LIFE

感性を磨く方法【結論:予想→経験】

感性を磨く方法【結論:予想→経験】

こんにちは、シゲです。

・感性を磨いて合理的な判断ができるようになりたい。

・でも、感性の磨き方がわからない…

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記。

  • 1:感性を磨く方法
  • 2:感性を磨きやすくする具体的な方法

感性を信じられず他人に合わせてしまう、自分にうんざりしていませんか?

正直、感性は磨けるし、徐々に合理的な判断もできるようになります。

今度こそ、感性を磨いて合理的な判断をできるようになりたいという方は、最後まで読み進めてみて下さい。

3分で最後まで読めます。

1:感性を磨く方法

1:感性を磨く方法

感性を磨く方法は下記。

  • 常に予想をする
  • 感性での経験を増やす
  • 価値観が違う人と関わる

各々、詳しく解説していきますね。

常に予想をする

予想をしないと自分の考えが合っているか判断できないからです。

予想がないと自己判断ができず、他人に合わせて生きてしまい、自分の感性があっているかもわからないままです。

結果的に、自己判断力が鍛えられず、現状維持を続けている状況ですよね。

感性を磨くためにも、まずは予想をすることを忘れないで下さい。

感性を磨くには、予想することが必要不可欠です。

感性での経験を増やす

実際に経験を増やすことで、予想と結果を比べられることができるからです。

始めて自転車に乗る時も、「べダルを漕ぐ力を強くすればバランスが取れる」「ハンドルの方向を変えると曲がる」など徐々に感性を磨いていき、最終的に乗れるようになりますよね。

誰でも、初めから感性が優れていたわけではなく、経験を積み上げることで感性を磨いています。

経験を積む。たったこれだけで感性は磨かれていきますよ。

価値観が違う人と関わる

視野が広がり、新しい感覚を覚えられるからです。

例えば、学生から社会人になる時に、考え方が大きく変わりますよね。

これは、今まで価値観が近い友達とばかり関わっていたが、全く価値観が違う人達と関わることが増えたことが大きく影響しています。

行き詰ってしまった時など、あえて価値観が違う人と関わるのもあり。

感性を磨きたいなら予想→経験を繰り返そう

ここまで解説してきた通り、下記方法で感性を磨くことができます。

  • 常に予想をする
  • 感性での経験を増やす
  • 価値観が違う人と関わる

当たり前ですが、初めから感性が優れていて合理的に判断できる人はいません。

予想と経験を増やし、徐々に感性が磨かれて、合理的な判断ができるようになります。

感性を磨き合理的な判断ができるようになるためにも、今から予想と経験を繰り返してみて下さい。

そして、立ち止まってしまう時があるなら、自分とは価値観が違う人と関り、視野を広げてみましょう。

今まで気づかなったことに、ふっと気が付く瞬間があり、さらに感性を磨くきっかけになります。

とはいえ、「予想と経験が重要なのはわかったけど、具体的には何をすればいいの?」と疑問に感じる方もいるはず。

そこで、感性を磨きやすくする具体的な方法を紹介しますね。

2:感性を磨きやすくする具体的な方法

2:感性を磨きやすくする具体的な方法

感性を磨きやすくする具体的な方法は下記。

  1. 1年後の妄想をする
  2. やりたいことにすぐに挑戦する
  3. モノづくりをする
  4. 読書
  5. 初めての人と話す

各々、詳しく解説していきますね。

①1年後の妄想をする

1年先なら予想しやすいし、感性があっていたかを確認する機会を増やせるからです。

仕事なら、「1年後には昇給できるか?」「1年後に人間関係は良くなっているか?」などですね。

1年後の職場を予想してみて、実際にどうだったかを確認すれば、自分の感性があっているか確認できるし、今後の働き方の方向を決めることができます。

何度も繰り返し予想することで、感性が磨かれます。

②やりたいことにすぐに挑戦する

繰り返しますが、経験から感性が磨かれていくからです。

正直、何に挑戦してもOKです。

結果さえ出れば、予想と比べられるので、徐々に感性が磨けられます。

感性を磨くために、好きな事や興味があることなど、とりあえずやってみる機会を増やしてみて下さい。

いきなり合理的な判断ができる感性が作れる画期的な方法はありません。

地味ですが経験を増やしつつ、感性を鍛えていきましょう。

なお、「特にやりたいこともないしな~」という方は、個人で稼ぐことに挑戦するのもありです。

個人で稼いでいれば、実際にやりたいことが見つかった時の初期投資に使えます。

それに、日々の日常も豊かになりますよね。

個人で稼ぐこと自体も、感性を磨くことに繋がるので一石二鳥です。

特にやりたいことがないなら、個人で稼ぐことで感性を磨いてみて下さい。

成功するかしないかは気にしなくてOK

挑戦する前は「成功しなかったら…」と不安になり、なかなか行動に移せなかったりしますよね。

しかし、結果は気にしなくていいです。

なぜなら、成功すれば自分の感性があっていることが確認できるし、失敗しても自分の感性が間違っていたと把握でき前進できるからです。

自分の感性が間違っていたと分かったら、修正すればいいだけ。

この修正こそ、自分の感性を磨く上で最も重要になります。

つまり、どっちにしても感性は磨かれていくので、結果はどっちでもいいということです。

“実際に挑戦する”これだけ守っていれば、感性は磨かれます。

③モノづくりをする

実際にモノづくりをすると、自分の感性(理想)を形にすることができるからです。

代表的な例で言うと、音楽や絵とかですね。

同じ曲の音楽はなく、皆個性的ですよね。

モノづくりをすることで、感性を形にするという技術が身に付きます。

④読書

読書は、著者などの深い価値観に触れることができ視野を広げられるからです。

挑戦して行き詰ってしまっているなら、一度読書をして考え方をシフトするのもありです。

視野を広げて感性を磨くためにも、読書をしましょう。

⑤初めての人と話す

最後は、初めての人と会話をするということです。

価値観が違う人と関わると、視野が広がるからです。

初めての人と会話を増やして、相手の価値観に触れつつ、感性を磨きましょう。

やってみよう

ここまで解説してきた通り、下記方法で感性が磨きやすくなります。

  1. 1年後の妄想をする
  2. やりたいことにすぐに挑戦する
  3. モノづくりをする
  4. 読書
  5. 初めての人と話す

繰り返しますが、今行動できない人は一生感性が磨かれません。

合理的な判断をできる人ほど、行動力もありますよね。

なぜなら、行動した方が感性が磨かれると自然と知っているからです。

合理的な判断をできるようになり、豊かな生活をおくるためにも、今すぐ今回紹介した方法を試してみて下さい。

3:感性を磨くのは自分自身

本記事の内容をまとめます。

感性を磨く方法は下記。

  • 常に予想をする
  • 感性での経験を増やす
  • 価値観が違う人と関わる

また、感性を磨きやすくする具体的な方法は下記。

  1. 1年後の妄想をする
  2. やりたいことにすぐに挑戦する
  3. モノづくりをする
  4. 読書
  5. 初めての人と話す

感性を鍛えるには、予想→経験を繰り返すことが唯一の方法です。

正直、今行動できない人は、いつまでも感性が鍛えられず、合理的な判断はできるようになりせん。

合理的な判断をして豊かに生活を送るためにも、今すぐ予想→経験を繰り返して、感性を鍛えていきましょう。

【特にやりたいことがない方】

【視野を広げたい方】

-LIFE