WORK

仕事で無気力になる原因とは?【対処方法も紹介】

仕事で無気力になる原因とは?【対処方法も紹介】

以前勤めていた会社で、退職前3年間は無気力だった経験があるシゲです。

仕事にやる気が出ない…
休日は、平日の仕事疲れを癒すために、寝て終わってしまう…
どうにか仕事で無気力なることから抜け出したい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記になります。

本記事内容

1:仕事で無気力になる原因とは?
2:仕事で無気力な時の対処方法

本記事を読み実践して頂ければ、仕事で無気力になることがなくなります。

なぜなら、11年勤めた会社で無気力になっていた私が、現在フリーランスとしてやる気を出せているからです。

上記背景を持つ私がノウハウを共有しますね。

注意点

※本記事を、最後まで読む気力もないという方は、まず休みましょう。

無気力のまま何も考えられない状態で、物事を判断しても良い結果は出せないからです。

私も一時的にニートになった経験がありますが、ニートになっても人生は終わらないので安心して下さい。

むしろ、ニートになって人生の方向性を変えられ、重要な期間だったなと感じています。

もし、無気力で何もやる気が出ないなら、まず休むことを優先しましょう。

私のニート体験を詳しく知りたい方は、下記記事を参考にして下さい。

「ニートになりたい」と思うのはいけないこと?【体験談あり】

WORK

「ニートになりたい」と思うのはいけないこと?【体験談あり】

2020/1/28  

11年勤めた会社を退職して、ニートになった経験があるシゲです。 「ニートになりたい」と思うのはいけないことなのかな? 正直、今の職場で働き続けても、良い将来を想像できない。 人間関係も悪く、毎日多くの ...

仕事したくない人が、ニートになるのはありか?【結論:ありです】

WORK

仕事したくない人が、ニートになるのはありか?【結論:ありです】

2019/11/12  

11年勤めた会社を退職して、ニートになった経験があるシゲです。 仕事をしたくないからニートになりたい。ただ、働かないとお金が貰えないし、ニートってイメージが悪いから、あまり現実味がない気がする・・・ ...

では、本題に入ります。

1:仕事で無気力になる原因とは?

1:仕事で無気力になる原因とは?

無気力になる原因は、下記3つです。

① 疲れが溜まっている

② 目標がなくなっている

③ 自分の采配で仕事ができない

①疲れが溜まっている

疲労が溜まっていると、何事にもやる気が出なくなるからです。

例えば、いきなり10㎞マラソンをするとして、走り終わった後、疲れ切ってしまい、何もする気がなくなりますよね。

このように、疲労が溜まってるとやる気が出ないため、無気力になってしまいます。

まずは、疲れをなくすことが重要です。

②目標がなくなっている

人は何かの目標があるからこそ、やる気を出せるからです。

会社員で働いていると、同じような作業の繰り返しで、新しい知識やスキルが覚えられません。

また、昇給も上司の判断で決まるため、徐々に仕事で目標がなくなっていきます。

例えば、営業職で、プログラミングを覚えたいと思っても、アポ取り・宣伝・調整などの業務しかできず、プログラミングの知識やスキルは覚えられませんよね。

このように、会社で目標を作っても成果が出ないため、徐々にやる気がなくなり、最終的に無気力になってしまいます。

③自分の采配で仕事ができない

自分の行動が全て他人に左右され、本当に自分のやりたいことができないからです。

私が11年勤めた会社に在籍中に、下記業務改善を検討して上司に提案したところ、全て却下されました。

・マニュアルを作り、外注化

・スケジュール管理の明確化

・会議数を減らす

上記提案を、上司に却下された理由は、全て論理的ではなく感情論でした。

次第にやる気も無くなり、業務改善を提案することを辞めていましたね。

このように、自分の采配で仕事ができないと、本当にやりたいことができくなるため、徐々にやる気がなくなっていきます。

【結論】職場環境が大きく影響している

ここまで説明してきた仕事で無気力になる原因の3つは、全て職場環境が関わってきているからです。

【例】

① 疲れが溜まっている
・嫌いな上司と長時間いる

・残業や休日出勤が多い

② 目標がなくなっている
・上司の評価で昇給するか決まる

・毎日同じことの繰り返しで、新しいスキルや知識が身に付かない

③ 自分の采配で仕事ができない
・上司の指示で、仕事量・やり方・納期などが決まる

・改善を提案しても、「あなたが気にする立場じゃない」と言われる

上記のように、無気力になるのは、職場環境が大きく影響しています。

職場環境が、自分に合っているかを真剣に考えてみて下さい。

もし、自分に合っていないと感じるなら、すぐに環境を変えることをおすすめします。

2:仕事で無気力な時の対処方法

2:仕事で無気力な時の対処方法

ここからは、仕事で無気力な時の対処方法を紹介していきます。

結論から言うと、会社に期待せずに、最小限の労力しか使わないことです。

上記を詳しく解説していきますね。

具体的な対処方法は、下記3つです。

① 毎日定時で帰宅する

② 会社で目標を作ることを辞める

③ 環境を変えるのもあり

①毎日定時で帰宅する

労働時間や自分に合わない人と関わる時間を減らせて、疲労が溜まりにくくなるからです。

例えば、毎日定時で帰宅したら、労働時間は1週間で40時間になります。

しかし、平日残業2時間と休日出勤1回したら、1週間で58時間労働していることになり、18時間も長く労働しているため、疲労が溜まるのは当然ですよね。

疲労を溜めないためにも、余計な仕事は断り、毎日定時で帰宅しましょう。

とはいえ、「仕事を断ると職場の人間関係が悪くなるのでは?」と不安に感じるはず。

そこで、仕事を上手く断る方法を紹介します。

下記記事に書かれていることを実践すれば、人間関係を悪化させることがなく、仕事を断ることができるようになります。

疲労を蓄積させないためにも、試してみて下さい。

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

WORK

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

2020/1/30  

11年勤めた会社で、仕事が断れなくて損していた経験があるシゲです。 仕事を断りたいけど、断る勇気が出ない。 上手い断り方があれば教えて欲しいな~。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は下 ...

②会社で目標を作ることを辞める

会社で、収入アップやスキルアップなど目標を作っても、労働環境によりほぼ達成できないからです。

会社での目標を作りを辞め、個人で目標を作りましょう。

例えば、収入を月5万円増やしたいという目標があるとします。

本業だと、上司のさじ加減で昇給が決まるため、月5万円増える可能はかなり低いですよね。

しかし、副業(個人で稼ぐ)なら、実績分の収入を増やせるため、すぐに月5万円増やすことも可能です。

このように、会社で目標を作ってもほぼ達成できず、モチベ-ジョンがなくなるだけです。

個人で目標を作り、達成させるために個人で行動をしましょう。

③環境を変えるのもあり

仕事に無気力になっているのは、自分に合っていない仕事を続けている可能性が高いからです。

「どんな対策をしても、無気力のまま…」という方は、環境を変えてみましょう。

環境を変え方は、転職など様々ですが、やはり最初は休むことが重要だと思います。

導入文でも解説しましたが、無気力で何も考えられない状態のまま、物事を判断しても良い結果は出せないからです。

一度ニートになり、休養を取ってから、将来の働き方についてじっくり考えるのもありです。

人生100年の内、1~2年くらい休んでも人生がダメになることはありません。

「疲れて何もやる気が出ない…」という方は、ニートになるのもあり。

参考に、私のニート体験で得られたことを書いた記事を貼っておきます。

興味がある方は読んでみて下さい。

「ニートになりたい」と思うのはいけないこと?【体験談あり】

WORK

「ニートになりたい」と思うのはいけないこと?【体験談あり】

2020/1/28  

11年勤めた会社を退職して、ニートになった経験があるシゲです。 「ニートになりたい」と思うのはいけないことなのかな? 正直、今の職場で働き続けても、良い将来を想像できない。 人間関係も悪く、毎日多くの ...

仕事したくない人が、ニートになるのはありか?【結論:ありです】

WORK

仕事したくない人が、ニートになるのはありか?【結論:ありです】

2019/11/12  

11年勤めた会社を退職して、ニートになった経験があるシゲです。 仕事をしたくないからニートになりたい。ただ、働かないとお金が貰えないし、ニートってイメージが悪いから、あまり現実味がない気がする・・・ ...

もちろん、環境を変えるだけの体力と気力が残っているなら、転職もありですよ。

転職サイトをいくつか貼っておくので、利用してみて下さい。

まずは、休んで冷静な判断ができるようになることが重要

ここまで、仕事で無気力な時の対処方法を解説してきました。

1つでもいいので、実践してみて下さい。

何度も繰り返し申し訳ないですが、重要なので最後にもう一度だけお伝えします。

無気力で何も考えられない状態のまま、物事を判断しても良い結果は出せません。

無気力のまま働いていると、うつ病などになるリスクも高まります。

しっかりと休み、自分に合う働き方を見つけた方が、将来にとっても得です。

将来のことは後から考えればいいので、まずはゆっくり休み英気を養いましょう。

ちなみに、有休だと一時的な効果しかないため、すぐに無気力に戻ってしまいます。

毎日の負担を減らすことが重要なため、下記2つのいずれかがおすすめです。

・毎日定時で帰宅する

・一時的にニートになる

ゆっくりと休んだ後に、自分に合う働き方を見つけましょう。

ということで、以上になります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-WORK

© 2021 shigeblog