WORK

仕事が辛いのは当然。自分を責める必要なし【対処方法も紹介】

仕事が辛いのは当然。自分を責める必要なし【対処方法も紹介】

こんにちは、シゲです。

・毎日、仕事が辛く「休みたい」「辞めたい」という気持ちになってしまう…
・どうにか辛いのを解消したい。
・対処方法があれば教えて欲しい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記になります。

  • 1:仕事が辛いのは当然。自分を責める必要なし【理由を解説】
  • 2:仕事が辛い時の対処方法【方法は2つだけ】
  • 3:環境を変える方法
  • 4:現状を改善する方法

私は、11年勤めた会社で、仕事が辛くなり退職をしました。

退職後は、一時期ニートになったことで、ストレスを減らすことができ、現在ストレスフリーな生活ができています。

上記背景から、ノウハウを共有しますね。

1:仕事が辛いのは当然。自分を責める必要なし【理由を解説】

仕事が辛いのは当然。自分を責める必要なし【理由を解説】

会社員だと、“人間関係”・“労働時間”・“収入”・“やる事”全てが自分で決められないからです。

  • 自分に合う人だけと仕事ができない
  • 週に8時間×5日分の時間は、確実に仕事しないといけない
  • 200万円の売り上げを作っても、給料は30万円程度
  • 上司からの指示で仕事内容の9割が決まる など

上記のような内容の仕事を続けることが、辛くないはずがありません。

日本の会社員で働くことは、辛い=当然なことです。

「仕事が辛くなっているのは、自分がダメだからだ」などと自分を責める必要はありませんよ。

とはいえ「どうすれば、仕事の辛さから解消できるんだろう?」と疑問は残りますよね。

そこで、仕事が辛い時の対処方法を解説していきます。

2:仕事が辛い時の対処方法【方法は2つだけ】

仕事が辛い時の対処方法【方法は2つだけ】

対処方法は、下記2つのどちらかだけです。

  • 環境を変える
  • 現状を改善する

当然かもですが、環境を変えれば、現在の仕事をやらなくて済むため、辛さが解消されます。

また、現状で辛いと思っていることを改善できれば、辛さが解消できるからです。

  • 環境を変える場合  =転職して、今の仕事を辞める
  • 現状を改善する場合 =給料が低いため、上司と交渉したところ昇給

上記のように、仕事が辛い時の対処方法は、“環境を変える”か“現状を改善する”の2つしかありません。

私の個人的な意見としては、“環境を変える”ことをおすすめします。

具体的な理由を解説していきますね。

「そんなことより、具体的な方法を知りたい」と感じているかもですが、重要な部分のため、もう少しだけお付き合い下さい。

※記事後半で具体的な方法を解説しています。

【補足】環境を変えることを優先したほうがいい

私が、現状を改善するより、環境を変えた方がいいと感じる理由は、下記3つになります。

  • 現状を改善するのは、難しい
  • 辛いのを我慢しても、自分が損するだけ
  • ニートになっても人生は終わりじゃない

現状を改善するのは、難しい

社長にならない限り、上司は必ず居て自分のやりたいことができないからです。

また、他人を変えようとしても、他人自身が変わる気がないなら、いつまでも変わらないため、ほぼ無駄な努力に終わります。

私が11年勤めた会社で、下記内容を改善しようとしましたが、全て失敗しました。

  • 無駄な会議を減らす
    • 会議を増やす上司がいて、一向に減らない
  • 仕事の効率化を図る
    • マニュアルを作り、外注化を上司に推薦したが却下
  • 同僚にやる気を出して欲しいと伝える
    • 同僚はまったくやる気にならない

上記のように、現状を改善しようとしても、ほぼ変えることはできません。

変えることができないことに、労力を使っても、現状よりもっと辛くなるだけです。

それなら、環境を変えた方が明らかに楽だし、無駄がはぶけます。

辛いのを我慢しても、自分が損するだけ

現状を改善しようと行動しても、すぐに改善できないし、その間は辛くて自分が損し続けているからです。

例えば、残業を減らそうと、業務改善に取り組むとしても、下記ような状況になります。

  1. 今まで通りの仕事+業務改善を実施しなくればならない
  2. さらに残業が増え、辛さが増す
  3. 業務改善がなかなか進まなく、長期化する
  4. ようやく業務改善できても、上司からノルマを上げられ仕事量が増える
  5. 残業減らない

上記のように、現状を改善しようとしても、辛さが増すだけだし、改善できるかもわからないため、自分が損し続けることになります。

また、辛いことを我慢し続けると、うつ病などの病気になる可能性もあり危険です。

病気になっても、会社や上司は助けてくれません。

上記理由から、現状を改善するのは難しいため、環境を変える方がいいと判断します。

ニートになっても人生は終わりじゃない

実際に私がニート経験者で、人生が終わっていないからです。

むしろ、ニートになってみて、新しい気づきがあり、個人的には「ニートになってよかったな」と感じています。

上記内容を詳しく知りたい方は、下記記事を合わせて読んでみて下さい。

「ニートになりたい」と思うのはいけないこと?【体験談あり】

WORK

「ニートになりたい」と思うのはいけないこと?【体験談あり】

2020/1/28  

こんにちは、シゲです。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は、下記になります。 1:「ニートになりたい」と思うのはいけないこと?2:ニートになるべきかの判断基準3:ニートになるために必要 ...

仕事したくない人が、ニートになるのはありか?【結論:ありです】

WORK

仕事したくない人が、ニートになるのはありか?【結論:ありです】

2019/11/12  

こんにちは、シゲです。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は下記になります。 1:仕事したくない人が、ニートになるのはありか?【ニートになってもいい理由】 2:ニートになったら、すべきこ ...

上記理由から、環境を変えるのは怖いかもですが、人生が終わることはないため、問題ありません。

ここまでが、私が現状を改善するより、環境を変えた方がいいと感じている理由になります。

現状を改善するのは難しいし、辛いのを我慢していても健康が悪くなり、最悪病気になる可能性もあります。

私も経験済みですが、ニートになっても人生が終わることはないため、安心して下さい。

始めは勇気がいるかもですが、思い切って環境を変えてみましょう。

とはいえ、どう環境を変えていいか分からないですよね。

そこで、具体的な環境を変える方法を紹介していきます。

※どうしても、現状を改善して辛さを無くしたいという方は、4章(現状を改善する方法)に対策方法を紹介しています。

3:環境を変える方法

環境を変える方法

環境を変える具体的な方法は、下記3つになります。

  • ニート
  • 転職
  • フリーランス

ニート

ニートになれば、現状の辛い仕事をやらなくて済むからです。

私はニートになり、1ヵ月ほど休養を取りましたが、ストレスが激減しました。

また、自分の人生を真剣に見つめ直すきっかけになり、働き方の方向性を変えることができ、現在はフリーランスとして、ストレスフリーで暮らせています。

どうしても、現状の仕事で辛さやストレスが酷いなら、一度ニートになる選択肢もありです。

退職に必要な手続きを知りたい方は、下記記事を合わせてご確認下さい。

仕事を辞める時に必要な手続き【退職前後で解説します】

WORK

仕事を辞める時に必要な手続き【退職前後で解説します】

2019/10/23  

こんにちは、シゲです。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は下記。 1:仕事を辞める時に必要な手続き【全体像】 2:仕事を辞める前に必要な手続き 3:仕事を辞めた後に必要な手続き【2つの ...

また、「上司にどうしても退職を言い出せない」と悩んでいるなら、退職代行を利用するのもありです。

退職代行とは、自分の代わりに退職手続きを実施してくれるサービスです。

上司を含む会社の人と一切会わなくて退職できるため、会社の人に気を使う必要がなくなります。

また、退職後に会わなくなる人達と、仲良くする必要はないため、円満退社は必要ありませんよ。

自分で退職を言い出せないなら、利用してみる選択もありです。

退職代行J-NEXT

転職

転職をすれば、現状の辛い仕事をやらなくて済むからです。

とはいえ、いきなり退職するのはリスクが高すぎるため、在籍中に転職準備を進めましょう。

在籍中に内定をもらえれば、退職後すぐに転職することができます。

仮に、内定をなかなかもらえないとしても、給料は入ってくるため、安心して生活することは可能です。

リスクを最小限にするためにも、在籍中に転職活動を始めましょう。

フリーランス

フリーランスになれば、全て自分で決め働くことができるからです。

  • 一人で仕事をしてもOK
  • フリーランス仲間と一緒に仕事してもOK
  • 労働時間は自由
  • 自分が出した成果分の利益が貰える
  • どんな仕事をするかも自分で選べる など

