LIFE

雑談が苦手でも問題なし!!【気の使い過ぎはNG】

雑談が苦手でも問題なし!!【気の使い過ぎはNG】

こんにちは、シゲです。

・雑談が苦手で、初対面の人との会話が弾まない…
・早く仲良くなるためにも、雑談の苦手を克服したい!!

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:雑談が苦手でも問題なし!!【理由を解説】
2:雑談が苦手な人が覚えておくべきこと

本記事を読めば、雑談が苦手でも問題ないことがわかります。

私も雑談が苦手で何年も悩まされましたが、本記事で紹介する思考に変えてから、気持ちが楽になりました。

3分ほどで最後まで読めるため、読んでみて下さい。

1:雑談が苦手でも問題なし!!【理由を解説】

1:雑談が苦手でも問題なし!!【理由を解説】

雑談が苦手でも問題ない理由は、下記4つ。

・全員と仲良くなる必要はない

・大半の人は自分の話を聞いて欲しいだけ

・雑談は、気が許せる人とだけすればいい

・聞かれた時にきちんと返事できれば問題なし

各々、詳しく解説していきますね。

全員と仲良くなる必要はない

人それぞれ価値観が異なるため、全員と仲良くなることはできないからです。

例えば、学生の時でも、自分と性格が合わらない人と無理に雑談しても、楽しくなかったはず。

また、卒業後にほば会わなくなりますよね。

自分に合わない人は必ずいるため、無理に仲良くなろうと、苦手な雑談を頑張る必要はありません。

大半の人は自分の話を聞いて欲しいだけ

雑談をしている時の大半は、片方が一方的に話をしているからです。

私が会社員時代、同僚との雑談は下記のような内容が多く、基本的に話を聞くことばかりでした。

・婚活が上手くいかない

・家族の愚痴

・仕事の愚痴

個人的な感覚ですが、9割以上の人は、話を聞くだけで満足していました。

しかし、一方的に話をされ続けると「時間が無駄だな~」「ストレスになる」と感じますよね。

雑談は、どちらかが自分の話一方的に話をすることが多く、生産性もないため、苦手な雑談を無理にしようとしなくてOKです。

雑談は、気が許せる人とだけすればいい

雑談は取り留めもない話のため、関わる人全員とする必要はないからです。

例えば、1日に関わる人が平均15名いるとします。

全ての人と1回10分の雑談をしたとしたら、1日で150分です。

毎日2:30の時間を雑談で使っていることになります。

正直、もったいなくないですか?

関わる人全員と雑談したら、無駄な時間が増えるだけですよ。

また、取り留めもない話だけでは、本当に仲良くなることはできません。

雑談は、既に仲良くなった気が許せる人にすればOKです。

あまり仲良くない人と、苦手な雑談を無理にしようとしなくて大丈夫ですよ。

聞かれた時にきちんと返事できれば問題なし

聞かれたことにきちんと返事できれば、会話が成り立つからです。

例えば、初対面の人と雑談するなら、下記のような感じですね。

相手「今日は、天気がいいですね」
自分「そうですね。少し暑いですね」

相手「学生時代に、部活とかやってました?」
自分「部活やってなかったんですよね。コンビニでバイトして月5万円稼いでました」

相手「昨日、恋人と喧嘩して気持ちが萎えました…」
自分「それは災難でしたね。仲直りできたんですか?」

このように、きちんと返事ができれば、会話が成り立ちます。

無言の空気を気にして、自ら無理に会話をしようとしなくて大丈夫ですよ。

雑談が苦手なら、相手の会話にきちんと返事ができれば問題ありません。

無理に雑談をしようとするのは辞めよう!!

