LIFE

試行錯誤をする意味とは?【結論:自分に価値が生まれます】

試行錯誤をする意味とは?【結論:自分に価値が生まれます】

こんにちは、シゲです。

・試行錯誤に価値があると言っている人がいるけど、めんどくさいだけじゃん。

・試行錯誤する意味って本当にあるの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記。

  • 1:試行錯誤をする意味とは?【理由を解説】
  • 2:正しい試行錯誤をする方法

試行錯誤をゴリ押しされることにうんざりしていませんか?

たしかに、試行錯誤は使い方を間違えると損をすることになります。

しかし、正しい使い方をすれば、崖っぷちから一気に上り詰めることができるくらい凄い力を持っているのも事実。

正しい使い方を覚えれば、自分を変えるチャンスですよ。

正しい試行錯誤の使い方を知りたい方は、最後まで読め進めてみて下さい。

3分で最後まで読めます。

1:試行錯誤をする意味とは?【理由を解説】

1:試行錯誤をする意味とは?【理由を解説】

試行錯誤する意味は下記。

  • 理想を現実に変えられる
  • 強靭なメンタルができる
  • 自分が専門家になれる

各々、詳しく解説していきますね。

理想を現実に変えられる

試行錯誤をすることで、理想と現実のすきまを埋められるからです。

スポーツ選手が良い例で、6歳が“オリンピックで金メダルを取る“と言ったら、皆本心では無理だろと思っているはず。

しかし、必死に試行錯誤しながら努力していって、金メダルを本当に取る人もいますよね。

(卓球の伊藤美誠選手とか)

