WORK

仕事のミスが原因で仕事を辞めるのはありか?【気持ちを整理すべき】

仕事のミスが原因で仕事を辞めるのはありか?【気持ちを整理すべき】

こんにちは、シゲです。

・仕事で大きなミスをしてしまった…ミスをしてしまった自分が嫌になる。
・いっそのこと仕事を辞めた方がいいのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記。

  • 1:仕事のミスが原因で仕事を辞めるのはありか?【結論:状況次第です】
  • 2:反省する前に知っておくべきこと

11年同じ会社に勤めた経験がある私が、「ミスで仕事を辞めるべきか?」「反省する前に知っておくべきこと」などを解説していきます。

1:仕事のミスが原因で仕事を辞めるのはありか?【結論:状況次第です】

仕事のミスが原因で仕事を辞めるのはありか?【結論:状況次第です】

仕事を辞める決断をする前にするべきこと

まずは、仕事を辞める決断をする前に、大切なことをお伝えします。

ここを理解していないと、仕事を辞めて後悔する可能性は高いため、重要なポイントです。

具体的には、下記2つが重要になります。

  • 気持ちを整理する
  • ミスの原因を分析

では、詳しく解説していきます。

気持ちを整理する

まずは、気持ちを整理する必要があります。

「ミスをする自分が嫌だ」と感じたまま次に行動しても、全て上手くいかないからです。

「自分なんて…」「自分はダメな人間だ」と感じたままで、転職活動して上手くいくはずがありません。

たとえば、自分が面接官だとして、やる気や覇気が感じられない人を採用したいとは思いませんよね。

自分の行動全てが上手くいかないなんて、最悪ですよね。

最悪な状況にならないためにも、まずは自分を責めるのは辞めて、「何でミスが起こったのか?」、「今後どう行動すればいいか」を考えることから始めましょう。

自分を責めていても、気持ちが萎えるだけで、何も解決できないです。

また、自分を責めたまま、今後の人生の選択をしても、良い結果は出せませんよ。

まずは、自分を責めるのを辞めることから始めましょう。

退職するかの判断は、その後からでも遅くはないです。

上記理由から、まずは、気持ちの整理から始めましょう。

ミスの原因を分析

気持ちの整理がついたら、ミスの原因を分析しましょう。

実際にミスを犯したのは、自分かもしれません。

しかし、ミスが発生した根本原因は、自分じゃない可能性もあるからです。

また、ミスの原因を分析できれば、自ずと対策方法もわかるため、同じミスを繰り返さずに済みます。

ミスの原因を分析する手順は下記です。

  • 感情での分析は辞める
  • 根本原因は、どこにあるか?

まずは、「感情での分析は辞める」の一例です。

ミス内容「仕事の進め方がわからず、停滞させてしまい、納期を遅延させてしまった」

  • 【OK】誰でもできるマニュアルがなかったから
  • 【NG】上司が指示をくれなかったから

上記のように、初めから感情で原因を分析しても、解決策が生まれないし、自分か他人の責任の押し付け合いになるからです。

まずは、感情抜きでミスの原因を分析しましょう。

次に、「根本原因はどこにあるか?」を考えましょう。

先ほど説明した例を使います。

ミス内容「仕事の進め方がわからず、停滞させてしまい、納期を遅延させてしまった」
分析結果「誰でもできるマニュアルがなかったから」

  • 自分が上司にマニュアルがないか確認しなかった
  • 上司がマニュアルを作っていなかった
  • 上司・自分・同僚がマニュアルがないと仕事が処理できないと知らなかった。
  • 上司が実施した仕事のミスを擦り付けられた など

こんな感じです。

後は、自分ができなかったことだけを反省して次に生かせば、仕事を継続するor辞めるのどちらを選んでも後悔はしないはずです。

上記理由から、気持ちの整理がついたら、ミスの原因を分析しましょう。

仕事のミスが原因で仕事を辞めるのはありか?

では、本題の仕事を辞めるべきかどうかですが、結論は、状況によります。

具体的には、下記になります。

  • 辞めてもいい=職場環境が悪い
  • 辞める必要ない=職場環境が良い

では、詳しく解説していきます。

辞めてもいい=職場環境が悪い

仕事を辞めてもいいのは、職場環境が悪い時です。

下記3点に該当するなら、仕事を辞めてもいいでしょう。

  1. 周囲の人がミスを責めてくる
  2. ミスの原因分析及び解決方法を一緒に考えてくれない
  3. ミスを擦り付けられた

理由は下記です。

  1. 周囲の人がミスを責めてくる
    • 「全責任は、お前にある」と言われているのと同じ
  2. ミスの原因分析及び解決方法を一緒に考えてくれない
    • 上司・同僚が「ミスをしたこと=他人事」と考えている
  3. ミスを擦り付けられた
    • 論外。自分が損をするだけ

つまり、人間性の問題ですね。

本当に、全責任があるなら仕方がないかもですが、大半のことは自分だけの問題じゃないはずです。

ミスは誰でもするし、ミスした内容がたまたま重要性が高かっただけです。

そのため、ミスに対して上記のような言動をする人達と、多くの時間を共有していても、自分に得はないからです。

私も過去に、上司の判断ミスで起きた不具合の責任を取らされました。

当時は、社内出荷直前で、新製品の評価が全く終わっていない状態(たぶん、1割くらい)で、上司の判断で出荷をしました。
※私が、社内出荷で関わったのは、出荷の1週間前です。