上記のように、フリーランスになれば、全て自分で決めることができ、辛さを感じづらい環境を作ることができます。

ただし、成果を出せなくれば、収入がなくなるリスクもあるため、注意が必要です。

とはいえ、個人で稼げるようになれば、現状の不安はほぼ解決できるため、メリットの方が多いはずです。

どうしても、すぐにフリーランスになるのが怖いという方は、副業を始めて個人で稼ぐ感覚を掴んでみましょう。

個人で月10万円稼ぐことができれば、フリーランスになる勇気も湧いてくるはずです。

クラウドソーシングを利用すれば、PCやスマホで稼ぐことができるため、場所や時間に縛られず済みます。

自宅や会社の昼休みなどでも、稼ぐことができますよ。

何事にも経験なので、始めちゃいましょう。

個人で稼ぐ感覚を掴んだら、フリーランスになるか検討してみて下さい。

4:現状を改善する方法

現状を改善する方法

ここからは、どうしても現状を改善して仕事の辛さから解放したいという方向けになります。

本記事で全て記載すると、長文で読みにくくなってしまうので、下記項目ごとに、詳細がわかる記事のリンクを貼っておきました。

あなたの状況に合わせて、記事を選んでみて下さい。

  • 人間関係
  • 労働時間
  • 恩恵が少ない
  • 仕事内容
  • ストレス

人間関係

大前提として、他人は簡単に変えられないことを覚えておいて下さい。

① 上司に対しての対処方法になります。

上司に悩まされている方は、下記一覧から、あなたの状況にあった記事を選んでみて下さい。

上司の説教が長い原因・対処方法

上司がえこひいきする時の対処方法【6個紹介】

上司が無能な理由【対策方法も紹介】

上司が冷たい態度をとる理由【対処方法も紹介】

上司が忘れっぽい原因とは?【対処方法も紹介】

厳しい上司への対応方法【自分のためになるかが重要】

上司を尊敬できない時の対処方法【上司=尊敬は間違い】

② その他

年上の部下に接しづらい理由【対処方法も紹介】

「仕事が貰えない…」上司から放置される理由と対処方法

仕事の愚痴は無駄です【結論:愚痴を言っても悩みは解決できません】

職場のおしゃべりが多い時の対処方法【結論:他人は変えられない】

仕事が遅い人が残業している時の対処方法【期待を辞めるべき】

仕事で嫉妬される・嫉妬する時の対処方法【各々の視点で解説】

仕事に精神論は必要あるか?【結論:必要なしです】

「大人の対応をしろ」は間違っている理由【対処方法も紹介】

「残業する人=偉い」は間違っている理由【対処方法も紹介】

仕事に真面目な人が損をする理由【損しない方法も紹介】

社員を使い捨てにする会社の特徴【結論:環境を変える必要あり】

【真面目な方向け】仕事ができない人は辞めるべきか?

仕事量が不公平と感じた時の対処方法【我慢は辞めるべき】

労働時間

① 労働時間に対しての対処方法になります。

労働時間に悩まされている方は、下記一覧から、あなたの状況にあった記事を選んでみて下さい。

仕事の拘束時間とは?【拘束時間が長いと損をします】

仕事が終わらないで残業をする原因【対処方法も紹介】

仕事で残業は当たり前は間違っている理由

仕事で徹夜をする必要があるか?

恩恵が少ない

すみません。恩恵が少ないに関しては、現状の改善方法はありません。

個人で稼ぐしか方法はないため、まずは副業を始めてみて下さい。

仕事内容

① 仕事内容に対しての対処方法になります。

仕事内容に悩まされている方は、下記一覧から、あなたの状況にあった記事を選んでみて下さい。

仕事が遅い理由とは?【対処方法も紹介】

仕事で緊張する原因とは?【対処方法も紹介】

仕事でミスをした時、残業をするべきか?【対処方法も紹介】

仕事が出来ないでストレスを感じる原因とは?【対処方法も紹介】

仕事で部下への指示が下手な原因【指示で部下の成長が決まる】

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

仕事でメモは取るべきか?【メモを取って行動しよう】

仕事のスケジュール管理できない原因【管理方法のコツも紹介】

仕事の段取りって必要?【必要あり ~作り方も紹介~】

仕事の効率を上げる方法【効率アップだけでは楽にならない】

アイディアの出し方【アイディアを上手く活かす方法も紹介】

仕事が早い人になる方法【思考・実践別に解説】

ストレス

① ストレスに対しての対処方法になります。

ストレスに悩まされている方は、下記一覧から、あなたの状況にあった記事を選んでみて下さい。

仕事のストレスが限界にきている方へ【結論:環境を変えることです】

ということで、以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-WORK