WORK

仕事を辞める理由は、本音と嘘どっちがいいの?【どっちでもOK】

仕事を辞める理由は、本音と嘘どっちがいいの?【どっちでもOK】

11年勤めた会社を退職した経験があるシゲです。

仕事を辞めたい。でも、退職理由を本音・嘘どちらで伝えるべきか迷う…スムーズに退職するために上手い退職理由を知りたいな。

という、お悩みにお答えしていきます。

本記事を読むと、「仕事を辞める理由は、本音と嘘どっちがいいのか」「仕事を辞める理由を伝える時の重要なポイント」などがわかります。

目次

  1. 仕事を辞める理由は、本音と嘘どっちがいいの?【大切なのは、自分の不満を解決できるかだけ】
  2. 伝え方を考えても、自分のためにならない話
  3. 「本当」・「嘘」どちらでも、引き留められる話
  4. 法的には、どんな理由でも退職可能
  5. 仕事を辞めると伝える前にすべきこと
  6. 伝える時の重要なポイント
  7. どうしても伝えられない時の対処方法
  8. まとめ

1:仕事を辞める理由は、本音と嘘どっちがいいの?【大切なのは、自分の不満を解決できるかだけ】

仕事を辞める理由は、本音と嘘どっちがいいの?【大切なのは、自分の不満を解決できるかだけ】

退職理由は、「本音」と「嘘」どっちでもいいです。

大切なのは、自分の不満を解決できるかのみです。

「仕事を辞めたい」と思っているのは、現職場に不満があるからですよね?

現職場で不満を解消できないとわかれば、“仕事を辞める”必要があるのは確定です。

仕事を辞めた方がいいと分かっていれば、仕事を辞める理由は、何でもよく、辞められればOKのはずだからです。

たとえば、下記のようなブラック企業に勤めているとします。

残業=毎日5時間、残業代なし

休日出勤=土曜は強制、日曜も2週に1回

給料=毎月14万

スキル=同じ作業で量が多いだけ

このようなブラックな会社だったら、仕事を辞める理由は「本音」・「嘘」どっちでもよく、早めに仕事を辞めたいはずです。

つまり、重要なのは、「仕事を辞める理由」を考えるのではなく、「現職場で、自分の不満が解決できるか」を考えるべきです。

これを読んでいる人は、「仕事を辞める理由」を探している人ですよね。

しかし、仕事を辞める理由を探しても、根本の「自分の不満」は解決できるかわかりません。

まず、やるべきは、現環境で「自分の不満を解決できるか」です。

上記理由から、退職理由は、本音と嘘どっちでもよく、大切なのは、自分の不満を解決できるかのみになります。

2:伝え方を考えても、自分のためにならない話

伝え方を考えても、自分のためにならない話

伝え方を考えても、自分のためにはなりません。

具体的な理由は、下記2つで解説します。

・伝え方を考えているのは、他人のためだから

・円満退社も必要ない

では、解説していきます。

伝え方を考えているのは、他人のためだから

仕事を辞める伝え方を考えているのは、他人のための行為です。

仕事を辞める伝え方をどうしようと考えているのは、“他人の言動”を気にしているだけで、自分に得がないからです。

自分のために、仕事を辞めるのですから、他人の言動を気にする必要なんて全くありません。

また、上司や同僚が、退職を“止める権利”もありません。

※詳しくは、後ほど解説します。

自分のために退職をするのに、周囲を気にする必要はないし、気にしただけ損をしています。

たとえば、下記みたいな感じです。

自分:「どう伝えれば、上司が納得して退職できるかな?」

上司が納得するために、「伝え方」を考えていますよね。

本来、仕事を辞めて納得したいのは、上司ではなく、「自分自身」のはずです。

上司が納得するかは問題ではなく、自分が納得できなくれば、仕事を辞めて後悔するのは自分です。

むしろ、「上司が納得する伝え方」を考えるだけでも、時間がとられるため、損していますよ。

上記理由から、仕事を辞める伝え方を考えているのは、他人のための行為です。

自分に得はないので辞めましょう。

円満退社も必要ない

円満退社も必要なしです。

仕事を辞めたら会わなくなる人達と、納得し合う必要はないからです。

私も11年勤めた会社を退職してからは、3~4人くらいしか会ってないです。

また、会っていると言っても、年に3回あればいいくらいです。

ちなみに、当時担当していた上司とは、退職後1度も会っていないし、連絡も取りあっていません。

少し寂しいかもしれませんが、所詮そんなもんですよ。

また、今後、会わなくなる人達に祝福されながら、退職しても嬉しくありませんよね。

退職するのは、あくまでも自分のためです。周囲は無関係なのです。

上記理由から、円満退社も必要なしです。

3:「本当」・「嘘」どちらでも、引き留められる話

「本当」・「嘘」どちらでも、引き留められる話

仕事を辞める理由が、「本当」・「嘘」どちらでも、引き留められます。

引き留めることが、上司の仕事だからです。

上司は管理者として、「部下が辞める原因は、上司にあるのでは?」と上層部や周囲の人に疑われないために、引き留めたという実績が欲しいだけです。

または、あなたの代わりに新人を入るとなると、教育から指導まで全てやり直しになるため、引き留めた方が、上司自身が楽をできるからです。

引き留めるのは、“あなたのため”ではなく、“上司自身のため”です。

私も11年勤めた会社を退職する際、5回ほど面接(引き留め交渉)をされました。

上司も3名ほど変わりましたが、聞く内容すべて一緒で、「なんで辞めるの?」「給料上げる予定だからさ」「引継ぎはきちんとしてね」などが主な内容でしたね。

結局は、私の意思が固いと悟り、仕事を辞めることを認めてくれました。

退職後は、連絡があるわけでもなく、一気に関わることがなくなりましたね。

つまり、引き留めていたのは、“私のため”ではなく、“上司自身のため”だったからですね。

上記理由から、仕事を辞める理由が、「本当」・「嘘」どちらでも、引き留められます。

4:法的には、どんな理由でも退職可能

法的には、どんな理由でも退職可能

法的には、どんな理由でも退職可能です。

法的には、どんな理由でも退職可能なため、上司に拒まれても関係ないです。

また、損害賠償などの脅しも法律違反に該当するので、実際に損害賠償をされる心配はないです。

引用元:労働基準法第5条
(強制労働の禁止)
第五条 使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によつて、労働者の意思に反して労働を強制してはならない。

引用元:民法627条第1項
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

上記理由から、法的には、どんな理由でも退職可能です。

5:仕事を辞めると伝える前にすべきこと

仕事を辞めると伝える前にすべきこと

仕事を辞めると伝える前にすべきことは、下記2つです。

・本当の不満を理解すること

・転職活動

では、詳しく解説していきます。

本当の不満を理解すること

まずは、自分の本当の不満を理解することから始めましょう。

自分の不満をきちんと理解できていれば、仕事を辞める理由など気にならなくなるからです。

また、自分の不満をきちんと理解できていれば、転職する際にも不満を解決できる条件がわかるため、転職に失敗しにくくなります。

具体的な方法は、下記です。

① 不満をできる限り箇条書きで書き出す

② 「人間関係」「お金」「キャリア」「健康」の4つに分けて不満を分析する

③ 不満を現職場で解決できるか検討し実施する

上記の工程で、不満を分析すれば、仕事を辞めてもいいか明確にすることができます。

具体的に知りたい方は、下記記事をどうぞ。

仕事を辞める基準は「自分の利益になるか?」だけです

WORK

仕事を辞める基準は「自分の利益になるか?」だけです

2019/10/21  

11年勤めた会社を退職した経験があるシゲです。 仕事辞めたい。でも、辞めた時の不安もあるし、簡単に決断できない。仕事を辞める判断基準を知りたいなぁ~ というお悩みにお答えしていきます。 本記事では「仕 ...

上記理由から、仕事を辞めると伝える前にすべきことは、まず自分の本当の不満を理解することから始めることです。

転職活動

仕事を辞める前に、転職活動をしましょう。

仕事を辞める前に、転職活動をすることで、将来の不安を無くすことができるからです。

また、内定をもらうことができれば、仕事を辞める理由にもなるため、上司に伝えやすく、拒まれることもなくなります。

転職活動をするなら、転職エージェントを利用すると便利です。

転職エージェントとは、転職のサポート・支援してくれるサービスです。

たとえば、企業と直接調整しづらい給料面も、個人の代わりに企業と調整してくれたりします。

また、自分に合った求人などを紹介してくれたりもしますね。

退職についても、親身に考えてくれてアドバイスをくれるので、利用する価値ありですよ。

代表的な転職エージェントを貼っておきます。

無料で利用できるので、登録だけでもしちゃいましょう。

上記理由から、仕事を辞めると伝える前にすべきことは、転職活動です。

6:伝える時の重要なポイント

伝える時の重要なポイント

仕事を辞めることを上司に伝える時の重要なことは、決意を固めることだけです。

仕事を辞める決意が決まっていないまま、仕事を辞めることを上司に伝えても、曖昧な言動になってしまうからです。

そのため、引き留めの時に上司に流され、退職できなくなる原因になります。

決意が固ければ、熱意も伝わり上司も納得しやすく、スムーズに仕事を辞めることができます。

私自身も決意を固くして、上司に仕事を辞めることを伝えたので、問題なくスムーズに仕事を辞めることができました。

上記理由から、仕事を辞めることを上司に伝える時の重要なことは、決意を固めることです。

7:どうしても伝えられない時の対処方法

どうしても伝えられない時の対処方法

どうしても上司に仕事を辞めることを、伝えられない時は、退職代行を使うのもありです。

退職代行とは、自分の代わりに、退職手続きなどをしてくれるサービスです。

もちろん、上司や同僚と顔を合わせる必要はないため、気を遣う必要はなく安心して退職することができます。

代表的な退職代行を貼っておきますね。

どうしても上司に仕事を辞めることを、伝えられない時は利用してみて下さい。

J-NEXT|¥20,000円でサクッと退職代行!退職スターターキット進呈中

上記理由から、どうしても上司に仕事を辞めることを、伝えられない時は、退職代行を使うのもありです。

8:まとめ

最後に、本記事内容をまとめます。

① 退職理由は、本音と嘘どっちでもよく、大切なのは、自分の不満を解決できるかのみ

② 退職理由の伝え方を考えてるのは、 “自分のため”にならないため辞めるべき

③ 円満退社は、仕事を辞めたら会わなくなる人達と納得し合う必要はないため、必要なし

④ どんな退職理由でも、上司自身のため必ず引き留められる

⑤ 法的には、どんな理由でも退職可能なため、上司や周囲を気にする必要なし

⑥ 仕事を辞めると伝える前に下記は絶対にしておきましょう
・自分の本当の不満を理解すること
・転職活動

⑦ 退職を上司に伝える時の重要なポイントは「決意を固める」ことだけです

⑧ どうしても退職を上司に伝えられない時は、退職代行を使うのもありです

ということで、今回はこの辺にしておきます。

仕事を辞める時に重要なのは、自分の不満をきちんと理解し、現環境で不満を解消できないか判断することです。

現環境で不満が解消できないと分かれば、仕事を辞める理由を伝える方法なんて関係なく、仕事を辞めるべきです。

まずは、行動しないことには、何も変えられません。

自分の人生を豊かにするためにも、すぐに行動を始めましょう。

念押しになってしまいますが、貼っておきます。

あなたが、納得できる人生をおくれることを願っています。

ということで、以上になります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-WORK

© 2021 shigeblog