Road bike

ロードバイクに乗らなくなった・飽きた原因【再開する方法も紹介】

ロードバイクに乗らなくなった・飽きた原因【明確な目標が必要な話】

こんにちは、シゲです。

・初期費用が高かったのに、結局ロードバイクに乗らなくなってしまった…
・また、ロードバイクに乗り始めたい。
・挫折せずに、ロードバイクに乗り続けられる方法を教えて欲しい。

というお悩みにお答えしていきます。
本記事の内容は、下記です。

  • 1:ロードバイクに乗らなくなった・飽きた原因
  • 2:挫折せずロードバイクに乗り続ける方法
  • 3:ロードバイクのモチベーションを上げる方法

本記事を読み実施すれば、ロードバイクに乗らなくなった・飽きた原因が分かり、またロードバイクに乗り始めることができるようになります。

ロードバイク歴5年の私がノウハウを共有しますね。

1:ロードバイクに乗らなくなった・飽きた原因

ロードバイクに乗らなくなった・飽きた原因

まずは、ロードバイクに乗らなくなった・飽きた原因を紹介します。

具体的な原因は、下記4つ。

  • 準備がめんどくさい
  • メンテナンスがめんどくさい
  • 乗り終わったあと、非常に疲れる
  • ロードバイクを乗る目標が明確でない

各項目ごとに詳細を解説します。

準備がめんどくさい

ロードバイクを乗る前に、タイヤに空気を入れたり、鍵やヘルメットなど様々な準備が必要だからです。

私の場合は、ロードバイクを乗る前は下記の通りの準備をしています。

  1. 汚れてもいい服装に変える
  2. タイヤに空気を入れる
  3. 専用のボトルに飲み物を補充する
  4. サイフ、携帯、鍵などを準備してバックにしまう
  5. ロードバイクを室内から外に持ち出す
  6. ヘルメットを被る
  7. ビンディングシューズに履き替える
  8. ロードバイクに乗る

かなり準備の工程が多いため、毎回「めんどくさい」と感じています。

しかし、上記準備をしておかないとロードバイクに乗ることができません。

仮に、準備不足でロードバイクに乗ると、パンクや盗難に遭った時に、もっとめんどくさいことが起きてしまいます。

正直、私もロードバイクに乗りたくないと思う日があり、その原因の9割は、ロードバイクに乗る前の準備がめんどくさいだからです。

実際に、何回もロードバイクに乗るのを辞めた経験があります。

私のように、準備がめんどくさく感じ、ロードバイクに乗らなくなる人も大勢いるはず。

メンテナンスがめんどくさい

ロードバイクには、注油など頻繁にメンテナンスする必要があるからです。

メンテナンスを怠ると最悪の場合、ロードバイクの故障や事故が起こってしまうため、故障や事故を防ぐには、定期的なメンテナンスは必須。

例えば、簡単なメンテナンスは下記。

  • チェーンの清掃
  • 注油
  • タイヤ交換
  • バーテープ交換 など

このように、ロードバイクは、故障や事故を防ぐために定期的に様々なメンテナンスが必須。

しかし、メンテナンスには、時間と手間がかかり、めんどくさいです。

私は、基本的なメンテナンスは、全て自分で行っています。

特に、チェーン清掃や注油は、3~4回ほどの走行で、1回の実施するほどの頻度で行っているため、毎回「手汚れるし、めんどくさいな」と思いながら、実施しています。

専門ショップに頼もうかなと検討したこともありましたが、ロードバイク本体を専門ショップに持っていくことを考えたら、「自分でやった方が楽だ」と思えたので、専門ショップに頼むのは辞めました。

このように、メンテナンスがめんどくさいため、ロードバイクに乗らなくなります。

乗り終わったあと、非常に疲れる

ロードバイクは、有酸素運動のため、エネルギーの消費が激しいスポーツだからです。

そのため、ロードバイクに乗り終わったあとは、「今日めちゃくちゃ疲れた」「すぐに寝たい」と感じ、ドッと疲れます。

また、日頃からロードバイクに乗っていない人だと、ロードバイクに乗った疲れは数日ほど続くため、平日まで影響してしまいますね。

私も、会社員の時に、休日になると「次の日仕事だから、ロードバイクに乗って疲れると、仕事にも影響出る」と考えてしまい、結局ロードバイクに乗らなくなった時期がありました。

ロードバイクに乗らなくなるのは、乗り終わったあと非常に疲れるからです。

なお、乗り方を変えることで、疲れにくくすることができます。

ノウハウを知りたい方は、下記記事を参考にしてみて下さい。

【初心者向け】ロードバイクが疲れる原因は?【対策方法も紹介】

Road bike

【初心者向け】ロードバイクが疲れる原因は?【対策方法も紹介】

2019/7/2  

こんにちは、シゲです。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は、下記です。 1:ロードバイクが疲れる原因は?2:ロードバイクが疲れなくなる方法 本記事を読み実施すれば、ロードバイクで疲れに ...

