WORK

実力がない人が出世した時の対処方法【極力避けるのが最適】

実力がない人が出世した時の対処方法【極力避けるのが最適】

こんにちは、シゲです。

・実力がない人が出世してしまった…
・どう接すれば、自分が損しないで済むかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

  • 1:実力がない人が出世した時の対処方法
  • 2:実力がない人が出世する会社に在籍し続けるべき?

本記事を読み実施すれば、実力がない人が出世した時の働き方が分かり、損しなくなりますよ。

11年勤めた会社で実力がない人が出世して、損していた私がノウハウを共有しますね。

1:実力がない人が出世した時の対処方法

1:実力がない人が出世した時の対処方法

実力がない人が出世した時の対処方法は、下記3つ。

  • 最低限の仕事だけをする
  • 昇給は諦める
  • 自分だけである程度仕事を進められる状況を作る

各々、詳しく解説していきますね。

最低限の仕事だけをする

実力がない人が上司になると、仕事を部下に丸投げしたり無茶ぶりが増えるからです。

私の場合だと、下記のような依頼をされていましたね。

  • 納期ギリギリ(1週間前)の仕事を依頼される
  • 担当していない仕事の出張に一人で行かされる
  • 責任がある仕事の承認

我慢しつつ、上記を処理していましたが、11年間で昇給できたのでは2万円程度です。

日に日に仕事量が増えるだけで損していましたね。

私のように損をしないためにも、適切な距離を保ちつつ最低限の仕事だけをこなす方がいいです。

昇給は諦める

実力がない人が上司だと、実績で評価することはほぼないからです。

実績よりも、上司自身の人間関係で判断することが多いでしょう。

例えば、下記のような評価方法ですね。

  • 文句を言う人は評価を良くする
  • 自分より年上には良い評価をする
  • 実績があるけど若いから評価は低い

こんな感じで実力がない人が上司だと、実績ではなく人間関係で評価をします。

また、人は感情で行動する生き物なので、実力だけで評価することはまずありえません。

頑張って昇給しようと思っても、損をするだけなので、辞めた方がいいですよ。

実力がない人が出世した上司なら、昇給は諦めましょう。

自分だけである程度仕事を進められる状況を作る

上司の指示が必要ない状況にすれば、振り回されることを減らせるからです。

例えば、自ら関係者と連携して仕事を回して処理するとかですね。

これができれば、上司の指示なしで仕事を処理することができます。

ただし、実力がない上司は売上のことにうるさくなり、仕事が増えるのは難点ですね。

とはいえ、上司と関わる機会を減らせるのは事実です。

なるべく、実力がない上司に振り回されないためにも、自分だけである程度仕事を進められる状況を作りましょう。

転職をするのもあり

ここまで解説したきた下記方法が、実力がない人が出世した時の対処方法になります。

  • 最低限の仕事だけをする
  • 昇給は諦める
  • 自分だけである程度仕事を進められる状況を作る

正直、上記努力をしても、完全に実力がない上司に振り回されない状況を作るのは不可能です。

大なり小なり損はしますね。

完全に損をしない状況を作りたい方は、転職するしかないです。

すぐに転職しないにしても、転職活動は長期間かかるため、今から準備をしておいた方がいいですよ。

また、終身雇用が崩壊してきているため、今後は転職するのが当たり前の時代になります。

実力がない上司と関り損し続ける状況から、すぐに抜け出せるようにするためにも、転職準備だけはしておきましょう。

2:実力がない人が出世する会社に在籍し続けるべき?

2:実力がない人が出世する会社に在籍し続けるべき?

