LIFE 一人暮らし

一人暮らしで木造ってどうなの?【結論:木造は辞めましょう】

一人暮らしで木造ってどうなの?【結論:木造は辞めましょう】

一人暮らし歴7年以上のシゲです。

・人暮らしを始める際、木造はどうなのかな?
・木造のメリット、デメリットを知りたい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

  • 1:一人暮らしで木造ってどうなの?
  • 2:木造のデメリット
  • 3:木造のメリット

本記事を読めば、アパートを借りる時に木造を選んでいいか判断することができます。

私は、一人暮らしを始めて4回ほど引っ越しをしてきました。

その中の2回は、木造の賃貸を借りていて、そこでのノウハウをお伝えしたいなと思い記事にしました。

特に「初めて一人暮らしをする」という方は、3分で全て読めるので、ぜひ目を通してみて下さい。

1:一人暮らしで木造ってどうなの?

一人暮らしで木造ってどうなの?

結論から言うと、一人暮らしでの木造は辞めた方がいいです。

理由は、デメリットの方が多いから。

木造のデメリットとメリットは下記。

  1. 【木造デメリット】
    • 生活音が聞こえる
    • 通気性がいいため、冬は寒い
    • 虫が多い
    • 火災や地震に弱い
  2. 【木造メリット】
    • 家賃が安い
    • 通気性がいいため、夏は涼しい

上記を詳しく解説していきますね。

2:木造のデメリット

木造のデメリット

木造のデメリットは、下記4つ。

  • 生活音が聞こえる
  • 通気性がいいため、冬は寒い
  • 虫が多い
  • 火災や地震に弱い

では、詳しく解説していきます。

生活音が聞こえる

木造は、近隣の生活音が聞こえてくるため、苦痛に感じます。

木造アパートに住むとわかりますが、上下左右の部屋から会話や足音など様々な音が聞こえてきますよ。

私は以前住んでいた木造アパートで、毎日喧嘩をする家族が隣に住んでいました。

  • 帰宅時
  • 食事をしている時
  • ベットに入り寝ようとしている時

上記すべてのタイミングで、男性と女性で怒鳴りあいの喧嘩が聞こえてきましたね。

始めの頃は、「うわぁ。今日もやってるよ。」という他人事の感覚で過ごしていました。

しかし、時間が経つにつれ、「今日もやってるのかよ。いい加減に近所迷惑なこと気づけよ!!」「こっちまでイライラしてくる」と考えるようになり、知らない内に自分にもストレスが溜まりましたね。

また、これ以外にも、母親から子供への説教・子供の走った時に足音なども常に聞こえてくるため、気が休まることができませんでした。

根本的に生活音に悩まされたくないなら、鉄骨造か鉄筋コンクリート造の賃貸を選びましょう。

通気性がいいため、冬は寒い

木造は通気性がいいため、外気と部屋の中の気温がほぼ変わらないからです。

暖房を使用しても部屋が暖まりにくく、電気代も高くなりますよ。

私が木造に住んでいた時は、暖房もガンガンに使っていましたが、それでも寒かったですね。

部屋の中でも、ダウンなども着込んでいたことを覚えています。

特にキッチンは、暖房がある部屋とは違う場所だったため、凍えながら料理をしていました。

1ヵ月も経たず嫌になり、自炊をしなくなりましたね。

その結果外食が増え、食費が増えたのは言うまでもありません。

木造は、通気性がよく冬が寒いため、辞めた方がいいです。

虫が多い

木造は、虫が多く発生します。

私が一人暮らしを始めて1回目の木造アパートの時、毎月1回以上ゴキブリを発見していました。

発見するたびに、びっくりして優先的に処理をしないといけないため、非常に苦労しましたね。

しかし、2回目の木造アパートの時は、あまり見かけなかったです。

年に2回程度ゴキブリを見かける感じでした。

ここからは個人的な意見ですが、1回目の木造アパートは築30年ほど経っていた物件で、2回目の木造アパートは築10年以内とかなりの差があり、築年数で虫の発生頻度が違ったのかもしれません。

しかし、虫が発生することは変わらないため、木造の賃貸は辞めるべきですね。

虫を見つけた時は、ゾッとして嫌な気分になりますよ。

火災や地震に弱い

木造は、火災や地震に弱いです。

そもそも素材として、鉄骨造や鉄筋コンクリート造と比べて火や振動に対する耐久性が劣るからです。

私が、東日本大震災が起きた時に、住んでいたアパートは木造でした。

実際に地震が起きた時は、仕事をしていたため、アパートにはいなかったのですが、帰宅してみると、壁の至る所にヒビが入っていましたね。

流石に、このまま同じところには住めないと判断し、半年後には引っ越しをしました。

木造は火災や地震に弱いため、木造の賃貸を選ぶのは辞めましょう。

3:木造のメリット

木造のメリット

木造のメリットは、下記2つ。

  • 家賃が安い
  • 通気性がいいため、夏は涼しい

では、詳しく解説していきます。

家賃が安い

木造は、鉄骨造や鉄筋コンクリート造と比べて、家賃が安く設定されているからです。

私は、初めて一人暮らしをした時は、給料が安かったため、木造のアパートを選びました。

給料が少ない人や、毎月の家賃を抑えたい人は、木造を選ぶのもありですよ。

家賃を安くできることは、木造のメリットです。

通気性がいいため、夏は涼しい

木造は、通気性はいいため、風が通り抜けやすく、湿気などを残しづらいからです。

湿気などの「モンモン」とした感じがなくなるため、涼しく感じますよ。

私が木造アパートに住んでいた時は、本当に暑い時以外は、窓を開けるだけで生活できましたよ。

実際にエアコンを使ったのは、夏の期間では、10回以下でした。

木造は、通気性はいいため、夏は涼しく感じられます。

4:【結論】木造を選ぶのは辞めよう

ここまで解説してきた通り、木造はデメリットの方が多いため、辞めるべきです。

安全性を考慮しても、鉄骨造か鉄筋コンクリート造の賃貸を選びましょう。

ホームズ 全国の賃貸(賃貸マンション・アパート)を探す

なお、給料が安いなら、木造を選ぶのもありですよ。

ただし、本記事で紹介したデメリットがあることは忘れないで下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-LIFE, 一人暮らし