LIFE

「他人に気を使ってしまい疲れる…」←対処方法を教えます!!

「他人に気を使ってしまい疲れる…」←対処方法を教えます!!

こんにちは、シゲです。

他人に気を使ってしまい、疲れる…
どうにか気を使い過ぎることを辞めたい…

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記になります。

本記事内容

1:「他人に気を使ってしまい疲れる…」←対処方法を教えます!!【原因を解説】
2:気を使い過ぎることを辞める方法

本記事を読み実践して頂ければ、他人に気を使い過ぎることはなくなり、疲労を減らすことができます。

なぜなら、20代まで他人に気を使って生きてきて疲れ切っていた私が、本記事で紹介する方法を使い、ストレスフリーになったからです。

上記背景を持つ私が、ノウハウを共有します。

1:「他人に気を使ってしまい疲れる…」←対処方法を教えます!!【原因を解説】

1:「他人に気を使ってしまい疲れる…」←対処方法を教えます!!【原因を解説】

まずは、他人に気を使ってしまい疲れる原因を解説します。

原因は、1つで“本心からやりたい行動をしていない”からです。

例えば、上司から無理やり押し付けられた仕事を3時間使い処理したら、疲れますよね。

しかし、自分が大好きなゲームだったら、3時間プレーしても全く疲れないはずです。

このように、本心からやりたい行動をしていないと、疲れてしまいます。

では、なぜ本心ではないのに気を使ってしまうかというと、他人から嫌われたくないという思いが強いからです。

上記を詳しく解説しますね。

他人に気を使い過ぎるのは、嫌われたくないから

嫌われたくないという思いが強いと、相手の機嫌を損ねる言動を避けようとするからです。

例えば、下記みたいな感じです。

上司「今週の土曜日、出勤してくれない?」

自分(内心)「いや、休日は家でゴロゴロしていたい」

自分(内心)「でも、断ったら上司に嫌われて今後の関係が悪くなりそう…」

自分「…わかりました」

上司「よろしく」

このように、他人に嫌われたくないという思いが強いと、相手の機嫌を損ねる言動を避けてしまい、本心とは別の行動をしてしまいます。

嫌われたくないと考えても無駄

とはいえ、「嫌われたくない」と考える事自体が無駄です。

なぜなら、嫌うかどうかは、他人が決めることで、コントロールできないからです。

例えば、私が上司に嫌われたくないと思っていても、私を嫌うかはどうかは上司が判断することですよね。

私には、上司の意思を変えることはできません。

残念ですが、気を使っても嫌われない保証はないというのが事実です。

事実は変えられないため、受け入れるしかありません。

変えられないことに、努力しても結果に繋がらなし、辛くなるだけなので、気を使うのは辞めましょう。

基本的に嫌われていることはない

ここで、朗報です。

それは、基本的には、他人から嫌われていることはないということです。

なぜなら、大半の人は無関心でしかないから。

例えば、駅でたまたま会った人のことを好きか嫌いか判断できませんよね。

また、会社で一緒に仕事をしている仲間でも、「あの人休日何やっているのかな?」と休日の過ごし方を気になりますか?

ほぼほぼ、考えていないはずです。

このように、人は他人にそこまで興味を持っていないため、嫌な事をされない限り、嫌いという感情を抱きません。

「嫌われたくない」という思いは、自分が本気で信頼している人だけに抱いていれば問題ないです。

「嫌われたくない」という思いを捨てて、気を使い過ぎるのは辞めましょう。

【補足】本心で気を使っても、相手のためにならない

少しだけ補足になります。

たとえ、本心で気を使っても、自分に余裕がなくれば、相手のためになりません。

自分に余裕がない状況で、他人を手助けをしても、成果を出すことができないからです。

例えば、お金使いが荒い友達に「お金を貸してくれ」と言われ、お金を貸すとします。

しかし、自分の収入も低かったら、貸し出せる額も少ないし、友達のお金の使い方も改善されないままですよね。

このように、本心で気を使っても、自分に余裕がなくれば、相手のためになりません。

他人に気を使うのは、自分のために行動をして余裕ができた後にしましょう。

気を使い過ぎる必要はありません!!

ここまで、解説してきた通り、他人に気を使い過ぎても、自分のためにはなりません。

むしろ、精神的疲労が溜まり、疲れるだけです。

また、「嫌われたくない」と思っても、嫌うかどうか決められるのは他人だけなので、考えるだけ無駄ですよ。

マナーとルールを守っていれば、問題ないので気を使うことは辞めましょう。

2:気を使い過ぎることを辞める方法

2:気を使い過ぎることを辞める方法

基本的には、ここまで解説してきた通り、自分の本心で行動することが重要になります。

そこで、具体的な方法を少しだけ紹介していきますね。

参考にしてみて下さい。

① 自分の意見を主張する

② 自分のための行動を優先する

①自分の意見を主張する

自分の意見を主張しないと、本心で行動することができないからです。

例えば、上司に業務改善を提案するなら、下記みたいな感じです。

自分「○○の書類作成は、Excelのマクロを使えば、効率が劇的に上がりますよ」

上司「仕組みを作る時間がないし、難しいな」

自分「そうですか。じゃあ、私が作りますね」

上司「そうか、業務に支障がでない程度に頼む」

こんな感じで、自分のやりたいことを素直に言葉にしてみて下さい。

自分の意見を主張して、本心で行動しましょう。

相手の主張を否定しなくれば問題なし

自分の意見を主張する時に重要なのは、相手の主張を否定しないことです。

なぜなら、主張を否定されたら、誰でも嫌な思いをするからです。

下記のように、相手の主張は否定せずに、自分のやりたい事を主張しましょう。

自分「ランニングでダイエットを始めようと思う」

友達「ランニングは、強い意志がないと続かないよ」

自分「確かに厳しそうだね。でも一度やってみるよ」

友達「そっか。頑張って」

このように、相手の主張を否定しなくれば、相手に嫌な思いをさせずに済みます。

自分の意見を主張する時は、相手の主張を否定しないことを意識しましょう。

②自分のための行動を優先する

自分のための行動を精一杯していれば、他人に気を使う余裕がなくなるからです。

例えば、ダイエットのために10㎞のランニングをするとします。

ランニング中は、自分の息を整える事に必死で、他人のことを考える余裕もないため、他人に気を使わないですよね。

このように、自分のための行動を優先して実施すれば、他人に気を使う余裕がなくなるため、他人に気を使わなくなります。

自分のための行動を優先して実施しましょう。

【体験談】他人に気を使い過ぎて疲れ切ってしまった話

少しだけ、私の体験談を紹介します。

私は11年勤めた会社で、上司や同僚に気を使い過ぎて仕事を断れなくなり、仕事量が増え続けていました。

結果、残業と休日出勤が増えてしまい、疲労も溜まりすぎて、無気力の状態になってしまいました。

当時は、常につまらなかったし「何のために働いているの?」とも感じていたことを覚えてします。

その後、退職をして上司や同僚に気を使わなくなったら、一気に疲れもなくなり気力も回復することができました。

今は、フリーランスとして活動していて、ストレスフリーで生活をすることができています。

ということで、以上になります。

ここまで解説したきた通り、他人に気を使っても、自分のためにはなりません。

マナーとルールを守っていれば、問題なしです。

まずは、自分のためになる行動を優先しましょう。

その後、自分に余裕ができたら、他人に気を使うのもありです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog