WORK

緊急の仕事は対応しない方が良い理由【断り方も紹介】

緊急の仕事は対応しない方が良い理由【断り方も紹介】

こんにちは、シゲです。

・緊急の仕事を対応すると辛い…
・でも、緊急性の高い仕事を処理しないと昇給できないし、どうすればいいの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:緊急の仕事は対応しない方が良い理由
2:緊急の仕事を断る方法

本記事を読み実施すれば、緊急の仕事を対応しなくなります。

11年間勤めた会社で、緊急の仕事を優先しすぎて損をした私がノウハウを共有しますね。

1:緊急の仕事は対応しない方が良い理由

1:緊急の仕事は対応しない方が良い理由

まず、緊急の仕事は対応しない方が良い理由について解説していきます。

まぁ、一言で言うと、自分が損をするからです。

大まかな理由は、下記3つ。

・予定していた仕事が遅延する

・長期間関わらないといけなくなる

・多くの労力が消費される

予定していた仕事が遅延する

緊急の仕事に注力してしまい、元々予定していた別の仕事が実施できなくなるからです。

例えば、上司から緊急の仕事Bの依頼があり対応したら、今日実施予定だった仕事Aの作業ができず、予定が遅れてしまいます。

しかし、仕事Aの納期も待ってくれませんよね。

このように、緊急の仕事を対応すると、予定していた仕事が遅延して、スケジュールの再調整など余計な仕事が増えます。

自分が苦労するだけなので、緊急の仕事は対応しない方が良いです。

長期間関わらないといけなくなる

緊急の仕事は、質が悪いまま納品することが大半だからです。

私は、過去11年勤めた会社で、何度も緊急の仕事をしていました。

当時の会社は製造業で、緊急の時は、質よりも納期を最優先にしていましたね。

正直、全体の2割以下の質でも納品するくらいブラックな会社でした。

納品はできたものの当然不具合ラッシュです。

私は、現地に行き、顧客に怒られながら、不具合対応をしました。

結局、半年以上も対応するハメになりましたね。

また、緊急の仕事を依頼した上司は、「俺は関係ない」といった態度で、現地には1度も行かなかったです。

緊急の仕事ほど、長期間関わらないといけなくなるため、損をしますよ。

私のように苦痛に感じる時間を増やさないためにも、緊急の仕事は対応しない方が良いです。

多くの労力が消費される

緊急の仕事は、短時間である程度の成果を出さないといけないからです。

私の経験の中で今まで酷かったのは、1週間で徹夜3回ですね。

徹夜→休み→徹夜を繰り返しているため、全く生活リズムが合わず辛かったです。

また、3回目の徹夜の後は、そのまま顧客対応されられ、33時間ほど労働されられましたね。

本当に疲れました。

このように、緊急の仕事は多くの労力を消費するため、自分が損をします。

多くの労力を消費しないためにも、緊急の仕事は対応しない方が良いです。

緊急になった原因は、自分以外のことが大半

緊急になる原因の大半は、上司のマネジメント不足が原因だからです。

仮に、同僚の仕事が遅れて、3名以上で徹夜しないと納期に間に合わないとしたら、下記のようなマネジメントができていないことになります。

・同僚の進捗確認

・具体的な策の提案

・予備日不足

全て、マネジメントする側の問題ですよね。

仮に、問題が発生しても、早期に対応すれば、徹夜になることはなかったはず。

緊急になった原因は、自分以外のことが大半のため、わざわざ対応しなくてOKです。

他人の緊急は、本当の緊急ではないことが多い

他人が言う緊急とは、自身の利益のために言っていることが大半だからです。

例えば、他社に仕事を依頼する時は、社内の納期を長く確保するため、実際に必要な日にちよりも、前倒しで依頼しますよね。

また、メールで緊急の依頼をする人も多いですが、本当に緊急ならメールではなく口頭で要件を伝えるはず。

他人の言う緊急は、私利私欲が優先されているため、本気にしなくて大丈夫です。

緊急の仕事を対応するのは辞めよう!!

