Road bike

ロードバイクにミラーは必要?【基本的に必要なし】

ロードバイクで使えるレインウェアを選ぶコツ【最強のウェアも紹介】

こんにちは、シゲです。

・ロードバイクにミラーって必要あるの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容


1:ロードバイクにミラーは必要?【必要ない理由を解説】
2:ミラーよりベルの方が重要

本記事を読めば、ロードバイクにミラーが必要ないことがわかります。

ロードバイク歴5年以上で、ミラーを使っていない私がノウハウを共有しますね。

1:ロードバイクにミラーは必要?【必要ない理由を解説】

1:ロードバイクで使えるレインウェアを選ぶコツ

ロードバイクにミラーは必要ありません。

理由は、下記4つ。

・見える範囲が少ない

・荷物になる

・ダサい

・目視で後方確認が一番安全

各々、詳しく解説していきますね。

見える範囲が少ない

車やバイクよりもミラーが小さいため、かなり見づらいですよ。

自分の顔を小さい鏡でみるのと同じです。

正直、安全確認をミラーに頼るのは危険すぎます。

ロードバイク用のミラーは、小さすぎて見えにくいため、安全性を考えても使わない方がいいです。

荷物になる

また、微々たるものかもですが、ミラーを取り付けると重量が増えます。

ロードバイクは、走行を快適にするために作られているため、不要な物は取り付けず販売していますよね。

本当に必要なら、ママチャリみたく初めからミラーが付いているはず。

荷物になるし空気抵抗にも繋がるため、快適に走行するには向いていませんよ。

快適に走行するためにも、ロードバイクにミラーは不要です。

ダサい

それに、ミラーが付いているロードバイクって、正直ダサくないですか?

私は、5年以上ロードバイクを乗り続けましたが、9.9割の人はミラーは付けていません。

1名知り合いにミラーを付けている人がいましたが、個人的に「かっこ悪いな」と感じましたね。

ダサいと感じている人の方が圧倒的に多いので、ミラーは取り付けない方が良いです。

目視で後方確認が一番安全

目視で後方確認すれば、広範囲を一瞬で確認することができるからです。

車やバイクでも、よく目視確認をしますよね。

ミラーはあくまでも補足にしかならないため、目視で後方確認をするのが一番安全です。

ミラーは不要

ここまで解説してきた通り、下記理由からロードバイクにミラーは必要ありません。

・見える範囲が少ない

・荷物になる

・ダサい

・目視で後方確認が一番安全

ロードバイクに乗るなら、目視で後方確認するのが最も安全ですよ。

補足の意味でミラーを使うのはありですが、信用しすぎるのは危険です。

安全を優先するためにも、視覚での後方確認を優先しましょう。

2:ミラーよりベルの方が重要

2:【コスパ最強】選んで後悔しないレインウェア

ベルの方が重要な理由は下記です。

・ベルの取り付けは義務

・周囲への注意喚起になる

各々、詳しく解説していきますね。

ベルの取り付けは義務

道路交通法で、ベルの取り付けは義務化されているからです。

正直、ベルを付けていないから罰則になる事もほぼないですが、いざという時のために取り付けておけば安心ですよね。

ベルは取り付けておいた方が良いです。

周囲への注意喚起になる

音で危険などを伝えることができるからです。

例えば、後方から車が来た時などベルを鳴らせば、前にいる仲間に伝えることも可能です。

また、パンクした時に音をならして仲間に知らせるのもありですね。

何かと使える場面は多いので、ベルは取り付けておいた方が良いです。

ミラーよりベルを取り付けよう

ここまで解説してきた通り、下記理由から、ミラーよりベルを取り付けた方が良いです。

・ベルの取り付けは義務

・周囲への注意喚起になる

ミラーを付けるなら、周囲への注意喚起になるベルを取り付けた方が10倍マシです。

それに、軽量のため取り付けても、邪魔にならないですよ。

完全性を高めるためにも、ベルを取り付けましょう。


3:ミラーは必要なし

本記事の内容をまとめます。

ロードバイクにミラーは必要ありません。

理由は、下記4つ。

・見える範囲が少ない

・荷物になる

・ダサい

・目視で後方確認が一番安全

結局、目視で後方確認することは最も安全です。

ミラーは、あくまでも補足にしかならないですよ。

目視をすればいいので、ミラーは必要ありません。

なお、下記理由からミラーよりもベルの方が重要です。

・ベルの取り付けは義務

・周囲への注意喚起になる

質量もごくわずかのため、快適に走行も可能です。

安全性を高めるためにも、絶対にベルを取り付けましょう。


ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-Road bike

© 2021 shigeblog