LIFE

「やればできる」精神論は必要か?【使い方が重要】

「やればできる」精神論は必要か?【使い方が重要】

こんにちは、シゲです。

「やればできる」精神って必要あるのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:「やればできる」精神論は必要か?
2:「やればできる」は、自分の行動を後押しする時に使うべき
3:行動中は、「何としても結果を出す」と考えを切り替える

本記事を読み実践して頂ければ、「やればできる」という精神論を上手く利用できるようになります。

正直、「やればできる」という精神論は、使い方を間違えると損しかしません。

親に「やればできる」と言われ育てられたけど、結局できず損をした経験がある私がノウハウを共有しますね。

1:「やればできる」精神論は必要か?

1:「やればできる」精神論は必要か?

結論から言うと、“自分の行動を後押し”する時に使うことが重要です。

上記以外は、自分が損するだけなので、使うのは控えるべきです

上記を深堀して解説しますね。

「やればできる」→できない場合もあり

「やればできる」という保証はないからです。

【例】
・総理大臣になるために行動すれば、総理大臣になれる
=なれる保証はないし、ほぼ無理

・オリンピックで金メダルと取るために挑戦すれば、金メダルを取れる
=オリンピック選手になれる保証もない

このように、行動すれば、絶対に成果を出せるとは限りません。

むしろ、できないことがあって当然です。

やればできるが、本当なら全ての人が失敗せずに、幸せに暮らせているはずです。

誰でも、失敗したことがない人はいないですよね。

もう一つ私の体験談で、詳しく解説します。

【体験談】親に「やればできる」と言われたが、できなかった話

当時、小学生だった私は、母親に「国語の勉強すれば、漢字が書けるようになる」と言われ、勉強を続けました。

しかし、30代になった現在も漢字は苦手だし、紙に執筆する時は、ほぼ漢字は書けないと言っていいほどに酷いです。

このように、実際にやってみても、できないことはあります。

「やればできる」と確信を持っていると、できなかった時に辛くなるし、気持ちが萎えてしまい、自分が損をするだけです。

「やればできる」を、信じすぎるのは辞めましょう。

2: 「やればできる」は、自分の行動を後押しする時に使うべき

2:「やればできる」は、自分の行動を後押しする時に使うべき

具体的な理由を、下記3つに分けて解説します。

・「私、やればできるんだよ」と発言すると強がりに聞こえる

・他人が言う「やればできる」は洗脳

・自分の行動を後押しする時に使うメリット

「私、やればできるんだよ」と発言すると強がりに聞こえる

突然ですが、もし他人から「私はやればできるんだ」と聞かされたら、どう感じますか?

私の場合は、「できるなら、やれば良いじゃん」と思い、「強がっているだけなんだろうな」と感じてしまいます。

大半の読者も私と同じように感じていると思います。

具体的に例えると下記になります。

同僚A「同僚Bは、もう管理職かよ。流石だな」

同僚B「いや、皆が支えてくれたからだよ」

同僚C「俺だって、やる気になれば、管理職になれたよ」

同僚A・B「…ハッハッハ」

同僚A・B(内心)「じゃあやればいいじゃん」

こんな感じで、「私、やればできるんだよ」と発言しても、周囲からは強がっているだけにしか見られません。

周囲から嫌われるきっかけにもなるため、「やればできる」と発言するのは辞めましょう。

他人が言う「やればできる」は洗脳

他人は自身のエゴのために、「やればできる」という言葉を使うからです。

例えば、下記みたいに感じです。

上司「悪いが今月2件仕事追加だ」

部下「またですが、今でも残業や休日出勤で処理しているのに無理ですよ」

上司「何弱気になっているんだ!! やればできる!!」

上司「それに上からの指示だから、従うしかないぞ」

部下「…」

こんな感じで、他人は自信のエゴを押し付けるために、「やればできる」という言葉を使います。

正直、「やればできる」とだけ言われても、信用できないし実際に行動しても、自分が損をするだけですよね。

他人が言う「やればできる」は、洗脳と同じなので、聞き入れる必要はありません。

また、他人に「やればできる」と強要すると信頼を失うため辞めましょう。

自分の行動を後押しする時に使うメリット

自分の行動を後押しする時に使うメリットは、下記3つになります。

・行動する勇気が出る

・悩んでいる時間が短くなる

・結果が分かる

例えば、転職活動をするか悩んでいるとしたら、下記使い方です。

① 現職場に不満がある、転職したいな~

② でも、転職には不安があるしどうしよう…

③ 自分はやればできる!!

④ よし、転職活動を始めよう!!

⑤ 内定or不採用が明確になる

③で「やればできる」と考えていなかったら、①・②で悩み続けてながら不満がある職場に働き続けるはずです。

また、⑤で結果が分かり、今後どう行動すればいいか明確になりますよね。

・内定  =転職する

・不採用 =失敗した原因を分析して、再チャレンジ

失敗・成功どちらにしても、早めに結果を出すことで、今後の方向性が明確にできます。

このように、自分の行動を後押しする時に「やればできる」を使うと、自分のために行動できるようにあります。

また、真剣な顔で、自分自身に「やればできる」と言い聞かせている人を見たら、応援したくなりませんか?

私だったら、「この人は自分と戦っているんだ」と感じ、応援したくなります。

ということで、「やればできる」精神論は、自分の行動を後押しする時だけに使いましょう。

3:行動中は、「何としても結果を出す」と考えを切り替える

3:行動中は、「何としても結果を出す」と考えを切り替える

「やればできる」と考えたまま行動をしてしまうと、結果が出なかった時に、「俺って、できない奴だったんだ…」と感じ、凄く落ち込むからです。

「失敗しても、成功するまで繰り返す」という精神状態になれば、失敗しても苦痛は軽減できます。

例えば、ブログに挑戦するなら、下記のように使い分けるとかです。

① ブログで収益を増やしたい

② でも、初心者の自分には難しいかな…

~自分はやればできる!!~

③ よし、ブログに挑戦しよう!!

④ ブログを開設して記事を増やしていこう

~何としても結果を出す~

⑤ 読者が少ない…

⑥ アクセス数はどうすれば増えるかな?

このように、考え方を切り替えることで、失敗しても苦痛を軽減することができます。

考え方を、下記タイミングで切り替えましょう。

・行動前→「やればできる」

・行動中→「何としても結果を出す」

4:まとめ「やればできる」は、自分を後押しする時に使おう

本記事の内容をまとめます。

結論は、「やればできる」は、自分を後押しする時だけに使いましょう。

下記状況で使うは、NGです。

・事象に対して「やればできる」 =根拠ない自信

・「私、やればできる」と発言する =強がりに聞こえる

・他人が言う「やればできる」 =洗脳

また、「やればできる」と考えるのは、行動する前だけで、行動中は「何としても結果を出す」と考え方を変えましょう。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog