LIFE

「過去に戻りたい」と考え続けるのは危険!!【対処方法を紹介】

「過去に戻りたい」と考え続けるのは危険!!【対処方法を紹介】

こんにちは、シゲです。

ダメだと分かていても、何度も過去に戻りたいと感じてしまう…。
過去に戻りたいと考えなくなるには、どうすればいいの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:「過去に戻りたい」と考え続けるのは危険!!【理由を解説】
2:「過去に戻りたい」と考えなくなる方法

本記事を読めば、過去に戻りたいと考えなくなります。

なぜなら、中学生の時にいじめに遭っていて、毎日過去に戻りたいと考えていた私が、本記事で紹介する方法を使い、過去に戻りたいと思わなくなったからです。

上記背景を持つ私がノウハウを共有しますね。

1: 「過去に戻りたい」と考え続けるのは危険!!【理由を解説】

1:「過去に戻りたい」と考え続けるのは危険!!【理由を解説】

まずは、過去に戻りたいと考え続けるのが、危険な理由から解説していきます。

具体的な理由は、下記3つ。

・現実を拒否して、将来を諦めている状況になる

・過去を思い出しても、戻ることはできない

・意力がなくなり、退化する

現実を拒否して、将来を諦めている状況になる

過去に戻りたいのは、現状が嫌になり将来も期待できないため、過去の状況が羨ましく感じるからです。

例えば、大学生で就活中、50社受けて内定を貰えない状況なら、大学入学当時は楽しかったなど羨ましく感じるとかですね。

しかし、大学入学当時を羨ましく感じても、就活の辛さを解消できるわけではないし、内定が貰えない不安が無くなることはないです

現実が嫌になる→過去に戻りたくなる→現実を直視する

上記繰り返しになり、何も問題が解決できず、気持ちが萎えるだけで、一切自分のためになっていません。

過去に戻りたいと考えても、自分の人生が良くなることはできないため、考え続けるのは危険です。

過去を思い出しても、戻ることはできない

現代の技術で、過去に戻ることはできないからです。

世界中を探しても、タイムマシーンとか完成した実績はないですよね。

また、過去に戻って現代に戻ってきた人なんて聞いたことないはず。

過去の良かったエピソードを思い出しても、過去に戻れないため、時間が無駄です。

辛いかもですが、現実を受け止め将来のために今何ができるかを考え、本気で行動するしかありません。

意力がなくなり、退化する

過去に戻りたいと考え続けると現状維持になり、気持ちだけが落ちていくからです。

私は、中学生の時にいじめに遭っていて、毎日過去に戻りたいと考えてしました。

当時の状況は下記。

① いじめられる

② 現実が嫌になる

③ 過去に戻りたいと考える

④ 現実との違いに気持ちが萎える

上記繰り返しで、いじめられる状況は改善されず、気持ちだけが萎え続けていました。

徐々に「自分には価値がない」「自分だけ特殊だから嫌われた」など考えだし、自分を責めてましたね。

最終的には、「いじめられるのは自分が悪いから、受け入れないと…」と全て受け入れ、中学卒業まで辛い状況が続きました。

このように、過去に戻りたいと考え続けると現現状維持を続け、気持ちだけが落ち続けます。

気持ちが落ち続けると、全てことに意力がなくなりため、退化しますよね。

自分の人生をつまらないものにしないためにも、過去に戻りたいと考えるのは辞めるべきです。

過去に戻りたいという思考は危険

ここまで解説してきた通り、過去に戻りたいと考え続けると人生が無駄になってしまいます。

過去に戻りたいと考え続けると、下記状況になり、自分のためにならないことを覚えておいて下さい。

・現実を拒否して、将来を諦めている状況

・過去を思い出しても、戻ることはできない

・意力がなくなり、退化する

とはいえ、「どうすれば、過去に戻りたいと考えなくなれるの?」と感じる方もいるはず。

そこで、「過去に戻りたい」と考えなくなる方法を紹介します。

2:「過去に戻りたい」と考えなくなる方法

2:「過去に戻りたい」と考えなくなる方法

「過去に戻りたい」と考えなくなるには、下記4つを実施することは必要です。