ここまで解説してきた通り下記理由から、雑談が上手くなる必要はありません。

・全員と仲良くなる必要はない

・大半の人は自分の話を聞いて欲しいだけ

・雑談は、気が許せる人とだけすればいい

・聞かれた時にきちんと返事できれば問題なし

無理に雑談をしようとしても、自分が損をすることの方が多くなります。

確かに、初対面の人に気をつかえることは、素晴らしいことです。

しかし、今後も一生付き合い続けれられる人はごく少数ですよ。

気を使いすぎず、自然体の自分を見せましょう。

2:雑談が苦手な人が覚えておくべきこと

2:雑談が苦手な人が覚えておくべきこと

ここからは、雑談が苦手人が覚えておくと良いことを紹介します。

下記4つは、是非覚えておいて下さい。

・自分から話しかけなくてOK

・笑顔で相づちするだけで大半の会話は成り立つ

・無言になっても、気にする必要なし

・雑談力を身に付けたいなら、会話する量を増やそう

では、詳しく解説していきます。

自分から話しかけなくてOK

相手に気を使って、自分から話しかけなくてOKですよ。

理由は、自分と合わない人が必ずいるからです。

例えば、お金持ちの人が貧乏人の話を聞いても、話が合わなくて楽しくないはず。

また、せっかちな人が、マイペースな人の話を聞いていても、イライラしてしまいますよね。

自分に合わない人に、自分から話しかけても、嫌な気分になるだけです。

自分に合わない人は確実に居るため、相手に気を使い、無理に話しかけようとするのは辞めましょう。

笑顔で相づちするだけで大半の会話は成り立つ

雑談は、一方的に自分の話をすることが大半だからです。

例えば、ランニングが趣味なら、下記のような会話ですね。

相手「先週、○○にランニングしに行ったんだけど、景色が綺麗で清々しかったですよ」

自分「景色が良いと、気分も上がりますよね」

相手「そうなんだよ。また新しいランニングシューズに変えて足が軽かったんだよね」

自分「それは、気持ちよく走れたんでしょうね」

相手「今週も行く予定なんだよ」

こんな感じで、大半の人は、自分の話を聞いて欲しいだけなので、笑顔で相づちをするだけで、満足してくれますよ。

雑談中は、笑顔と相づちを意識してみて下さい。

無言になっても、気にする必要なし

本気で仲が良い人なら、無言でも違和感を感じないからです。

例えば、家族と同じ空間にいる時に無言になっても、気にならないですよね。

無理に雑談をしようとはしないはずです。

無言に違和感に感じるのは、たまたま自分が気を許せる人じゃないだけです。

仲良くなるには無言に違和感を感じなくなる必要があるため、無言で「何か話さないと…」と焦る必要はありません。

雑談力を身に付けたいなら、会話する量を増やそう

ここまで解説してきた通り、雑談を無理にする必要はないです。

とはいえ、「どうしても雑談力を身に付けたい!!」と感じている方もいるはず。

上記のような人は、会話する量を増やしましょう。

なぜなら、会話をしないと雑談力は身に付かないからです。

自転車でも、乗って転んでを繰り返すことで、乗れるようになりますよね。

雑談力も同じです。

残念ですが、いきなり雑談が上手くなる魔法がありません。>

どうしても雑談力を上げたいという方は、雑談する量を増やしてみて下さい。

3:雑談が苦手な自分も受け入れよう!!

本記事の内容をまとめます。

雑談が苦手でも問題ない理由は、下記4つ。

・全員と仲良くなる必要はない

・大半の人は自分の話を聞いて欲しいだけ

・雑談は、気が許せる人とだけすればいい

・聞かれた時にきちんと返事できれば問題なし

雑談は取り留めもない話のため、無理に雑談を増やしても自分が損をするだけですよ。

無理に雑談をして、会話を広げようとしなくて大丈夫です。

また、雑談が苦手な人が覚えておくと良いことは、下記4つです。

・自分から話しかけなくてOK

・笑顔で相づちするだけで大半の会話は成り立つ

・無言になっても、気にする必要なし

・雑談力を身に付けたいなら、会話する量を増やそう

仲が良い人と一緒に居れば、無言の時間も共有できます。

相手を気にして無言をなくそうと雑談をしても、雑談したくないという自分の本心を隠しているため、いつまでも仲良くなれませんよ。

無理に雑談しようとするのは辞めて、自然体の自分を見せましょう。

なお、「どうしても雑談力を鍛えたい」と感じている方は、雑談する量を増やしてみて下さい。

いきなり雑談が上手くなる魔法はないため、雑談する量を増やし慣れるしかありません。

ということで以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog