LIFE 一人暮らし

一人暮らしに最適な冷蔵庫の選び方【用途別で選ぼう】

一人暮らしに最適な冷蔵庫の選び方【用途別で選ぼう】

こんにちは、シゲです。

・一人暮らしを始める予定だけど、冷蔵庫はどう選べばいいの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容


1:一人暮らしに最適な冷蔵庫の選び方
2:一人暮らしにおすすめの冷蔵庫

本記事を読めば、一人暮らしに最適な冷蔵庫の選び方が分かり、快適に使える冷蔵庫が見つかりますよ。

一人暮らし歴7年以上で、冷蔵庫を3回ほど変えてきた私がノウハウを共有しますね。

1:一人暮らしに最適な冷蔵庫の選び方

1:一人暮らしに最適な冷蔵庫の選び方

一人暮らしに最適な冷蔵庫の選び方は、下記用途に合わせてサイズを選ぶことです。

・自炊しないなら50L以下

・自炊するなら90L以上

・200L以上は不要

各々、詳しく解説していきますね。

自炊しないなら50L以下

自炊しないのであれば、飲み物を冷やせれば問題ないからです。

50Lあれば、500mlのペットボトルを10本は軽く入るくらいの大きさはあります。

一人暮らしで「毎日外食する」という方は、50L以下の冷蔵庫を選びましょう。

冷凍機能がついていない

ただし、50L以下の冷蔵庫だと、冷凍機能が付いていないものが多いのがデメリットです。

仮に、冷凍機能がついていたとしても、スペースが狭く、氷を作ることくらいしかできないと思っておいた方が良いですよ。

「冷凍機能がついていなくてもいい」という方は、50L以下の冷蔵庫を選んでみて下さい。

後から自炊したくてもできない

50L以下の冷蔵庫を選んだ方は、後から自炊したくてもできないと思っておいた方がいいです。

なぜなら、サイズが小さくて野菜などを入れておくスペースがないから。

毎日必要な分だけ食材を買って自炊するなら、使えるかもですが、忙しい日々を過ごしている中で、毎日自炊とかきついですよね。

私は、週に2回自炊していますが、毎回「ダルイな~」と感じながら、料理をしていますよ。

毎日買い物して自炊するのは、正直しんどいですね。

50L以下の冷蔵庫は、「後から自炊したくてもできない」というデメリットがあることを覚えておいて下さい。

自炊するなら90L以上

90L以上あれば、1週間分の食材を入れておくこともできるし、冷凍機能も充実しているからです。

500mlのペットボトル20本は余裕で入る大きさですね。

週1回以上自炊するなら、確実に90L以上の冷蔵庫を選んでみて下さい。

自炊には冷凍保存がかなり重要

一人暮らしの場合、1回の料理で全て一度に食べることはまずないからです。

必ず、食材などあまりが出るので、冷凍保存がかなり重要になります。

私も、週に2回自炊していますが、毎回必ず余った食材や出来上がった料理を冷凍保存しています。

私の場合だと、冷凍保存の機能がなかったら、自炊できていないと感じるくらい依存していますね。

冷凍保存できる機能とスペースを確保するためにも、自炊をするなら90L以上の冷蔵庫を選びましょう。

 200L以上は不要

200L以上の冷蔵庫は、2名以上で暮らす方向けの大きさになるからです。

一人で使うとなると、無駄に大きくなるので邪魔になるし、初期費用も増えますよ。

一人暮らしに、200L以上の冷蔵庫は不要ということを覚えておいて下さい。

【結論】90L以上200L未満を選べば間違いなし!!

ここまで解説してきた通り、下記基準から冷蔵庫を選びましょう。

・自炊しないなら50L以下

・自炊するなら90L以上

・200L以上は不要

なお、「実際に生活してみないと自炊するかなんて分からないよ…」という方なら、90L以上200L未満が最適だと思います。

後から「小さくて自炊できない…」「大きすぎて必要ない」と後悔しないからです。

自身の生活用途に合わせて選んでみて下さい。

とはいえ「自分に合ったサイズは分かるけど、具体的にどの冷蔵庫を選んだらいいの?」と疑問に感じている方もいるはず。

そこで、一人暮らしにおすすめの冷蔵庫を紹介しますね。

参考にして、気に入ったものがあれば、選んでみてください。

2:一人暮らしにおすすめの冷蔵庫

2:一人暮らしにおすすめの冷蔵庫

一人暮らしにおすすめの冷蔵庫は、下記3つ。

・アイリスオーヤマ 冷蔵庫 142L IRSD-14A-B

・シャープ 冷蔵庫137L SJ-D14F-S

・ハイセンス 93L HR-B95A

各々、詳しく解説していきますね。

アイリスオーヤマ 冷蔵庫 142L IRSD-14A-B

IRSD-14A-Bは、冷凍室が52Lとかなり大きく、1週間分の料理を一度で冷凍できますよ。

「少しでも自炊の回数を減らしたい」という方には、かなり向いていると思います。

価格も3万円以下で買えるので、コスパがめちゃくちゃいいですよ。


シャープ 冷蔵庫137L SJ-D14F-S

SJ-D14F-Sは、ドアを左右どっちからも開けられるため、設置場所を選ばなくてもいいのはメリットですね。

また、天板も耐熱性に優れているため、電子レンジを置くこともできます。

「キッチンスペースを少しでも広く使いたい」という方は、SJ-D14F-Sを選ぶのもありです。


ハイセンス 93L HR-B95A

冷凍室は26Lと少し狭めですが、週に2回以上自炊をする人なら、これで十分です。

価格も2万円以下になっているため、「出費を最小限に抑えたい」という方なら、選んでも後悔しないはず。


【50L以下なら】simplus 冷蔵庫46L SP-46L1-WD

ここまで、90L以上の冷蔵庫を紹介してきましたが、自炊をしないという方なら、SP-46L1-WDもありです。

氷を作れる製氷室もあり、見た目も木目調とかなりおしゃれになっています。

正直、性能面でいうと50L以下の冷蔵庫はそこまで差異がないです。

自分の気に入った見た目で選んでいいと思います。


3:最適な冷蔵庫の選び一人暮らしを楽しもう!!

本記事の内容をまとめます。

一人暮らしに最適な冷蔵庫の選び方は、下記用途に合わせてサイズを選ぶことです。

・自炊しないなら50L以下

・自炊するなら90L以上

・200L以上は不要

将来的に自炊をする可能性が高いなら、90L以上200L未満の冷蔵庫を選んでおけば、後から後悔することはなくなりますよ。

使う用途に合わせて冷蔵庫を選んでみて下さい。

アイリスオーヤマ 冷蔵庫 142L IRSD-14A-B
※冷凍室52Lで、1週間分の食事を冷凍可能
※価格は3万円以下で手頃
※ドアは右開き式

シャープ 冷蔵庫137L SJ-D14F-S
※天井に電子レンジを置ける
※ドアは両開き式
※キッチンスペースを広く使える

ハイセンス 93L HR-B95A
※週2回以上自炊する方なら使える
※2万円以下で出費を抑えたい方向け

simplus 冷蔵庫46L SP-46L1-WD
※自炊しない方向け
※50L以下の冷蔵庫は性能に差異がないためデザインで選ぼう

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE, 一人暮らし

© 2021 shigeblog