案の定、顧客からクレームがあり、私を含めて5名程度で顧客対応に追われました。

結果的に、客先からも「なんで、こんな簡単なことも検証できていないの?」と3時間以上説教されました。

その後、社内で上司に報告しても「担当はお前だろ。自分で何とかしろ。」の一点張りでしたし、担当していた5名以外は、周囲の同僚も知らんぷりでしたね。

結果、その仕事が一段落するまで、精神的にも肉体的にも非常にきつかったです。

また、責任を持つ気がない人達と一緒に居たくないとも感じ、結果退職をしました。

退職した今も後悔はしていません。

上記理由から、職場環境が悪い時は、辞めても良いでしょう。

ただ、すぐに辞めてしまうと、生活費などが不安だと思うので、在籍中に転職活動を初めておきましょう。

転職活動をするなら、転職エージェントが便利です。

転職エージェントとは、個人の転職活動を支援サポートしてくれるサービスです。

転職活動をしてできるだけ早く、悪い職場環境から脱出しましょう。

悪い職場環境に居続けても、自分が損するだけですよ。

無料で利用できるので、登録だけでもしておきましょう。

「でも、ミスをしたばかりで、仕事を辞めるなんて言い出せないよ」という人は、退職代行を使うのもありです。

退職代行とは、自分の代わりに退職を代行してくれるサービスです。

つまり、会社の人と一切顔を合わせなくても退職できちゃうので、上司から怒られたりする心配はありません。

どうしても、上司に言い出しにくいという方は、利用してみるのもありです。

J-NEXT|¥20,000円でサクッと退職代行!退職スターターキット進呈中

辞める必要ない=職場環境が良い

仕事を辞めなくてもいい時は、職場環境が良い時です。

職場環境が良いなら、ミスの原因を一緒に考えて改善したり、他人事に考えないでいてくれるからです。

つまり、自分のために最善を尽くそうとしてくれているということです。

自分のために最善を尽くそうとしてくれている人に対して、やるべきことは反省して仕事で返すことのはずです。

職場環境が良い一例を下記に記載します。

  • 周囲の人がミスを責めてこないで、心配してくれる
  • ミスの原因分析及び解決方法を一緒に考えてくれる
  • 自分のミスだったと謝られる

上記のような態度を取れる人達なら、確実に過ごしやすい環境のため、仕事を辞めない方がいいです。

仕事を辞めるよりも、反省をバネにして仕事で返すと意識し行動した方が、周囲も納得するはずです。

上記理由から、仕事を辞めなくてもいい時は、職場環境が良い時です。

2:反省する前に知っておくべきこと

反省する前に知っておくべきこと

反省する前に知っておくべきこと、下記2つです。

  • 失敗は成長するためのきっかけ
  • 会社=失敗しやすい環境

では、詳しく解説していきます。

失敗は成長するためのきっかけ

失敗は成長するためのきっかけになります。

そのため、大きなミスをしたからといて自分を責める必要はありません。

失敗したということは、「この方法が間違いだった」と気づくことができ、次に生かすことができるからです。

つまり、「失敗(ミス)=終わり」ではなく、「失敗(ミス)=挑戦途中」です。

挑戦し続けたら、成長することができるのでミスを反省し、挑戦し続ければ、大きく成長することができます。

たとえば、発熱電球を開発したトーマス・エジソンも、発熱電球を開発するまで2万回の失敗(挑戦)を繰り返したそうです。

また、ホリエモンも、逮捕されましたし、ロケット打ち上げも3回目で成功させています。

2回は失敗に終わったということですね。

重要なのは、失敗をただの失敗で終わらすのではなく、反省して次に生かすことです。

上記理由から、失敗は成長するためのきっかけになることを覚えておきましょう。

会社=挑戦しやすい環境

もう一つは、会社=挑戦しやすい環境であるということです。

会社員なら、多額の損害を出してしまったとしても、責任を会社が取ってくれるからです。

自分のミスで、多額の損害を出してしまったとしても、クビになったり、給料がなくなることはありません。

これが、フリーランス(個人)だった場合、多額の損害を個人で返していかないといけせんよね。

たぶん、個人だと借金も増え、生活がズタボロのはずです。

つまり、会社員の場合、個人のリスクが少なくいので、どんどん挑戦して自己成長に繋がた方が得をします。

また、フリーランス(個人)ではできなかった失敗を経験できたと考えれば、自分の成長に凄い役にたったはずです。

落ち込んでいても、何もいいことがないですよ。

もちろん、確信犯で失敗するのはNGなので辞めましょう。

上記理由から、会社=挑戦しやすい環境ということを覚えておきましょう。

3:まとめ

本記事で解説してきたことをまとめます。

  1. 気持ちを整理すること
    • 自分を責めたままで、行動しても良い結果にならない
  2. ミスの原因を分析
    • 下記順番で、ミスの原因を分析をすること
    • ① 感情での分析は辞める
    • ② 根本原因は、どこにあるか?
  3. 仕事のミスが原因で、仕事を辞めた方がいいかは、人間性で判断するべき
  4. 「失敗(ミス)=終わり」ではなく、「失敗(ミス)=挑戦途中」
  5. 会社=挑戦しやすい環境のため、どんどん挑戦して失敗しよう

最後に、ミスは誰でもするし、ミスで落ち込んでいても、自分の人生が良くなりません。

人生を良いものにするには、ミスを反省し次に生かすことです。

大丈夫です。

どんなすごい人でも、ミスをして失敗していますし、そこから這い上がってきています。

あなたも、気持ちを切り替えて挑戦し続ければ、ミスが知識になり自己成長できます。

もし、職場環境が悪かったら、あなたのためにならないため、転職をしましょう。

念押しになって申し訳ないですが、転職エージェントと退職代行を貼っておきます。

【転職活動

【退職代行
J-NEXT|¥20,000円でサクッと退職代行!退職スターターキット進呈中

あなたの人生が良いものになることを願っています。

ということで、以上になります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-WORK