるからです。

心配性の親を持った私が制限されそうになったことは、下記になります。

・友達の家に泊まる

・一人暮らし

・退職

友達の家に泊まることは、小・中学生くらいまで制限されていました。

上記を制限されたせいかはわかりませんが、今でも他人と会話することに苦手意識があります。

残り2つは、成人後のため私自身で決断して実行しましたが、親は反対していました。

たぶん、親に従っていたら、一人で家事ができるようになっていないし、今も職場で苦痛に感じながら働いていたはずです。

上記理由から、心配性の親に従っても、自己成長できないため、親に従う必要はありません。

親に認められていない

心配する言動は、相手を信用できないから起こっています。

例えば、スマホを触る時に、静電気が起こるか起こらないか分からないなら、誰でもスマホを触る時に心配しますよね。

しかし、実際は静電気が起こるはずないと分かっているため、スマホを触ること自体を心配する人はいないはずです。

上記と同様に、親自身は子供を信用できていないため、心配を辞めることができません。

また、親に従っていても、親は子供が一人前になった実感が得られないため、いつまでも信用してくれず、認められないままですよ。

上記理由から、心配性の親に従っても、親に認められていないため、親に従う必要はありません。

親が言うことが、必ず正しいとは限らない

親の言うことは、親自身の経験・考え・エゴから発言する内容だからです。

そのため、必ず自分のためになるとは限りません。

例えば、親が大学を卒業した方がいいと言っても、現在では大学卒業している人なんていくらでもいるため、差別化はされません。

また、終身雇用が崩壊してきている今、スキルや経験が重要視されていくため、大卒の価値はかなり低くなるはずです。

このように、時代の変化で変わることも多く、親が言うことが全て正しいとは限りません。

重要なのは自分で体験して、自分なりの答えを見つける事です。

親に従わず、自分なりの正解を見つけましょう。

上記理由から、心配性の親に従っても、必ず正しいとは限らないため、親に従う必要はありません。

ここまでの説明で、心配性の親に従う必要はないことがわかったはずです。

次に、心配性の親に従わない方法を紹介します。

本記事で紹介する方法を使って、自己成長した姿を親に見せて親に認めてもらいましょう。

それが、本当の親孝行にもなるはずです。

2:心配性の親に従わない方法

心配性の親に従わない方法

心配性の親に従わない方法は下記3つになります。

・自分が成長できないことを素直に伝える

・徹底的に反抗する

・一人暮らしを始める

自分が成長できないことを素直に伝える

親は、自身の言動で、子供の行動を制限しているという自覚がないからです。

まずは、親自身が子供の成長を止めていると自覚するためにも、自分が成長できないことを素直に伝えましょう。

例えば、下記みたいな感じです。

自分「アルバイト始めたいんだけど」

親「ダメよ。帰りが遅くなって危ないわ」

自分「でも、学生の内に働くことを知らないと社会人になった時に、苦労するのは私自身だよ」

親「じゃあ、私の送り迎えは必須よ」

自分「それも、社会人になったら、自分でしないといけなくなるし、いつまでも親に頼れないよ」

親「…わかった」

こんな感じです。

親自身も、子供が一人前に育って欲しいと考えているため、強い熱意で「自分が成長できない」ことを伝えれば、承諾してくれるはずですよ。

上記理由から、心配性の親に従わないためには、自分が成長できないことを素直に伝えましょう。

徹底的に反抗する

いくら自分の意見を親に伝えても、親が聞く耳を持たなかったら、自分の意見を突き通すしかないからです。

たとえ親子でも、相手の意見を無視して自分の意見を押し通す人に、従う必要はないありません。

私が親に何回説得しても、親が意見を変えない時は、徹底的に反抗していますよ。

反抗したからといって、親との関係性が悪くなることはなく、今まで通りの関係性のままです。

私の場合は、たまに愚痴っぽく言われるくらいで、支障はまったくありません。

親子の関係は、そんな簡単に切れるものではないため、大半のことは反抗しても問題ないはずです。

上記理由から、心配性の親に従わないためには、徹底的に反抗することも必要になります。

一人暮らしを始める

一人で生活する環境になれば、親に直接干渉されることが減るからです。

私自身も一人暮らしを始めてからは、直接会う機会も減ったため、親の心配を気にせずに、自分で考えて行動できることが増えました。

帰省したら毎回心配されますが、毎日ではないため問題なしです。

上記理由から、心配性の親に従わないためには、一人暮らしを始めることがおすすめです。

これから一人暮らしを始めたい方は、下記記事が参考になるはずです。

一人暮らしを始める時の手順

LIFE 一人暮らし

【簡単】一人暮らしを始める時の手順【7ステップで紹介】

2019/6/5  

こんにちは、シゲです。 ・一人暮らしを始める予定だけど、どうすればいいかわからない。 ・一人暮らしを始める手順を知りたい。 という悩みにお答えします。 本記事の内容は、下記です。 目次 一人暮らしを始 ...

一人暮らしを反対する親を納得させる方法

LIFE 一人暮らし

【甘えを捨てよう】一人暮らしを反対する親を納得させる方法

2019/6/1  

こんにちは、シゲです。 ・一人暮らしを親に反対される。 ・親を納得させて、一人暮らしを始めたい。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は、下記です。 目次 一人暮らしを反対する親を納得させ ...

3:まとめ

本記事の内容をまとめます。

1.心配性の親に従う必要はないです
具体的な理由は、下記4つになります。

・親のエゴだから
・自己成長できない
・親に認められていない
・親が言うことが、必ず正しいとは限らない

2. 心配性の親に従わない方法は下記3つです

・自分が成長できないことを素直に伝える
・徹底的に反抗する
・一人暮らしを始める

ということで、以上になります。

親だろうが子供だろうが、相手の意見を聞き、相手を気持ちを組んであげる必要があります。

また、いつまでも親に従っているのではなく、自分の意思で行動できるようにならないと、自己成長できません。

親に認めてもらうためにも、あなた自身で判断・行動できるようになりましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog