Road bike

ロードバイクに必要な工具を揃える方法【必要最低限の工具も紹介】

ロードバイクに必要な工具を揃える方法【必要最低限の工具も紹介】

こんにちは、シゲです。

・ロードバイクで、必要な工具を知りたい。
・また、一式そろえるならどう購入するのがコスパが良いのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容


1:ロードバイクに必要な工具を揃える方法
2:最低限必要な工具

本記事を読めば、ロードバイクのメンテナンスに必要な工具がわかります。

ロードバイク歴5年以上で、工具を使い定期的にメンテナンスしている私がノウハウを共有しますね。

1:ロードバイクに必要な工具を揃える方法

1:ロードバイクに必要な工具を揃える方法

ロードバイクに必要な工具を揃える方法は、下記2つです。

① 工具が1式セットになっている物を買う

② 各々の工具を1つずつ買う

正直、言うと1式セットになっているのを買う方がコスパが良いです。

私は、プロの工具セットを購入して5年以上ロードバイクのメンテナンスして快適に走行できています。

プロの工具セットを使えば、細部までメンテナンスができるので、揃えておいて損しませんよ。

「どの工具を揃えたらいいか分からない…」と悩んでいるなら、プロを選んでおけば間違いないです。


なお、セット買いが良い理由は、下記3つ。

・その都度買い揃える必要がなくなる

・1度買ったらほぼ一生使える

・出費が減る

各々、詳しく解説していきますね。

その都度買い揃える必要がなくなる

各パーツ毎に使う工具が違うからです。

チェーンを交換するには、チェーンカッターが必要になるし、ハンドルの位置を変えるには、六角レンチが必要になります。

このように、メンテナンスする箇所により、使う工具が異なります。

1式工具を揃えておけば、その都度買い揃える手間がなくなるので、楽ですよ。

それに、メンテナンスの度に、ロードバイクショップやホームセンターなどに行くのは正直めんどくさいですよね。

買い揃える手間を減らすためにも、一式購入で工具を揃えましょう。

1度買ったらほぼ一生使える

また、1度購入したら、ほぼ一生使い続けられます。

専門ショップみたく、毎日使うことはまずはないため、そこまで工具が消耗することもありません。

私も5年以上同じ工具を使い続けていますが、まだまだ使えていますよ。

1度購入すれば、長期間使い続けられるため、コスパも良いです。

出費が減る

専門ショップに、メンテナンスをしてもらうことが無くなるからです。

チェーン交換で例えるなら、工賃で1,000円掛かるなら、3回で工具(チェーンカッター)分の元が取れます。

他のメンテナンスでも同じことが言えますね。

さらに、ショップに預けたり取りに行ったりする手間もなくなりますよ。

出費を抑えられるので、1式工具を揃えて自分でメンテナンスした方が良いです。

ロードバイクを長く乗るならメンテナスが必須

なお、ロードバイクを趣味にしているなら、絶対に自分でメンテナンスできるようになりましょう。

なぜなら、定期的にメンテナンスをしないと錆が発生したりしてロードバイク本体がダメになっていまうから。

私の知り合いでも、3ヵ月放置しただけで、コンポがサビだらけになっていました。

ロードバイクを趣味にしているなら、メンテナンスは必須ですよ。

また、ショップにお願いしてしまうと出費も増えるので、自分メンテナンスを実施した方がコスパが良いです。

それに、自分にメンテナンスをした方がより愛着が湧きますよね。

愛車のロードバイクを長く乗り続けるためにも、工具を一式揃えて自分でメンテナンスをしましょう。

1式セットで工具を揃えよう

ここまで解説してきた通り、下記理由からロードバイクで使う工具は、1式セットで買うのがベストです。

・その都度買い揃える必要がなくなる

・1度買ったらほぼ一生使える

・出費が減る

ロードバイクは、メンテナンスをしないとすぐに錆たりして、快適に走行できなくなりますよ。

それに、メンテナンスの度にショップに持っていくのは、出費も増えるしめんどくさいないですか?

自分できちんとメンテナンスできるようになるためにも、工具はしっかり揃えておきましょう。


とはいえ、「ロードバイク買ったばかりだし、工具は最低限の物だけを揃えたい…」と考えている方もいるはず。

そこで、必要最低限の工具を紹介しますね。

本記事で紹介する必要最低限の工具を揃えたら、大まかなメンテナンスはできるようになりますよ。

とはいえ、ロードバイクを長期間使い続けるには向いてはいないので、愛車を長く使いたいという方は、工具1式セットを選びましょう。

2:最低限必要な工具

2:最低限必要な工具

必要最低限必要な工具は、下記3つです。

・六角レンチ

・タイヤレバー

・+-ドライバー

各々、詳しく解説していきますね。

六角レンチ

ロードバイクに使っているネジの7~8割は、六角ボルトを使っているからです。

サドルやハンドルの位置を変えるにも、六角レンチを使いますよ。

確実に持っていないとメンテナンスできないので、六角レンチは揃えておきましょう。


タイヤレバー

タイヤレバーは、パンク修理に必ず必要だからです。

ロードバイクは、パンクする乗り物のため、パンクに対応できるようになるのは必須ですよ。

パンク修理をできるようにするのは必須なので、タイヤレバーは確実に揃えておきましょう。


+-ドライバー

+-ドライバーは、リアディレイラー(変速機)を調整するのに、よく使います。

ワイヤーが伸びたりしたら、チェーン外れなどにも繋がるため微調整が必要ですよ。

自分で、変速の調整をするためにも、+-ドライバーを揃えましょう。


チェーンを自分で交換するなら…

また、チェーン交換を自分で交換するなら、下記工具が必須になります。

・チェーンカッター

・チェーンフッカー

正直、チェーン交換はめちゃくちゃ簡単ですよ。

ショップにお願いする工賃を考えたら、自分でやったほうが100%得です。

損をしないためも、自分でチェーン交換できるようにしておきましょう。

【チェーンカッター】

【チェーンフッカー】

【注意】フルメンテナンスはショップへ

ここまで下記必要最低限の工具を紹介してきましたが、正直、最低限のメンテナンスしかできません。

・六角レンチ

・タイヤレバー

・+-ドライバー

そのため、1年に2回くらいはショップでフルメンテナンスしてもらった方が良いです。

出費は痛いかもですが、長く愛車乗り続けるには必要なことですよ。

長く乗り続けるためにも、しっかり投資しましょう。

どうしてもショップでのフルメンテナンスの出費を抑えたいなら、工具を1式揃えて自分でメンテナンスしてみて下さい。


3:工具を揃えてしっかり整備しよう

本記事の内容をまとめます。

ロードバイクに必要な工具を揃えるなら、1式セット買いが良いですよ。

理由は、下記3つ。

・その都度買い揃える必要がなくなる

・1度買ったらほぼ一生使える

・出費が減る

工具を1つ1つ揃えていたら、その都度ホームセンターなどで買い揃える必要があります。

正直、めんどくさくないですか?

それに、自分でメンテナンスをすれば、ショップにお願いすることも減るため、工賃代が掛からないですよ。

1式セットで揃えれば、悩む必要もなくなります。

1式セットで工具揃えて、愛車のロードバイクを整備して、快適に走行しましょう。


なお、「どうしても出費を抑えたい…」という方は、下記3つを揃えれば、主なメンテナンスできます。

・六角レンチ

・タイヤレバー

・+-ドライバー

ただし、主なメンテナンスになるため、1年に2回くらいはフルメンテナンスをショップにお願いすることは忘れないで下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-Road bike