WORK

仕事の愚痴は無駄です【愚痴を言っても悩みは解決できません】

仕事の愚痴は無駄です【結論:愚痴を言っても悩みは解決できません】

こんにちは、シゲです。

・仕事の愚痴を言っても、イライラがおさまらない。
・愚痴は言いたくないけど、言わないとストレスが溜まってしまう…
・愚痴を言わなくなる方法を教えて欲しいな~。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

目次

  1. 仕事の愚痴は無駄です
  2. 愚痴を言ってしまう原因
  3. 愚痴を言わなくなる方法

本記事を読めば、仕事の愚痴は無駄なことが分かるし、愚痴を言わなくなります。

なぜなら、11年勤めた会社で、飲み会の時に同僚と仕事の愚痴を言い合っていた私が、本記事で紹介する方法を使い、愚痴を言わなくなったからです。

上記背景を持つ私が、ノウハウを共有しますね。

1:仕事の愚痴は無駄です

仕事の愚痴は無駄です

結論から言うと、仕事の愚痴は無駄です。

理由は、仕事の愚痴を言ったとしても、悩みは解決できないからです。

仕事の愚痴を言っても、下記は変わらないですよね。

・自分が処理すべき仕事量

・上司の考え

・自分の給料

愚痴をこぼしても、無駄に時間が消耗するだけですよ。

また、愚痴を聞いた側もネガティブな気持ちになるため、モチベーションも下がり、職場全体の作業効率も低下してしまいます。

私が11年勤めた会社に在籍中に、よく愚痴をこぼしている同僚の先輩がいましたね。

同僚の先輩の愚痴は時間が長く、下記のような内容を最低でも30分ほど聞き続け、「勘弁してくれ」と何度も感じた事を覚えています。

・上司が評価をしてくれない

・あいつは、仕事できない

正直、生産性がない内容ばかりで、30分以上の時間を無駄にしていますよね。

30分あれば、メールを6通は返信することが可能ですよ。

仕事の愚痴は、悩みは解決できないし、時間も無駄になるため、辞めた方がいいです。

2:愚痴を言ってしまう原因

愚痴を言ってしまう原因

愚痴を言ってしまう原因は下記3つ。

・会社から評価されていないと感じている

・やりたいことが実施できていない

・他人と比較している

では、詳しく解説していきます。

会社から評価されていないと感じている

自分が会社から評価されていないと感じると、「自分はもっと評価されてもいいはず」「これだけ仕事しているのに、何で?」などの不満が生まれるからです。

【例】
・仕事を1.5倍処理しても、給料は変わらない

・案を10個提案しても、全て拒否される

・誰でもできる仕事を任せられる

上記のようなことが続いたら、イライラして仕事の愚痴を言いたくなりますよね。

会社から評価されていないと感じていることは、愚痴を言ってしまう原因の1つです。

ちなみに、人は誰でも承認欲求を持っているため、「認めて欲しい」と思うことが悪いことではないので、自分を責める必要はありません。

やりたいことが実施できていない

やりたいことを我慢しているとストレスになるため、制限をしている会社や上司にイライラするからです。

例えば、やりたい事を上司に提案して、下記のように断られたら、どう思いますか?

・上層部が決めたことだから従え

・現状のままでいいよ

・予算がない

上記断られ方をされ続けたら、「上司は仕事もまともにしない」「上司は、自分が楽したいだけだろ」という不満が生まれ、愚痴を言いたくなりますよね。

やりたいことが実施できていないことは、愚痴を言ってしまう原因になります。

他人と比較している

自分と他人の平等でないことがわかり、イライラするからです。

あなたの会社にも、年齢が高いだけでダラダラと仕事をする人がいるはず。

在籍年数が長いため、自分より会社から評価され給料が高い場合がありますよね。

大半の人は、下記思考になるはず。

・何で仕事していないあいつの方が、給料高く貰ってるんだ

・給料高く貰っているんだから仕事しろよ

不満に感じてイライラし、他の同僚などに愚痴を言いたくなりますよね。

このように、他人と比較すると、不満が出て愚痴を言う原因になります。

3:愚痴を言わなくなる方法

愚痴を言わなくなる方法

愚痴を言わなくなる方法は、下記3つ。

・不満に対して、分析・解決方法を予測して行動する

・自分に責任があると思う

・環境を変える

では、詳しく解説していきますね。

不満に対して、分析・解決方法を予測して行動する

自ら行動しないことには、不満は解消できないからです。

【例】
・給料が安い

・上司が自己中心的すぎ

・同僚がやる気なさすぎ

上記のような愚痴を言っても、不満は解消されないですよね。

不満がある→愚痴るの繰り返しになり、気持ちが萎えるだけです。

愚痴を言わなくなるためにも、不満に対して、分析・解決方法を予測して行動してみて下さい。

例えば、給料が低いなら、副業を始めるとかですね。

副業なら、上司の評価を気にしなくていいため、自分の頑張り次第で、収入を増やせますよ。

自分に責任があると思う

自分に責任があると考えれば、他人に期待することがなくなるからです。

例えば、他人の仕事で徹夜をしたのに、「ありがとう」の一言も言われなかった時、下記考えになります。

・他人に期待している「手伝ったのにふざけんな!!」

・自分に責任があると考える「断れなかった自分が悪い」

自分に責任があると自覚できれば、失敗しても反省して、不満に対して本気で変えようと行動するため、不満を解消できますよ。

愚痴を減らすためにも、自分に責任があると考えましょう。

環境を変える

最終手段ですが、環境を変えるのもありです。

私は、11年勤めた会社を退職し、1ヵ月ほどでストレスが激減しました。

「今まで、なんで我慢してきたんだろう?」と感じるくらい、気持ちが楽になったことを覚えています。

不満が解消できず、ストレスが強いなら、環境を変える選択もありです。

【まとめ】仕事の愚痴は無駄

本記事の内容をまとめます。

仕事の愚痴は無駄です。

理由は、仕事の愚痴を言ったとしても、悩みは解決できないから。

愚痴を言わなくなる方法は、下記です。

・不満に対して、分析・解決方法を予測して行動する

・自分に責任があると思う

・環境を変える

無駄な時間になる愚痴を辞めるためにも、是非試してみて下さい。

どうしても、愚痴を言ってしまうなら、環境を変えるのもありです。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-WORK