Road bike

「サイクルコンピューターはいらない?」←必要あり【初心者必見】

2020年10月26日

「サイクルコンピューターはいらない」←必要あり【初心者必見】

こんにちは、シゲです。

・最近、スマートウォッチやスマホで色々測定できるし、サイクルコンピュータって必要なさそう…
・サイクルコンピュータって本当に必要なの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記。

  • 1:「サイクルコンピューターはいらない
    」←必要あり【理由を解説】
  • 2:サイクルコンピューターを使うメリット
  • 3:おすすめのサイクルコンピューター

「ロードバイクを始めたてだけど、サイコンは必要ある?」と疑問に感じていませんか?

正直、速度や心拍数を測るなら、絶対にサイクルコンピューターを使った方が良いです。

サイクルコンピューターを使うことで、よりロードバイクの魅力を感じられて、快適に走行できるようになります。

より快適に爽快感を得た走行がしたい方は、是非サイクルコンピューターを使ってみて下さい。

とはいえ、「スマートウォッチやスマホでも測定できるじゃん」と感じる方もいるはず。

しかし、断言しますが、サイクルコンピューターで測定した方が絶対に得です。

ロードバイク歴5年で、サイクルコンピューターを使い続けてきた私が詳しく解説していきますね。

1:「サイクルコンピューターはいらない?」←必要あり【理由を解説】

1:「サイクルコンピューターはいらない」←必要あり【理由を解説】

速度や心拍数などを測定するなら、サイクルコンピューターが最適な理由は下記。

  • スマホは電池切れしやすい
  • スマートウォッチは走行中に見づらい
  • スマホ、スマートウォッチは測定精度が低い

各々詳しく解説していきますね。

スマホは電池切れしやすい

アプリを起動しながら、測定をしているため、充電が持たないからです。

正直、半日もたずに充電が切れるはず。

速度や心拍数を気にするくらい実力がある人は、半日以上走行することもザラにあります。

走行中に充電が切れたら、使い物にならないし、せっかく測定していたデータを後から見返すこともできなくなりますよ。

それに、緊急の連絡などもできなくなってしまいます。

大半のサイクルコンピューターなら、1日以上使い続けられます。

スマートウォッチは走行中に見づらい

スマートウォッチは、腕に付けているため、リアルタイムで速度などを確認する時に、いちいち腕を上げて目視する必要があります。

それに、画面も小さいため、1度で複数項目を確認することはできません。

  • 時間
  • 速度
  • 勾配
  • 心拍数
  • 走行距離 など

上記のように走行中に見たい項目は、思っているよりも多いです。

項目を確認するために、両腕をハンドルから離し、スマートウォッチを操作するのは、正直めんどくさいですよね。

結局「操作がめんどくさい…」と感じて、スマートウォッチを付けなくなってしまいます。

サイクルコンピューターなら、ハンドルから手を離す必要もないし、1つの画面で複数の項目を確認できるため、操作も最小限に抑えられます。

スマホ、スマートウォッチは測定精度が低い

スマホやスマートウォッチは、測定精度が低いです。

例えば、山にヒルクライムに行ったら電波が悪く、全く測定できていない状況になるとかです。

測定するためにせっかく持ってきたのに、測定できないとなると、ただ荷物を増やして走行している状態のため、走行にも支障が出てしまいますよ。

それに、標高3,000m以上登るプロ選手もスマホやスマートウォッチではなく、“サイクルコンピューター”を使っています。

ある程度趣味でロードバイクに乗っている方なら、ヒルクライムも登るため、サイクルコンピューターを使うべきです。

2:サイクルコンピューターを使うメリット

2:サイクルコンピューターを使うメリット

さらに、サイクルコンピューターを使うメリットがあります。

具体的には、下記3つです。

  • ペース配分を決めて走行できる
  • ハンドルから手を離さず確認でき安全
  • 自分の限界が分かり、成長に繋がる

各々、詳しく解説していきます。

ペース配分を決めて走行できる

サイクルコンピューターなら、リアルタイムで複数項目を見れるため、自分に合ったペース配分ができます。

ペース配分を決めて走行すると、下記のようなことができるようになりますよ。

  • 自分の限界を数値で把握できる
  • 長距離を走行できるだけの体力を温存できる

少しでも、速く快適に走行できるようになるためにも、サイクルコンピューターを使って、ペース配分を意識して走行しましょう。

ハンドルから手を離さず確認でき安全

サイクルコンピューターなら、本体をハンドルに取り付けて1画面で複数項目を見れるからです。

危険な時に瞬時に避けられる準備をして安全を確保できることは、サイクルコンピューターのメリットですね。

自分の限界が分かり、成長に繋がる

サイクルコンピューターを使えば、数値で自分の限界が分かります。

例えば、平坦で最速を出したいと思うなら、速度を測定すれば、自分の限界がわかりますよね。

現状が、45㎞/hだとしたら、50㎞/hを目標に練習ができるはず。

サイクルコンピューターを使えば、数値で自分の限界を知ることができ、成長に繋がります。

ロードバイクをより楽しむためにも、サイクルコンピューターを使いましょう。

サイクルコンピュータを使おう

ここまで解説してきた通りに、下記理由から速度や心拍数を測るなら、サイクルコンピューターは必須です。

  • 【スマホ、スマートウォッチのデメリット】
    • スマホは電池切れしやすい
    • スマートウォッチ走行中に見づらい
    • スマホ、スマートウォッチは測定精度が低い
  • 【サイコンのメリット】
    • ペース配分を決めて走行できる
    • ハンドルから手を離さず確認でき安全
    • 自分の限界が分かり、成長に繋がる

今後、スマートウォッチやスマホがどれだけ性能を上げていくかで、変わってくるかもですが、現時点でサイコンの方が優位です。

「せっかく走行したのに、きちんと測定できていなかった…」と落ち込まないためにも、サイクルコンピューターを使いましょう。

とはいえ、「サイクルコンピューターは、どれを選べばいいの?」と疑問に感じるはず。

そこで、初めてサイクルコンピュータ-を買う人におすすめのサイクルコンピューターを紹介しますね。

3:おすすめのサイクルコンピューター

3:おすすめのサイクルコンピューター

初めてサイクルコンピューターを購入するなら、下記いずれかが良いと思います。

  • ガーミン edge530
  • ブライトン RIDER750
  • ガーミン edge130plus

詳しく解説していきます。

ガーミン Edge530

ガーミンは、アメリカのメーカーでGPSなどにめちゃくちゃ詳しい会社ですね。

ひと昔前なら、“サイコン=ガーミンが常識“とされていたくらいに今でも有名です。

Edge530は、ガーミン内のサイコンでは中くらいのグレードですが、測定できる項目は多く精度も優れているため、使っていて不満を感じることはありません。

また、他のメーカーのサイコンの上位モデルと同じくらいの性能は持っているし、長期的に使い続けられますよ。

悩んでいるなら、ガーミン Edge530を選んでおけば間違いありません。

ちなみに、私は旧モデルEdge520Jを使っていますが、かなり重宝しています。

壊れるまでは、Edge520Jを使い続けようと感じるくらい満足度が高い1品でしたね。

参考までに、使用感を書いた記事を貼っておくので参考にしてみて下さい。

GARMIN Edge520J使用レビュー

Road bike

GARMIN Edge520J使用レビュー

2022/5/18  

こんにちは、シゲです。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容をまとめます。 1:GARMIN Edge520J使用レビュー【良かった点、悪かった点を解説】2:機能紹介3:こんな人におすすめ ...

ブライトン RIDER750

ブライトンは、ここ2~3年ほどでグイグイとシェアを広げてきたメーカーですね。

ナビ機能が充実しており、「将来的に知らない土地でもロードバイクに乗りたい」と考えている方は、購入しても後悔しないはず。

もちろん、ケイデンスや心拍数などの重要な項目も測定できます。

他人と被りたくないけど、性能も重視したいという方に向いているサイコンですね。

ガーミン Edge130plus

ここまで紹介してきた2つのサイコンは、正直いい値段はします。(※その分性能はいい)

しかし、「少しでも出費を抑えたい」と思っている読者もいるはず。

そこで、コスパ重視なのは、ガーミン Edge130plusです。

Edge530の半額以下で購入でき、中級者で使う項目は全て測定できます。

画面が白黒で見にくいというデメリットはあるものの、慣れればそこまで違和感を感じないはず。

コスパ重視で価格を抑えたいという方は、ガーミン Edge130plusもありです。

ということで、以上になります。

ここまでの解説で、サイクルコンピューターの必要性がわかっていただけましたでしょうか?

きちんとロードバイクを安全により楽しみたいという方は、スマホやスマートウォッチに頼るのでなく、サイクルコンピューターを使いましょう。

-Road bike