ここまで解説してきた通り、下記理由から緊急の仕事を対応しても、自分が損をするだけです。

・予定していた仕事が遅延する

・長期間関わらないといけなくなる

・多くの労力が消費される

会社や上司は味方ではなく、自身の利益のために依頼しているので、従う必要はありません。

むしろ、しっかりと断れる方が自己マネジメントができているため、評価されますよ。

緊急の仕事を対応するのは辞めましょう。

とはいえ、「具体的にどう断ればいいかわかない…」と疑問に感じている方もいるはず。

そこで、次の章から緊急の仕事を断る方法を紹介します。

2:緊急の仕事を断る方法

2:緊急の仕事を断る方法

緊急の仕事を断る方法は、下記3つです。

・人間関係を考慮しない

・自分の采配で仕事量を決める

・自分が得することを提案する

では、詳しく解説していきます。

人間関係を考慮しない

人間関係を考慮してしまうと、断りにくくなるからです。

イメージは、下記のような感じですね。

上司「○○(同僚)の仕事が納期に間に合わなさそうだから、手伝ってくれ」

自分(内心)「自分が損するだけだし嫌だ」

自分(内心)「でも、○○や上司に嫌われたくないしな~」

自分「…わかりました」

しかし、実際に手伝って損をしているのは、自分だけですよね。

それに、担当してる同僚が対応するのは責任があるため当然です。

また、上司は同僚のマネジメントをする側だし、それだけ給料も貰っているので、対応する義務があります。

緊急の仕事にした同僚と上司の責任です。

人間関係は考慮せず依頼を断りましょう。

自分の采配で仕事量を決める

自分の采配で仕事量を決めることを最優先にすれば、余計な仕事を断ることができるようになるからです。

【例】
上司「○○の件で納期が危うい。手伝ってくれないか?」

自分「担当している仕事を処理するので、ギリギリです。すみません」

上司「明日以降でもいいんだが」

自分「明日は、✕✕の作業、明後日は△△の打ち合わせがあるので無理です」

上司「わかった。他の人に依頼するよ」

こんな感じです。

簡単に言うと、自分が担当している仕事を最優先にするこれだけですね。

緊急の仕事を断るために、自分の采配で仕事量を決めましょう。

自分が得することを提案する

自分が得することなら、対応しても損をしなくなるからです。

典型的な方法だと、昇給を要求するとかですね。

緊急な仕事を対応して、昇給できれば自分も得できますよね。

それに、昇給を交渉に使えば、大半の上司は別の誰かを探すはず。

緊急の仕事を断るために、自分が得することを提案してみて下さい。

【注意】自分の責任なら、対応すべき

ここまで緊急の仕事を断る方法を紹介してきましたが、1点だけ注意点があります。

それは、自分が担当している仕事で緊急な事が起こったら、責任を持って対応するということです。

当たり前かもですが、意外とできていない人が多いですよ。

私が以前働いていた会社でも、ダラダラ働いて最終的に誰かに手伝って貰う人も一定数いました。

自分が担当している仕事で緊急な事が起こったら、責任を持って対応するこれだけは覚えておいて下さい。

緊急の仕事を断り、過ごしやすい働き方をしよう

ここまで解説してきた通り、下記3つが緊急の仕事を断る方法になります。

・人間関係を考慮しない

・自分の采配で仕事量を決める

・自分が得することを提案する

上記を使って、緊急の仕事を断ってみて下さい。

ただし、自分が担当している仕事で緊急性が必要になった時は、自分で責任を持って処理しましょう。

なお、「どうしても、断れるか心配…」という方は、下記記事で仕事を断るコツを紹介しているので、参考にしてみて下さい。

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

WORK

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

2020/1/30  

11年勤めた会社で、仕事が断れなくて損していた経験があるシゲです。 仕事を断りたいけど、断る勇気が出ない。 上手い断り方があれば教えて欲しいな~。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は下 ...

3:緊急の仕事は断ろう!!

本記事の内容をまとめます。

緊急の仕事は対応しない方が良い理由は下記。

・予定していた仕事が遅延する

・長期間関わらないといけなくなる

・多くの労力が消費される

自分が損をするだけなので、緊急の仕事は断りましょう。

なお、緊急の仕事は断り方は下記3つです。

・人間関係を考慮しない

・自分の采配で仕事量を決める

・自分が得することを提案する

過ごしやすい働き方をするためにも、上記を試して緊急の仕事を断ってみて下さい。

仕事の断り方のコツを知りたい方は、下記記事をどうぞ。

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

WORK

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

2020/1/30  

11年勤めた会社で、仕事が断れなくて損していた経験があるシゲです。 仕事を断りたいけど、断る勇気が出ない。 上手い断り方があれば教えて欲しいな~。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は下 ...

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-WORK

© 2021 shigeblog