WORK

残業が恥ずかしい理由【残業を減らす方法も紹介】

残業が恥ずかしい理由【残業を減らす方法も紹介】

こんにちは、シゲです。

残業は恥ずかしいことなのかな?
もし、恥ずかしいことなら、残業を減らしたい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容

1:残業が恥ずかしい理由
2:残業を減らす方法

本記事を読み実施すれば、残業は恥ずかしいことと理解でき、残業を減らすことができます。

11年間残業ばかりの生活をしていた私が、ノウハウを共有しますね。

1:残業が恥ずかしい理由

1:残業が恥ずかしい理由

残業が恥ずかしい理由は、下記3つです。

・自己管理ができていない

・人生=仕事になる

・他人から寂しい人と思われる

自己管理ができていない

残業をするのは、予定した時間に仕事を終わらすことができていないからです。

定時以内で仕事が処理できず残業するのは、下記理由が大半なはず。

・予想時間と実時間が違った

・キャパオーバーの仕事を受けている

・だらだらと仕事を処理している

全て自己管理ができていないのが原因ですよね。

このように、“残業をしてる=自己管理ができていない“と判断できます。

残業は、恥ずかしいことなので、辞めるべきです。

人生=仕事になる

残業をすると、1日の半分以上の時間を仕事のために使うことになるからです。

内訳は下記。

定時時間  =8時間
昼休み   =1時間
通勤・準備 =1時間以上
残業 =2時間以上

合計=12時間以上

このように、残業をすると1日の半分以上の時間を仕事に使っていることになります。

仕事が大好きなら別かもですが、大半の人は生活のため仕方がなく仕事をしているはず。

残業がずっと続いたままだと、定年退職後に抜け殻になり、生きがいがないまま生活することになります。

60歳を過ぎて、生きがいがないまま生活するのは、恥ずかしくないですか?

私は、仕事に人生をささげるのは絶対に嫌ですね。

人生=仕事にならないためにも、残業は辞めるべきです。

他人から寂しい人と思われる

残業をしている人は、プライベートが充実してなさそうに見えるからです。

また、生活残業にも見られる可能性もあります。

私は、毎日残業をしている同僚を見たら、下記のような感想を持ちます。

・残業代が欲しいだけなんだな~

・上司の無理難題に応えていて大変そう

・毎日残業していて、プライベートの時間がなさそう

上記感想になるのは、私だけではないはずです。

残業=他人から寂しい人と思われると、恥ずかしいですよね。

残業は恥ずかしいことなので、辞めるべきです。

残業は恥ずかしい!!

ここまでが、残業が恥ずかしい理由になります。

恥ずかしいだけならまだいいですが、残業は自分の人生をダメにしています。

人生=仕事にならないためにも、残業は辞めましょう。

とはいえ「どうすれば、残業を減らせるの?」と疑問に感じる方もいるはず。

そこで、残業を減らす方法を紹介しますね。

2:残業を減らす方法

2:残業を減らす方法

残業を減らす方法は、下記4つになります。

正直、残業をしていない人は、当たり前に実施していることなので、必ず押さえておきましょう。

・仕事を断る

・仕事を手放す

・仕事を振る側になる

・強制的に定時で帰宅する

仕事を断る

仕事を断ることで、キャパオーバーになりにくくなるからです。

仕事を断れないと下記ループに入り、仕事量が増え続けるだけですよ。

① 上司から仕事依頼をされる

② 受け入れる

③ 作業を開始

④ 作業途中でも①が発生

このように、仕事を断れないと、仕事量が増え続けてしまい、定時以内では処理できなくなります。

上司も自身のエゴのために指示を出してくるため、断らないと残業をなくすことは不可能です。

余裕をもって作業をするためにも、余計な仕事は断りましょう。

「でも、上手く仕事を断る自信がない…」という方は、下記記事に上手く仕事を断る方法が書かれているので、参考にしてみて下さい。

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

WORK

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

2020/1/30  

11年勤めた会社で、仕事が断れなくて損していた経験があるシゲです。 仕事を断りたいけど、断る勇気が出ない。 上手い断り方があれば教えて欲しいな~。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は下 ...

上記から、残業を減らすには、仕事を断ることが重要になります。

仕事を手放す

誰でもできる仕事を手放すことで、作業量を減らせるからです。

例えば、プロスポーツ選手の練習でも、毎回同じメニューをこなしていないですよね。

数か月または1年に1回なのかペースはわかりませんが、練習メニューも変わっているはずです。

このように、成果を出している人達は、必ず手放しています。

ホリエモンさんも、同じ事業をずっと続けてはいないですよね。

誰でもできる作業を手放すことで、残業を減らしましょう。

具体的には、下記方法がおすすめです。

・外注化

・自動化 など

外注化する場合は、「社員より単価が安くなるため、売上が伸ばせますよ」と上司を説得すれば、ほぼ実現可能なはず。

是非、試してみて下さい。

仕事を振る側になる

仕事を振る側になれば、自分で仕事量を決めることができるからです。

簡単にいうと、上司の仕事を自分がやってしまうということですね。

・進捗管理

・部下への指示

・管理職との調整 など

上司より、給料が低いというデメリットがあるものの、自分の采配で仕事量を決められるため、残業を減らすことができます。

仕事を受ける側から、仕事を振る側になり、残業を減らすのもありです。

強制的に定時で帰宅する

最終手段に近いですが、どんな状況でも強制的に定時で帰宅すれば、残業を辞められるからです。

会社の事情や出世など気にしないで、最低限の仕事を終わらせて帰宅する方法ですね。

同じ職場の人には、嫌がられるかもですが、本来会社で働く目的は“生活費を稼ぐこと”だけです。

無駄な人間付き合いは不要なので、問題ありませんよ。

給料だけ貰えればいいと割り切り、強制的に定時で帰宅するのもありです。

3:まとめ 残業は恥ずかしいことなので辞めよう!!

本記事の内容をまとめます。

残業が恥ずかしい理由は、下記3つです。

・自己管理ができていない

・人生=仕事になる

・他人から寂しい人と思われる

残業は、自己管理ができないと他人に教えているようなものです。

他人から寂しい人と思われたり、人生を仕事で終わらせないためにも、残業は減らすべきですね。

残業を減らす具体的な方法は、下記です。

・仕事を断る

・仕事を手放す

・仕事を振る側になる

・強制的に定時で帰宅する

1つでもいいので、実践して残業を減らしてみて下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-WORK

© 2021 shigeblog