ロードバイクを乗る目標が明確でない

なぜなら、人は目標を達成できた時に、自信や満足感を得られるから。

ロードバイクも同じです。

目標に向かってロードバイクに乗り、目標達成できた時に「楽しいな」「嬉しいな」「また乗ろう」などの満足感を得られます。

また、曖昧な目標だと満足感が得られないため、具体的な目標にするいいですよ。

たとえば、「ダイエット」のために、ロードバイクを乗るとしても、具体的に何㎏痩せたいのか?分からないままだと、どれくらいロードバイクに乗らないといけないのかわかないため、飽きやすいです。

それよりも、10㎏痩せるなど目標を明確にすれば、週に2回は必ず乗るなどロードバイクに乗る頻度を決められます。

また、実際に10㎏痩せれれば「うれしい。私も頑張ればできるじゃん」と満足感が得られ、またロードバイクに乗りたくなりますよね。

このように、具体的な目標がないと、目標が達成できたかもわからないため、満足感は感じられません。

満足感がないと飽きやすく、ロードバイクに乗らなくなります。

2:挫折せずロードバイクに乗り続ける方法

挫折せずロードバイクに乗り続ける方法

ここまでの説明で、ロードバイクに乗らなくなった・飽きた原因がわかりましたね。

ここから、挫折せずまたロードバイクに乗り続ける方法を紹介します。

具体的な方法は、下記2つです。

  • ロードバイクに乗ることを習慣する
  • ロードバイクを乗る目標を明確する

各項目ごとに詳細を解説します。

ロードバイクに乗ることを習慣する

挫折せず、ロードバイクにまた乗り始めるには、ロードバイクに乗ることを習慣にすることが重要です。

なぜなら、人は習慣することで、疲れやめんどくささを感じなくなるから。

あなたも、朝起きた時にすぐに実行することがあるはずです。

顔を洗うやお風呂に入るなど、人により様々ですが、絶対に1つくらいは習慣になっていることがありますよね。

しかし、あなたはこれらの朝の習慣を実行する時に、「めんどくさい」「やりたくない」「疲れる」と感じていないはず。

このように、人は習慣化することで、疲れやめんどくささを感じなくなります。

ロードバイクに乗ることを習慣化して、疲れやめんどくささをなくしましょう。

ロードバイクに乗ることを習慣化するためには、下記方法がおすすめ。

  • 通勤通学でロードバイクに乗る
  • 週に3回は必ずローラー台でトレーニングする

私は、2日1回は必ず、ロードバイクに乗るようにしているため、ロードバイクに乗った後の疲れ具合も、かなり感じづらくなりました。

また、乗る前の準備はめんどくさいと感じなくはないですが、「まぁちょっとのことだし、いいか」と考えられるようになりましたね。

挫折せずに、ロードバイクに乗り続けるために、ロードバイクに乗ることを習慣にしましょう。

ロードバイクを乗る目標を明確する

目標が明確になれば、満足感を得られるため、ロードバイクに乗るモチベーションを保てるからです。

正直、私も一時期、ロードバイクに乗らなくなった時期がありました。

理由は、冬の時期で寒いや仕事が忙しいなどが理由です。

しかし今考えると、ロードバイク乗る明確な理由がなかったから、言い訳をしてるだけに過ぎなかったんだなと感じています。

では、実際にまたロードバイクに乗り始めたのはなぜかというと、「体重を5㎏落とす」という明確な目標ができたから。

私は、学生時代はいくら食べても太らない体質だと思っていましたが、ここ数年で一気に体重が増えてしまい、お腹が出てしまいましたね。

私は昔から「中年オヤジみたいな腹は、かっこ悪いし絶対ヤダ」と考えていたため、またロードバイクに乗るようになりました。

結果は、3ヵ月で体重を5㎏落とすことができたため、非常に嬉しかったし、あの頃の自分には戻りたくないと考えているため、今でも、2日に1回は、ロードバイクに乗ることができています。

挫折せず、ロードバイクにまた乗り始めるには、ロードバイクを乗る目標を明確にしましょう。

3:ロードバイクのモチベーションを上げる方法

ロードバイクのモチベーションを上げる方法を知りたい方は、下記記事をどうぞ。

【体験談】ロードバイクのモチベーションを上げる方法

Road bike

【体験談あり】ロードバイクのモチベーションを上げる方法

2019/6/21  

ロードバイク歴4年のシゲです。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は、下記です。 1:ロードバイクのモチベーションを上げる方法【走行編】 2:ロードバイクのモチベーションを上げる方法【そ ...

ということで、以上になります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-Road bike