LIFE

あなたが感じる違和感は正しい【違和感を信じよう】

あなたが感じる違和感は正しい【違和感を信じよう】

こんにちは、シゲです。

・違和感を感じるけど、皆が賛同しない…

・違和感を感じた時はどうするのが正解なの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記。

  • 1:あなたが感じる違和感は正しい【理由を解説】
  • 2:違和感を信じる方法

違和感を感じているけど、どうしようもできない自分にうんざりしていませんか?

正直、違和感は当たっていることが大半です。

今度こそ、違和感を上手く使って良い生活をしていきたいという方は、最後まで読み進めてみて下さい。

3分で最後まで読めます。

1:あなたが感じる違和感は正しい【理由を解説】

1:あなたが感じる違和感は正しい【理由を解説】

あなたが感じる違和感が正しい理由は下記。

  • 自分と他人は価値観が違う
  • 違和感を持って続けても成果は出ない
  • 違和感が正しいことは論理的に説明できる

各々、詳しく解説していきますね。

自分と他人は価値観が違う

価値観が違う人に違和感を感じるのは当然です。

例えば、“タコを食べる“という文化は日本特有で、海外からしてみたら、ものすごく違和感を感じます。

誰だって、自分の国の料理が好きで、他国の料理に違和感を感じるのは当然です。

価値観が違う人に合わせて我慢していても、何度も他人の価値観に振り回されることになります。

違和感を持って続けても成果は出ない

違和感を持っているのに我慢して続けても、絶対に成果は出ません。

なぜなら、本気になれないから。

誰でも嫌と思っていることを続けても、結果は出ないですよね。

しゃべるのが苦手な人が、プレゼンテーションを繰り返しても、「嫌だな」と感じているため、会話が上手くなることはないです。

結果的に顧客から信頼されないので、売上も増やせません。

運動が嫌いな人が、運動しても結果が出せないのと同じです。

違和感を持って続けても、他の人にとって都合のいい人になるだけです。

違和感が正しいことは論理的に説明できる

また、違和感が正しいことは論理的に説明できます。

例えば、挨拶を返さない人に違和感を感じるとします。

論理的に説明すると下記。

  • 他人はコントロールできない
  • 挨拶を返すのが常識じゃない人もいる
  • でも、挨拶を返す方が気持ちが良い

違和感を感じるということは、本音とは違う行動をしているということです。

本音を押し殺しても辛くなるし、結果が出せないのは当たり前ですよね。

理屈抜きの違和感が正しいことは論理的に説明できます。

違和感を感じるのは悪いことではない

価値観は人それぞれ違うし、皆違和感を感じながら生きています。

むしろ、違和感を感じないと全肯定になり、人生に面白さがなくなってしまいますよ。

違和感を感じるから、人生が楽しめます。

全員が納得できる絶対に正しいという画期的な答えはありません。

違和感を感じつつ、生きていくのが自然です。

違和感は正しい

ここまで解説してきた通り、下記理由から、違和感はほぼほぼ正しいです。

  • 自分と他人は価値観が違う
  • 違和感を持って続けても成果は出ない
  • 違和感は論理的に説明できる

違和感を感じているのに、我慢していても成果は出ずストレスが溜まるだけですよ。

違和感を感じたら、違和感を信じて行動を変えていきましょう。

とはいえ、「どうすれば、違和感を信じられるの?」と疑問に感じる方もいるはず。

そこで、違和感を信じる方法を紹介しますね。

2:違和感を信じる方法

2:違和感を信じる方法

違和感を信じる方法は下記。

  1. 他人と比べない
  2. 違和感を続けた結果を想像する
  3. 直感を優先して行動する

各々、詳しく解説していきますね。

①他人と比べない

比べると他人に合わせてしまうからです。

例えば、男性が便器に座ることに違和感を感じる方もいますよね。

しかし、自分が便器に座ることが当たり前なら、そのままでいいです。

他人と比べても、違和感を感じながら、毎日トイレに行く方がストレスになりますよね。

それなら、実際に便器に座った方が、人生を楽しめます。

他人と自分は価値観が違うのが当然なので、まずは他人と比較して合わせるのを辞めましょう。

違和感に共感してくれる人は必ずいる

また、自分が感じる違和感に共感してくれる人も必ずいます。

音楽でも同じですよね。

友達に「この曲いいよ」と勧められても、何か好きになれなかったりしませんか?

そして、自分の好きな曲を友達にすすめても、好きになってくれないとかですね。

モヤモヤするはず。

しかし、YouTubeとかで自分の好きな曲のコメント欄をみると、「好き」を共感してくれる人も多いです。

違和感に共感してくれる人は必ずいます。

他人(多数)の考えは正しいとか限らない

また、多数の考えが正しいとは限らないです。

いい例が、ブラック企業ですね。

ブラック企業に勤めている時は、「ここの仕事をまともにできない奴が他が務まるはずない」と社員全員に言われます。

在籍中は「皆そう言っているし、そうなのかな…」と感じるはず。

しかし、ブラック企業から転職して生きていけている人は大勢いますよね。

多数の考えが正しいとは限りませんよ。

他人と比較するのは辞めて、自分の価値観を大切にしましょう。

②違和感を続けた結果を想像する

2つ目は、違和感に感じていることを続けた時の結果を想像することです。

なぜなら、違和感を感じる=本音の行動ではないので、結果が出ず失敗するから。

失敗すると分かっているのに、違和感を感じつつ続けても損ですよね。

3年後を想像しても、ほぼほぼ失敗するので違和感を信じられます。

③直感を優先して行動する

3つ目は、直感を優先して行動することですね。

行動をすれば事実がわかり、違和感があっているか確認できます。

仕事なら、残業で稼ぐという風潮に違和感を覚え、定時で帰宅して別の方法で稼いでみるとかですね。

定時で帰宅してみて感じたことで、自分の違和感が正しかったか判断できます。

それに、失敗しても直感(本音)なので、自分が納得しやすいですよね。

ずっと悩んで待っていても答えは出ず、時間と労力が無駄になるだけですよ。

それなら直感に従い、実際に行動した方が一歩先に進めます。

自分を信じよう

ここまで解説してきた通り、下記方法で違和感を信じることができます。

  1. 他人と比べない
  2. 違和感を続けた結果を想像する
  3. 直感を優先して行動する

あとは、やるかやらないかの違いでしかありません。

違和感を信じるのに、確証は必要ないです。

上記方法を試しつつ、違和感を徐々に信じていきましょう。

3:違和感を信じて行動しよう

本記事の内容をまとめます。

あなたが感じる違和感が正しい理由は下記。

  • 自分と他人は価値観が違う
  • 違和感を持って続けても成果は出ない
  • 違和感が正しいことは論理的に説明できる

また、違和感を信じる方法は下記。

  1. 他人と比べない
  2. 違和感を続けた結果を想像する
  3. 直感を優先して行動する

いつか違和感を感じない生活がしたい方は、今から実施してみて下さい。

違和感の9割以上は当たっています。

違和感を感じながら、我慢して続けていても、苦痛はなくなりません。

違和感に振り回されないためにも、今回紹介した方法を実施して自分を信じましょう。

-LIFE