・過去を思い出しても時間の無駄と考える

・現状で辞めることを決める

・新しい事に挑戦する

・将来どうなりたいかを真剣に考える

過去を思い出しても時間の無駄と考える

過去を思い出しても、現実の辛さはなくならないからです。

仮に、新人社員で毎日残業4時間休日出勤が当たり前の状況で、学生時代は良かったと考えても、労働環境の辛さはなくならないですよね。

私は、過去を思い出しそうになったら「過去を考えても、時間が無駄になるだけ」と自分を言い聞かせています。

そのため、中学生の時にいじめられたいたことを思い出すのは、本記事のように記事を執筆している時だけです。

自分に言い聞かせ続けると、徐々に過去を思い出すことを辞められますよ。

「過去に戻りたい」と考えるの辞めたいなら、過去を思い出しても時間の無駄と自分に言い聞かせましょう。

現状で辞めることを決める

現状の辛い状況が解消されたら、過去を羨ましく感じなくなるからです。

先ほど説明した、労働環境が悪い(毎日残業4時間休日出勤が当たり前)新人社員なら、昇給を諦めて下記を辞めるとかです。

・上司や同僚と仲良くするのを辞める

・残業を一切辞め、定時で帰宅する

・休日出勤は、確実に辞める

・会社を辞めて転職する

悪い労働環境が解消されて、ストレスがなくなり、プライベート時間も増えるため、人生が楽しくなるはず。

「毎日楽しい」と感じられたら、過去を羨ましく感じなくなり、思い出すことも辞めますよね。

このように、現状で辞める事を決めれば、辛い状況が解消でき、過去を羨ましく感じなくなります。

「過去に戻りたい」と考えるの辞めたいなら、現状で辞めることを決めましょう。

新しい事に挑戦する

新しい事に必死になれば、過去に戻りたいと考える暇がなくなるからです。

例えば、今の会社から「○○の仕事を処理してくれれば、20万円のボーナスを出すよ」と言われたら、必死に仕事を処理するはず。

必死に作業している間は「過去に戻りたい」と考えませんよね。

このように新しい事に挑戦して、必死になっていれば、過去に戻りたいと考える暇がなくなります。

「過去に戻りたい」と考えるの辞めたいなら、新しい事に挑戦し続けましょう。

将来どうなりたいかを真剣に考える

将来どうなりたいかを真剣に考えて行動すれば、現実逃避をしなくなるからです。

私のいじめられていた過去で例えると下記。

・いじめられる状況から抜け出して、明るく生きたい

・具体的な方法は?

・転校する

・一旦、引きこもりになる

・自分だけオンライン授業に変えてもらう

・小人数の友達とだけ仲良くすると割り切る

当時の私は、「何をやってもいじめはなくならない」と諦め、上記のように真剣にいじめから抜けだそうとしていませんでした。

しかし、今回紹介したように、いじめから抜け出すことを真剣に考えたら、いくつか対応方法が見つかります。

後は、上記案を一つずつ実施すれば、いじめから抜け出すことが可能。

このように、将来どうなりたいかを真剣に考えて行動すれば、現実逃避をしなくなります。

現実逃避しても、現状の問題は解決できないため、真剣に向き合いましょう。

「過去に戻りたい」と考えるの辞めたいなら、将来どうなりたいかを真剣に考えてみて下さい。

3:まとめ 過去に戻りたいと考えるのは辞めよう!!

本記事の内容をまとめます。

「過去に戻りたい」と考え続けるのは危険です。

理由は下記3つ。

・現実を拒否して、将来を諦めている状況

・過去を思い出しても、戻ることはできない

・意力がなくなり、退化する

過去に戻りたいと考え続けると、人生がつまらなくなります。

人生を無駄にしないためも、過去に戻りたいと考えるのは辞めましょう。

なお、過去に戻りたいと考えるのを辞める方法は、下記4つ。

・過去を思い出しても時間の無駄と考える

・現状で辞めることを決める

・新しい事に挑戦する

・将来どうなりたいかを真剣に考える

過去に戻りたいと考えるのを辞めるため、1つでもいいので実施してみて下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE