LIFE

「遅刻が許せない」←対処方法を教えます【イライラすると損】

2021年5月31日

「遅刻が許せない」←対処方法を教えます【イライラすると損】

こんにちは、シゲです。

・遅刻をする人が許せない
・遅刻を辞めらせるにはどうすればいいの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

  • 1:「遅刻が許せない」←対処方法を教えます
  • 2:遅刻にイライラしない方法

本記事の内容を読めば、遅刻が許せないと考えることがなくなります。

遅刻してきた友達にイライラしていた私がノウハウを共有しますね。

1:「遅刻が許せない」←対処方法を教えます

1:「遅刻が許せない」←対処方法を教えます

遅刻が許せない時の対処方法は、1つだけで“無関心になって関わらない”ことです。

理由は下記。

  • 本人が変わらないと遅刻はなくならない
  • 相手を気にしても自分のためにならない
  • 遅刻を許せないと考えてる状況がもったいない

各々、詳しく解説していきますね。

本人が変わらないと遅刻はなくならない

他人はコントロールできないからです。

仮に、遅刻をする人に注意をしても、本人が変わる気がないなら、遅刻はなくならないですよね。

私も過去の友達に、遅刻をする人がいて、「ちゃんと集まっている人の時間を奪っている」と注意をした経験があります。

しかし、遅刻は治らなかったですね。

正直、本人が変わる気がないなら、関わるだけ損です。

相手を気にしても自分のためにならない

また、遅刻する人のことを気にしても、自分の人生は豊かになりません。

遅刻が治ったからといって、自分の収入が増えたりより人間関係が良いものになることもないですよね。

それなら、無関心になり自分のことに集中した方が自分のためになります。

遅刻を許せないと考えてる状況がもったいない

遅刻を許せないと考えていると自分のための言動ができなくなるからです。

正直、下記のような愚痴を言っていても、遅刻している状況は変わらないですよね。

  • あいつ、また遅刻している
  • だらしがない奴だな~
  • また注意しないと…

上記愚痴を言っていても、自分の人生が豊かになりません。

遅刻を許せないと考えている状況は、自分のためになっていないため損をしますよ。

遅刻をする人を受け入れて諦めましょう

ここまで解説してきた通り、遅刻が許せない時の対処方法は、“無関心になって関わらない”ことです。

  • 本人が変わらないと遅刻はなくならない
  • 相手を気にしても自分のためにならない
  • 遅刻を許せないと考えてる状況がもったいない

遅刻が許せないと考えてしまうと、自分が損をします。

正直、他人の遅刻でイライラしたり注意したりするのってもったいないですよ。

他人の遅刻に振り回されないためにも、無関心になって関わらないでおきましょう。

2:遅刻にイライラしない方法

2:遅刻にイライラしない方法

なお、「とはいえ、遅刻される状況は変わらない」と感じている方もいるはず。

そこで、遅刻されたとしても、イライラしない方法を紹介しますね。

具体的な方法は下記。

  • あえて待ち合わせ時間を早く伝える
  • 待ち合わせ場所を本屋にする
  • 個人で稼ぐ

各々、詳しく解説していきますね。

あえて待ち合わせ時間を早く伝える

遅刻常習犯の人は、早めに待ち合わせ時間を伝えておけば、早めに来るようになるからです。

他人を騙すようで嫌と感じるかもですが、遅刻してきて他の人に迷惑をかけるよりはマシですよね。

あえて待ち合わせ時間を早めに伝えるのもありです。

待ち合わせ場所を本屋にする

待ち合わせ場所を本屋にすれば、本を読んで時間をつぶすことができるからです。

ただ、ぼーとしているより、新しい知識を取り入れる方が絶対に自分のためになりますよ。

待ち合わせ場所を本屋にしましょう。

個人で稼ぐ

個人で稼いでいれば、待ち時間で稼ぐことができるからです。

私の場合なら、スマホでブログに関するネタ集めや執筆などをしますね。

やる事を作っていれば、待ち時間を有効に使うことができますよ。

特にやることがないなら、個人で稼ぎ時間を有効に使いましょう。

遅刻に真面目に対応するのは辞めよう

ここまで解説してきた通り、遅刻をされたら下記方法で対処してみて下さい。

  • あえて待ち合わせ時間を早く伝える
  • 待ち合わせ場所を本屋にする
  • 個人で稼ぐ

遅刻が嫌になっているのは、“待たされている“状態が続くからです。

やることがあれば、待たされている状況でもイライラしないで済みますよ。

待たされている状態を無駄にしないためにも、是非今回紹介した方法を試してみて下さい。

3:遅刻を受け入れよう

本記事の内容をまとめます。

遅刻が許せない時の対処方法は、1つだけで“無関心になって関わらない”ことです。

理由は下記。

  • 本人が変わらないと遅刻はなくならない
  • 相手を気にしても自分のためにならない
  • 遅刻を許せないと考えてる状況がもったいない

正直、遅刻は許せないと考えている時点で、自分のための言動が減るので、損をしますよ。

自分のためにも、遅刻をする人を無関心になり、関わらないのが一番です。

なお、遅刻をされた時の対処方法は下記。

  • あえて待ち合わせ時間を早く伝える
  • 待ち合わせ場所を本屋にする
  • 個人で稼ぐ

どうしても遅刻される状況を変えられないなら、是非試してみて下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE