Road bike

ロードバイクにツールケースは必要?【中身も紹介】

ロードバイクにツールケースは必要?【中身も紹介】

こんにちは、シゲです。

・ロードバイクにツールケースって必要なのかな?
・また、中身はどんな物を入れたらいいのかも知りたい

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容


1:ロードバイクにツールケースは必要?【必須ではないが合った方が良い】
2:ツールケースに入れるべき物

本記事を読めば、ロードバイクにツールケースはあった方が良いかわかります。

ロードバイク歴5年以上で、今でもツールケースを使っている私がノウハウを共有しますね。

1:ロードバイクにツールケースは必要?【必須ではないが合った方が良い】

1:ロードバイクにツールケースは必要?【必須ではないが合った方が良い】

ロードバイクのツールケースは、必須ではないです。

その理由は、走行できなくなることはないから。

ツールケースを持っていかなくても、走行自体は可能なので、必須ではありません。

しかし、ツールケースは持っていた方がメリットが多いのも事実です。

メリットは、下記4つ。

・小さい荷物をまとめられる

・持ち運びが楽

・快適に走行できる

・緊急時に対応できる

各々、詳しく解説していきますね。

小さい荷物をまとめられる

正直、ロードバイクで走行する時は、小物を持ち運ぶことが多いです。

携帯工具やパンク修理する時に使うチューブとかですね。

ツールケースを使えば、これらの小物をひとまとめにできます。

小物をまとめて収納しておくためにも、ツールケースを持っていった方が結果的に得です。

持ち運びが楽

ボトルケージに入れておけば、走行する時自然と持ち運べるからです。

走行するたびに、準備する必要もなくなり楽ですよ。

ロードバイクは、基本的に2つのボトルゲージを取り付けられるので、1つをボトルもう1つをツールケースにするのがベスト。

正直、ボトルを2つ使う場面はほぼないですよね。

小物の持ち運びを楽にするためにも、ツールケースを使う価値があります。

快適に走行できる

ツールケースをボトルゲージに入れておけば、バックが不要になるからです。

リュックなどを背負っていると走行しづらいですよね。

ツールケースを使えば、バックを用意しなくていいので、快適に走行することが可能。

快適に走行して、ロードバイクを最大限に楽しむためにも、ツールケースを使った方が良いです。

緊急時に対応できる

携帯工具やパンク修理用具を持ち運んでいれば、ロードバイクの故障に対応できるからです。

私も実際に200㎞のロングライドでパンクをした時に、ツールケースに入れたパンク修理用具のおかげで、パンクを修理できました。

パンク修理できなかったら、絶望でしたね。

緊急時の対応ができるので、ツールケースに携帯工具やパンク修理用具を入れて持ち運びましょう。

ツールケースは必須ではないが合った方が良い

ここまで解説してきた通り、ロードバイクにツールケースは必須ではないが、持って走行したほうが良いです。

・小さい荷物をまとめられる

・持ち運びが楽

・快適に走行できる

・緊急時に対応できる

ツールケースがあれば、小物を持ち運んだり、手ぶらで快適に走行できますよ。

また、携帯合具やパンク修理用具を持ち運べは、ロードバイクの故障にも対応できるようになります。

ツールケースは必須ではないですが、使うメリットの方が多いので、使用する価値ありです。

是非使ってみて下さい。


2:ツールケースに入れるべき物

2:ツールケースに入れるべき物

なお、「ツールケースに何を入れればいいの?」と感じている方もいると思うので、入れるべき物を紹介しますね。

ツールケースに入れるべき物は、下記です。

・タイヤレバー

・CO2ボンベ

・チューブ

・パンク修理キット

・携帯工具

各々、詳しく解説していきます。

タイヤレバー

パンクをした時に、タイヤをホイールから剥がすためです。

パンク修理には、タイヤレバーが必須ですよ。

パンク修理をするためにも、タイヤレバーはツールケースに入れておきましょう。


CO2ボンベ

チューブ修理やチューブを交換した後に空気を入れるためです。

携帯ポンプでもいいですが、労力と持ち運びを考えたら、絶対にCO2ボンベの方がいいです。

パンクしたチューブに空気を入れるためにも、CO2ボンベを持ち運びましょう。


なお、CO2ボンベと携帯ボンベを比較した記事を貼っておくので、携帯ボンベと悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

携帯ポンプとCO2ボンベを比較【結論:CO2ボンベにするべき】

Road bike

携帯ポンプとCO2ボンベを比較【結論:CO2ボンベにするべき】

2019/8/4  

200㎞のロングライドで、3回ほどパンクしたことがあるシゲです。 ・パンクした時に、携帯ポンプとCO2ボンベどちらを使った方が良いのかな? ・どちらの方が費用対効果が良いか教えて欲しい。 というお悩み ...

チューブ

パンクしたチューブが修理できなかった時に、チューブごと変える必要があるからです。

チューブを持ち運ばないと、チューブがダメになった瞬間絶望しか残らないですよ。

パンク修理の可能性を高めるためにも、チューブをツールケースに入れておきましょう。


パンク修理キット

チューブを修理するために必要になります。

小さな穴が1つだけなら、チューブを丸ごと交換する必要もなくなりますよ。

チューブを修理するためにも、パンク修理キットをツールケースに入れて持ち運びましょう。


携帯工具

携帯工具は、ネジのゆるみなどの緊急時に対応するためです。

正直、そこまで使う頻度は少ないですが、サドルの位置を変えるなどにも使えるので、持ち運んでいて損はしません。

緊急時に対応をできる状態を作るためにも、ツールケースに入れて準備しておきましょう。


※チューブ収納箇所は、余裕を持とう

なお、チューブを収納する時は、ぎゅーぎゅー詰めにするのは辞めましょう。

なぜなら、チューブを傷つけてしまい、パンク修理の時に使えなくなるから。

チューブを収納する時は余裕持ち、ビニール袋などで傷がつきにくい状況で収納しておきましょう。

3:趣味なら、ツールケースを利用するのもあり

本記事の内容をまとめます。

下記理由から、ロードバイクにツールケースは必須ではないが、持って走行したほうが良いです。

・小さい荷物をまとめられる

・持ち運びが楽

・快適に走行できる

・緊急時に対応できる

快適に走行するためにも、ツールケースを使いましょう。


また、ツールケースに入れておくべき物は、下記。

・タイヤレバー

・CO2ボンベ

・チューブ

・パンク修理キット

・携帯工具

準備してツールケースに入れていけば、緊急時に対応でき安心ですよ。

それに、通常時の走行も快適にできるので、私は使って得だと思います。

上記小物を準備してツールケースを使ってみて下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-Road bike

© 2021 shigeblog