試行錯誤をすることで、理想と現実のスキマを埋められ、理想を叶えられる可能性が生まれます。

試行錯誤する。たったこれだけで、理想が叶うか決まると言っても過言ではありません。

強靭なメンタルができる

試行錯誤をすると何度も挫折しそうになるし、失敗も増えるからです。

例えば、30代でYouTubeを始めていない私が今から「トップYouTubeになる」と言い出したら、多くの人が「お前には無理」と批判するでしょう。

こういう批判も気にせず、挑戦し続けられる人が成果を出し続けられます。

イチローさんとかも、自分の考えを優先し挑戦し続けたことによりあれだけ偉大な結果を出せています。

試行錯誤は、色々な批判や挫折を経験できるので、強靭なメンタルを手に入れられますよ。

それに、自分のことを優先できるので、他人にとって都合のいい人になることを避けて生きられます。

自分が専門家になれる

試行錯誤を続けると、ライバルが勝手に挫折して離脱していくからです。

ブログでも、100名中1名続けばいい方と言われています。

ブログで生活できているくらい稼いでいる人は、本当に専門家と言っていいレベルです。

何度も失敗することで、勝手にライバルがいなくなるので、自然と自分の価値を高められます。

失敗しても他の分野にも使える

仮に、試行錯誤が失敗しても問題ありません。

なぜなら、他の分野でも役に立てることが必ずあるから。

YouTubeで例えるなら、一人話がうまくなるとかですね。

これはプレゼンテーションなどにも使える技術や知識が身に付くので、バカにできないですよね。

YouTubeで稼げなくて挫折しても、他の分野で役に立ちます。

試行錯誤した日々は無駄になりません。

時には理屈抜きで実施していたことに、価値が出る事がいくらでもあります。

試行錯誤をする意味はある

ここまで解説してきた通り、下記理由から試行錯誤する意味はあります。

  • 理想を現実に変えられる
  • 強靭なメンタルができる
  • 自分が専門家になれる

試行錯誤して得られることは思っているよりも多いですよ。

それに、めんどくさいからといって実施しないといつまでも望みは叶いません。

試行錯誤しつつ、少しずつでもいいので前進して生きましょう。

とはいえ、「間違って試行錯誤をしてしまったら損するんでしょ?」と疑問に感じる方もいるはず。

確かに、間違った試行錯誤は消耗させられて損をするのも事実です。

しかし、安心して下さい。

本記事で正しい試行錯誤をする方法を紹介するので、参考にしつつ実施すれば、間違った試行錯誤はしない済みます。

2:正しい試行錯誤をする方法

2:正しい試行錯誤をする方法

正しい試行錯誤をする方法は下記。

  • 自分のために試行錯誤する
  • 極力他人と比べない
  • 方向性はいつでも変えていいと認識する

各々、詳しく解説していきますね。

自分のために試行錯誤する

当たり前ですが、自分以外のことで試行錯誤しても、自分の理想が叶うことはないし、損をすることが増えるからです。

サラリーマンがいい例ですが、仕事で試行錯誤を繰り返しても、会社の売上が上がるだけで、自分の給料が急激に増えることはまずないです。

試行錯誤して仕事の効率化や成果を出しても、楽に働いて暮らす理想は叶いません。

時間と労力が無駄になるだけです。

非常識な人に都合のいい様に使われないためにも、自分のために試行錯誤しましょう。

極力他人と比べない

他人と比べると、自分を責めることになり辛くなるからです。

試行錯誤する時は、まず味方はいません。

そんな状況で、自分まで自分を責めてしまったら、心が折れてしまいます。

試行錯誤する時は、孤独の戦いになりやすいので、極力他人と比べるのは辞めましょう。

それに、ないものねだりをしても、理想を叶えられる画期的な方法が見つかるわけではありません。

劣等感で圧し潰されないためにも、試行錯誤中に他人と比較するのは辞めましょう。

方向性はいつでも変えていいと認識する

繰り返しますが、試行錯誤で失敗しても別の方向で活躍できる可能性があるからです。

それに、初めから失敗すると分かって挑戦する人なんていませんよね。

初めから、ブラック企業と分かっていてブラック企業に勤める人はいないのと同じです。

挑戦してみてから、何か違うなと感じることはザラにありますよ。

人生は長いので、試行錯誤して違うと思ったり、どうしても成果が出ないなら、別の方向性で頑張ってみるのもありです。

他人のための試行錯誤は損

他人のための試行錯誤は損をするので絶対に辞めましょう。

他人のために試行錯誤しても、自分の本当のやりたいことではないので、成功しても失敗しても、時間と労力が無駄になるだけです。

余裕があるなら、他人のために試行錯誤するのもいいですが、基本的には他人のために試行錯誤するのは辞めましょう。

めんどくさいは習慣化で軽減させよう

とはいえ、「自分のために試行錯誤するにしても、めんどくさい」と感じる方もいるはず。

確かに、めんどくさいことは誰でも嫌ですよね。

残念ですが、めんどくさい感情を完全になくすことは不可能です。

しかし、めんどくさい思いを軽減させる方法はあります。

その方法は、習慣化することです。

サラリーマンなら、誰でも日曜日に「明日、出勤するのめんどくさい」と感じたことが絶対にあるはず。

しかし、きちんと出勤できているのはなぜでしょうか?

それは、月曜日に出勤するという習慣ができているから。

朝起きて歯磨きができるのと同じです。

習慣化する。たったこれだけで、めんどくささが軽減できます。

そもそも好きならめんどくさくならない

とはいえ、「めんどくさい」と感じて、挫折してしまうなら、本気で好きじゃなかったというだけです。

本気で好きなことなら、めんどくさいと感じないはず。

YouTubeの動画を見るのが、めんどくさいと感じないのは、好きだからですよね。

好きなものなら、辛くても試行錯誤し続けられます。

つまり、めんどくさいと感じるなら、好きなことではなく本当に叶えたい理想でもないということです。

めんどくさいと感じるなら、方向性を変えるのも一つの手です。

正しい試行錯誤をして自分を変えよう

ここまで解説してきた通り、下記方法で正しい試行錯誤を実施できるようになります。

  • 自分のために試行錯誤する
  • 極力他人と比べない
  • 方向性はいつでも変えていいと認識する

他人のための試行錯誤は、確実に損をするので絶対に辞めて下さい。

自分のためになる試行錯誤を実施して、自分の人生を良い方向に変えていきましょう。

3:試行錯誤する意味はあり

本記事の内容をまとめます。

試行錯誤する意味は下記。

  • 理想を現実に変えられる
  • 強靭なメンタルができる
  • 自分が専門家になれる

また、正しい試行錯誤をする方法は下記。

  • 自分のために試行錯誤する
  • 極力他人と比べない
  • 方向性はいつでも変えていいと認識する

試行錯誤は使い方次第で、結果が大きく変わることがわかったはずです。

ゆとりある理想の生活を送りたいなら、自分のための試行錯誤をし続けましょう。

正直、今から行動できない人は、一生現状維持のままで自分を変えるチャンスを逃しています。

自分の人生を良い方向に変えるためにも、自分のやりたいことに挑戦して試行錯誤をして生きていきましょう。

-LIFE