結論から言うと、実力がない人が出世する会社は、なるべく辞めた方が良いです。

理由は下記4つ。

  • 実力がない人が集まってくる
  • 会社が成長せず恩恵が増えない
  • 他人のエゴに巻き込まれやすい
  • リストラの可能性も高い

各々、詳しく解説していきますね。

実力がない人が集まってくる

実力がない人は、自分に自信がない人が多いため、群れを作ろうとするからです。

学校でも、クラスの中でいくつもグループが作られていましたよね。

なぜなら、一人で居るのが怖いから。

また、グループ員も自分に似たような人が集まります。

このように、人は似たような人が集まる習慣があります。

実力がない人も同じように、実力がない人が多く集まってきますよ。

実力がない人が集まっても会社の売上は上がらないため、給料も上がりません。

むしろ、自分に仕事が集中して損をするだけです。

「そういう会社なんだな~」と割り切り、別の環境で働いた方が自分のためになります。

会社が成長せず恩恵が増えない

実力がない上司だと部下が育たないため、会社の売上も上がらないからです。

部下を育てられるかも上司としての役目ですが、実力がない人が上司の場合部下は成長できません。

部下が成長できないと現状維持になり売上は上がないため、部下を昇給させることもできなくなります。

実力がない上司がいると、会社の経営状態も良くなることはなく、自分が損するだけですよ。

実力がない人が出世して上司になったら、なるべく辞めた方がいいですね。

他人のエゴに巻き込まれやすい

会社員なら、実力がない人でも自分より立場が上なら、従う必要があるからです。

実力がない人が上司だと、判断間違いや曖昧にして放置することも多いですよね。

実際に作業する側は、納期がギリギリになったり無駄な作業をされられ損をします。

他人のエゴに巻き込まれ損をしないためにも、実力がない人が出世した会社はなるべく辞めた方がいいでしょう。

リストラの可能性も高い

現在、終身雇用が崩壊してきているため、会社の経営状況が悪くなったらクビにされることもあるからです。

給料がもらえるからと言って安心していると後から痛い目を見ますよ。

今後は、会社とある程度一定の距離を保ちつつ、付き合った方がいいです。

また、実力がない人が出世して上司になる会社は将来性もないため、辞めた方がいいですよ。

【補足】自分で稼ぐ力を身に付けるべき

先ほどの繰り返しになりますが、会社に頼りきりになると今後は損をするからです。

会社に頼る時代は終わり、個人で稼げるようになる方が安定した状況を作れますよ。

今は、会社に頼っている人が多いため、差をつけるなら今の内です。

会社に頼り続けるのは辞め、自分で稼ぐ努力を始めましょう。

実際に稼ぎ始めよう!!

なお、自分で稼げるようになるには、実際に稼いでみることが最適です。

例えば、ダイエットでも効率良く痩せる方法を探すより、実際に色んな方法を試した方が、自分に合ったダイエット方法を見つけられ、痩せられますよね。

個人で稼げるようになるのも同じで、実際に稼いでみることが稼げるようになるための最適な方法です。

また、仮に稼げなくても知らなかった知識とスキルは手に入るため、無駄になる事はありません。

個人で稼げるようになり、ストレスフリーの生活を過ごすためにも、今から稼ぎ始めてみて下さい。

3:実力がない人が出世した時は、個人で対応しよう!!

本記事の内容をまとめます。

実力がない人が出世した時の対処方法は、下記3つ。

  • 最低限の仕事だけをする
  • 昇給は諦める
  • 自分だけである程度仕事を進められる状況を作る

正直、上記は関わりを減らすことはできますが、完全に損をしない状況にはできません。

もし、完璧に損をしたくないという方は、転職することをおすすめします。

転職には、最低でも3ヵ月は掛かるため、すぐに転職できるような準備だけでもしておきましょう。

また、実力がない人が出世する会社は、なるべく辞めた方が良いです。

理由は下記4つ。

  • 実力がない人が集まってくる
  • 会社が成長せず恩恵が増えない
  • 他人のエゴに巻き込まれやすい
  • リストラの可能性も高い

ぶっちゃけ、実力がない人が出世する会社は、将来性がないです。

今後は、会社に頼るのではなく、一定の距離間で付き合うことが必要になりますよ。

会社に頼らなくてもいいようにするためにも、個人で稼げるようになりましょう。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-WORK